• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
チーズと絶景を堪能する!アルプスの麓の村・グリュイエールの観光地7選

グリュイエールはスイス西部のフリーブール州にある小さな村です。ここは、チーズフォンデュやラクレットによく使われるグリュイエールチーズや美しい町並みで有名な村で、世界中から観光客が集まる場所なんです。さて、今回はそんなグリュイエール観光の際に欠かせないスポットを定番からちょっと穴場なところまで7つご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

1. グリュイエール城

グリュイエール観光といえば、まず「グリュイエール城」は外せません。このお城は、11〜16世紀の間にグリュイエール伯爵家が代々所有していた由緒あるお城です。その繁栄をうかがうことができるような美しい建物や城内の装飾、繊細な家具や絵画などが今も展示されています。
温かい季節は、緑色の木々やカラフルな花と青空とのコントラストの中で、お城がとてもきれいに見えます。また寒い時期に訪れても、白い雪を一面にかぶったお城とその奥に広がる真っ白なアルプス山脈は、とても幻想的な美しさなんですよ。

詳細情報

  • Rue du Château 8, 1663 Gruyères, Switzerland

2. ブール通り

ここ「ブール通り」は、グリュイエール村の旧市街のメインストリートのことです。石畳を敷き詰めた道沿いに立ち並ぶカラフルでこぢんまりとした建物群は、おとぎ話の中に迷い込んだかのような雰囲気ですよ。道沿いにはレストランやカフェ、お土産ショップ、チーズショップなどが軒を連ねています。
グリュイエール村自体がとても小さな村であるのにも関わらず、昼間のブール通りは村の美しさを一目見ようとする観光客であふれています。しかし、お昼どきを過ぎると少しずつ観光客は減り比較的静かなブール通りに戻ります。夕方ごろのブール通りでは昼間とはまた少し違った雰囲気を楽しむことができますよ。

詳細情報

  • Rue du Bourg, 1663 Gruyères, スイス

3. サン・テオデュール教会

「サン・テオデュール教会」は、ブール通りの枝道・エグリーズ通りの先に位置する教会です。街の中心部から少し外れた場所にある教会で観光ガイドにもあまり載らないスポットですが、この教会の背景にはアルプス山脈が広がっており、教会と山という絵にかいたような景色を楽しむことができるんです。
教会自体はかなり小規模ですが、その小ささだからこその素朴さや温かさを感じることができますよ。教会マニアの方はもちろん、グリュイエール村へ観光に行った際に時間があるときにはぜひ訪れてみてくださいね!

詳細情報

  • Rue de l'Eglise, 1663 Gruyères, スイス

4. チベット・ミュージアム

この「チベット博物館」は、ブール通りからグリュイエール城に向かう途中にある博物館です。一見スイスとチベットの2つの地域のつながりがないように思える方もいるかもしれませんが、実はどちらも山岳地帯に位置する地域として近年友好的な交流がなされているそうなんです。
この博物館は古い中世の教会を使用しており、建物の内装としてステンドグラスを見ることができる一方、その内部に展示されているものはチベット周辺の地域から集められた仏像が数多く並んでいます。宗教を超えた人々の交流を肌で感じることができるスポットですよ。

詳細情報

  • Rue du Château 4, 1663 Gruyères, Switzerland

5. ギーガー・ミュージアム

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する