• はてぶ
  • あとで
地元で愛される人気水族園!神戸市立須磨海浜水族園でしたい5つのこと

JR三ノ宮駅から電車で約15分。神戸市須磨区、潮風を感じる須磨海岸からも程近い場所にある“須磨水族園”こと「神戸市立須磨海浜水族園」は、さまざまな海の生き物の姿を間近に観察することの出来る展示や、魅力的なアトラクションが豊富な人気の施設です。今回はその須磨海浜水族園で一日を過ごす際にぜひ体験しておきたい5つをご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

神戸市立須磨海浜水族園とは

神戸市須磨区にある「神戸市立須磨海浜水族園」は、最寄りのJR須磨海浜公園駅からも徒歩5分ほどとアクセス至便な場所にある人気の施設。1957年の開園以来、地元神戸だけでなく関西一円から多彩な展示を楽しみに多くの人を集めています。その施設内には、ダイナミックなイルカショーや、まるで海の中をのぞくような大パノラマビューが楽しめる大水槽、さまざまな生き物に触れ合えるなど魅力的なアトラクションが勢ぞろいしており、1日かけてのんびりと過ごすのにぴったりです。

①水族園内のさまざまな展示で「海の生き物」の美しさを知る

広々とした園内にさまざまな海の生き物の展示施設を備えている「神戸市立須磨海浜水族園」。中でもそのスケールの大きさでひときわ目を惹くのが本館にある大水槽です。幅約25メートルというその水槽ではサメやエイ、群れで泳ぐアジなど海の中の生態系がリアルに観察できます。さらに、日本だけでなく世界中から集められた淡水魚が展示されている「世界のさかな館」や、日本で最初のチューブ型トンネルを導入した「アマゾン館」ではまるでアマゾン川の内部から見るような展示が楽しめます。

②イルカライブ館で「ドルフィンショー」を堪能する

約1700名収容という大きなライブ館でくりひろげられるのが大迫力のイルカライブショーです。出演するイルカたちは、愛くるしく芸達者。ダイナミックな演技はどれも見ごたえ十分ですが、中でも後方宙返りは、その高さや姿かたちの美しさで観客の心をとりこにするほどです。見逃したくない人には、来園前のイルカライブショーのスケジュールチェックがおススメ。有料イベントのイルカのえさやり体験やイルカにタッチは、サイトから事前予約も可能です。

③うみがめのお店の「うみがめのメロンパン」でほっこりする

園内に計5箇所のレストランやファーストフードブースのある「神戸市立須磨海浜水族園」。中でも見た目の愛らしさで絶大な人気を集めているのが本館3階フロアにある「うみがめのお店」の名物パンである「うみがめのメロンパン」です。メロンパンを甲羅に見立てたパンは、ふんわりやわらかな生地がおいしいと評判の高い一品。その他にも和楽館2階フロアのカフェ&レストラン和楽園の、マグロのカツで作った「スマスイバーガー」や「スマスイパスタ」、ランチメニューも人気です。

④ラッコ館で「かわいらしいラッコの姿」に癒される

さまざまな生き物の魅力に触れられる「神戸市立須磨海浜水族園」のアトラクションの中でも人気の「ラッコ館」。1日数回行われているラッコの食事風景が眺められるライブでは、今までテレビや本でしか見たことのなかったラッコの食事する姿を間近に観察することができます。さらにメスの明日花、オスのラッキーの2頭の毛づくろい姿や、寝ている姿の可愛らしさには思わずほっこり癒されます。園内は基本的に写真撮影OKですが、ラッコ館などではフラッシュ禁止なのでお忘れなく。

⑤水族園内ショップで「ここでしか手に入らないグッズ」を買う

「神戸市立須磨海浜水族園」には本館とさかなライブ館前の2箇所にショップがあります。このうち、スーベニアショップでは園の公認キャラクターであるスマイルカを始めとした、さまざまな生き物をモチーフにしたオリジナルグッズが人気を集めています。もふもふタッチがたまらないぬいぐるみやキーホルダー、ステーショナリーなど品揃えも豊富。手頃な価格のマスキングテープなどもあります。クッキーなどの焼き菓子類は日持ちがするので、遠方の友達へのギフトにもおススメです。

いかがでしたか?

神戸の中心であるJR三ノ宮駅から約15分、大阪駅からも電車で約35分ほどというアクセス至便な場所にある「神戸市立須磨海浜水族園」。レギュラー展示やアトラクションに加えて、夏休みやハロウィン、クリスマスや年末年始などには特別イベントなども開催されるなど、いつ訪れても楽しめる須磨海浜水族園で、一日のんびり海の生き物たちに触れ合ってみませんか。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する