• はてぶ
  • あとで
東京で自然を満喫!「都民の森」でしたい5つのこと

東京都の西部・檜原村にある都民の森。東京都にいながら、たっぷりの自然を満喫できる施設です。JR五日市線「武蔵五日市駅」からバスで行くことができるので、都内でちょっと遠出したいときにおすすめの場所です。今回は都民の森でしたいことを5つのポイントでご紹介します(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

都民の森とは?

by *_*
東京都西部にある檜原村。離島を除くと東京都で唯一の村です。ここにあるのが都民の森で、ハイキングの拠点となっているのはもちろんのこと、森林と仲良くなるための施設が充実しています。例えば木材で工作できる施設や炭焼き小屋、野鳥観察できる施設やレストラン、ショップまであります。ここは普段都会で生活していては感じることができない自然を体いっぱいに体験できる施設といっても過言ではないでしょう。

①森林館で都民の森を知る

森林館は都民の森の入口となる施設です。ここは展示棟と研修棟の2つの建物があります。展示棟では都民の森で見られる動植物を展示パネルや映像、はく製で紹介しています。四季ごとに見られる動植物が分かりやすく紹介されているので、ハイキングに行くときに役立ちますね。ここには休憩室もあるので、ハイキングの前後の休憩にも利用できます。面白いのは中庭にある丸太切り体験コーナー。普段なかなか体験できない丸太を切る体験ができ、切った丸太は持ち帰ることができます。

②ハイキングで都民の森を歩く

by *_*
都民の森周辺にはハイキングコースがいくつかあり、所要時間は1〜5時間で回れます。そのため、参加者の時間や装備、脚力に合わせて調整することができます。初心者におすすめなのは1時間で回れる「三頭大滝コース」。勾配が少なく、途中では眺望の良いところもあり、晴れていれば都内まで見られます。所要時間が3時間を超える「ブナの路コース」「三頭山周遊コース」では近隣にある三頭山山頂まで登山でき、ハイキングの装備でも十分登山を楽しめますよ。

③木材を使って作ってみる

都民の森には「木材工芸センター」という施設があります。ここでは事前申込制の木工教室と当日参加が可能な自由教室があり、特に木工教室では椅子やテーブル、棚などの大物を1日かけて作ることができます。自分で作ったテーブルや椅子を自宅に置けるのは素敵ですね。自由教室ではペン立てやキーホルダーなど簡単に作れるものもあるので、気軽に参加してみましょう。さらに都民の森には「炭焼き小屋」もあります。ここでは炭焼き体験をすることができ、焼けた炭は持ち帰ることができます。

④野鳥観察で鳥を身近に感じる

自然豊かな都民の森にはたくさんの野鳥がいます。都民の森には「野鳥観察小屋」があり、自由に入り、ベンチに座って観察することができます。周辺には野鳥が来やすいように水飲み場も設けられているので、可愛らしい野鳥を観れるチャンスが広がりますね。中には都民の森で観察できる野鳥の写真も飾ってあるので、どの鳥だったか確認することもできます。また、タイミングが合えば「自然教室」としてバードウォッチングを施設スタッフの案内で行うこともできますよ(有料)。

⑤標高の高いレストランで特産品を味わう

都民の森がある檜原村の特産は舞茸やジャガイモ、コンニャクなどの山の幸です。これらを味わえるのがレストラン「とちの実」。ここは標高1043mにあり、東京都で最も高いところにあるレストランとのこと。ここでは、山の心地よい空気を吸いながら天丼やうどん、そばなどの山の幸を味わえます。お土産は隣接の売店で、檜原村の特産品であるコンニャクや木材加工品を購入できるとともに、焼きそばやお団子など軽食も味わえますよ。

いかがでしたか?

いかがでしたか?東京都内で心地よい自然を感じることができる都民の森。ハイキングや野鳥観察、クラフト体験など、たくさんのアクティビティがあるので、1日いても満足できるところです。JR五日市線の武蔵五日市駅からバスで行くことができるので、時刻表をチェックしてから行ってみてください。都会では味わえない自然を満喫してリフレッシュしに行きましょう。

詳細情報

  • 東京都数馬7146
  • 0425986006

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する