• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
季節とともに変化する。お台場「チームラボ ボーダレス」冬季限定作品が登場

2018年6月にお台場にオープンした、「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」。早くも話題になり、来場者数50万人を突破したエプソン チームラボ ボーダレスへ行かれた方も多いのではないでしょうか?境界なくつながっていく作品群は一年を通して移ろい、2018年12月からはクリスマスや、冬の季節とともに変化した作品を体験することが出来るので、こちらも見逃せませんよ。

このまとめ記事の目次

冬季・クリスマス期間限定「チームラボ ボーダレス」の作品が登場

開催期間:2018年12月~

※画像は過去のものです

オープンから3ヶ月弱で、来場者数50万人を突破したエプソン チームラボ ボーダレス。2018年12月からは、作品「花の精霊」、「積層された空間に咲く花々」は冬の花々へと変化し、「地形の記憶」には雪、椿、梅など、冬の景色が広がります。今回は、冬の季節とともに変化する作品を一挙ご紹介します。

呼応するランプの森 - ワンストローク、氷洞 / Forest of Resonating Lamps - One Stroke, Ice Cave

呼応するランプの森 - ワンストローク、Flame / Forest of Resonating Lamps - One Stroke, Flame

12月はクリスマス期間限定で、「呼応するランプの森」では、真赤な炎の光の色彩を表現した「Flame」と、氷の洞窟の光の色彩を表現した「Ice Cave」が新たに登場します。ランプの近くで立ち止まり、しばらくじっとしていると、最も近いランプが強く輝き音色を響かせ、そのランプの光は、最も近い二つのランプに伝播するんです。このランプに近づくことによって生まれる動的な美しさを、目の前で堪能してみてくださいね。

花の精霊 / Spirits of the Flowers

「花の精霊」では、一年間を通して、刻々と咲いていく花々が移り変わっていく姿を表現されています。作品はコンピュータプログラムによってリアルタイムで描かれ続けているので、あらかじめ記録された映像を再生しているわけではないんです。以前の状態が複製されることなく、変容し続ける為、今この瞬間の絵は二度と見ることができないんです。

地形の記憶 / Memory of Topography

「地形の記憶」では、分け入ることのできる高低差のある空間で、悠久な里山の景色を描いている作品。自然の景色が、同じようで、2度と同じではないように、全く変わらない景色のようで、厳密には同じ絵ではないんですよ。こちらは、身体ごと作品に没入し、一つの共通の世界が自分や他者の存在で変化していくことで、自分と他者が同じ世界に溶け込んでいく姿を表現されています。

お絵かきクリスマス / Sketch Christmas

運動の森のエリアには、みんなが描いた絵によってクリスマスの街ができていく「お絵かきクリスマス」が登場します。紙にクレヨンで描いたサンタクロースは、命が吹き込まれ、ソリに乗ってやってきます。描いた絵によってクリスマスの街ができていき、どんな絵を描くかによって、街が変化していくんです。街には触ることができ、サンタクロースに触ると、サンタクロースがプレゼントを配ってくれたりするんですよ。

茶の木 / Tea flowers

さらに、12月1日(土)より『EN TEA HOUSE 幻花亭』では、『Digitized Gastronomy』プロジェクトの一環として、凍結玉緑茶(玉緑茶のアイスクリーム)から茶の木が生え茂っていく作品が新たに加わります。アイスクリームは、フランス発祥のレストランガイド「ゴ・エ・ミヨ」の2018年度版に選出された注目の若手シェフの田村浩二氏が監修し、お茶の旨味を最大限に引き出した、濃厚なアイスクリームです。

冬の季節とともに変わりゆく空間をデジタルアートで体験しよう

※画像はイメージです

いかがでしたか?今回は、話題のスポットでもある「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」で冬季限定の作品をご紹介しました。また多くの人を魅了すること間違いなし。人気のイベントなので、チケットサイトを確認してから行くことをオススメします。この冬も、デジタルアート空間を楽しんでみてくださいね。

詳細情報

■「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」
期間:2018年12月~
開館時間:月~木、日、祝日 10:00 -19:00 (22:00)
金、土、祝前日 10:00 -21:00 (22:00)
※最終入館は閉館の1時間前
※( )内は12/14(金)-12/31(月)までの特別延長時間。
※開館時間はシーズンによって異なります。詳しくはウェブサイトをご確認ください。
休館日: 第2・第4火曜日
※12月の休館日は通常と異なり、12/11(火)のみ。
※12/25(火)は特別開館しております。
料金: 一般/高・大学生3,200円、子ども(4歳~中学生)1,000円
※高校生には「バイトル高校生無料チケット」もご用意しています。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する