• はてぶ
  • あとで
私たちもそろそろ「港区」で遊ばない?おすすめスポットと10の遊び方

皆さんは「港区」にどんなイメージを持っていますか?「港区」と聞くと、お金持ちが集まるイメージがあったり、ビジネスのイメージがあったり、なんだか大人な感じで、渋谷や原宿で遊んでいるのとはまた一味違いますよね。特に若い方だと、「港区」なんて遊ぶところないじゃん!と思っている方も多いのでは?そこで今回は、誰でもきっと明日から「港区」を楽しめる10の遊び方をご紹介。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

東京都、港区。

港区はどんなところでしょう。日本の首都、東京の中でもさらに中心的な経済の街。品川や新橋などのビジネス街から、六本木や赤坂、そしてさらに奥に行けば麻布や白金などの高級住宅街。ただそれだけ。しかし人々の多くが「港区」に惹きつけられるのはなぜでしょうか。今回はできるだけ広いエリアからその魅力、遊び方をご紹介します。

1. 南青山でカフェ巡り

港区を満喫するならまずは南青山へ!こだわりの詰まったおしゃれなお店が立ち並ぶ中で、のんびりとカフェタイムを楽しんでみてはいかがですか?大人っぽい時間を過ごせるはず。カフェも多いのでお気に入りのお店を探しておくのもおすすめです。
たくさんある中でも今おすすめなのがこちらの「CBC(シービーシー)」です。ステーキなどの肉グルメとワイン、そしてコーヒーを味わえるお店なんです。無機質な雰囲気が素敵ですよね。カフェタイムにおすすめなのは「クッキーアイス」。ボリューミで写真映えも、食べごたえもありますよ。

詳細情報

東京都港区南青山5-11-24 グレイセスビル B1階

3.66 091

2. 六本木でアートを感じる

続いてご紹介するのは現代美術館として有名な「森美術館」。こちらは六本木のランドマーク、六本木ヒルズ森タワーにあります。普段は六本木ヒルズに行くことってそうそうないけれど、この美術館に行くときだけは別。
様々な展覧会が3ヶ月ほど~半年程度行われていて、どれも見応え抜群です。開催中の展覧会については公式サイトなどでチェックしてみてくださいね。美術館と合わせて展望台の「東京シティビュー」も必見です!

詳細情報

3. 夜のマクセル アクアパーク品川でロマンチックに

続いてご紹介するのは品川にある水族館の「マクセルアクアパーク品川」。アクセスも良いため、都内でもかなり人気の水族館となっています。クリスマスシーズンなどイベントの季節になると展示の内容も少しずつ変わっているので定番デートスポットとしてもおすすめ。
中でもこのイルカショーは何度見ても楽しめるので見逃せませんよ。暗闇の中で光る水槽が幻想的で、イルカ達の息のあった動きからも目が離せません。まさにエンターテイメントとして完成しているイルカショーです。きっと思い出に残るはず。

詳細情報

4. 白金で人気のスイーツを堪能

続いては白金エリアからご紹介です。白金は「シロガネーゼ」という言葉があるくらい有名な高級住宅街ですよね。セレブの街といったら、ここを思い浮かべる人も多くいるはず。そんな白金で気になるのは、そんなセレブな奥様達を唸らせるお持ち帰りグルメ。
こちらの「GAZTA(ガスタ)」は、日本初上陸のバスクチーズケーキの専門店。スペインのバスク地方で誕生した、見た目がなんとも香ばしいチーズケーキです。普通のチーズケーキとはちょっと違った食感がするらしいですよ。その味を確かめようと行列ができることも。これはわざわざ行く価値アリです。

詳細情報

5. 赤坂で21_21 DESIGN SIGHTに立ち寄ってみる

続いてご紹介するのは、赤坂にある「21_21 DESIGN SIGHT(トゥーワン・トゥーワン・デザインサイト)」です。「SIGHT」とはまさに「視点」のこと。「日常」をテーマにした展覧会を通して、様々な「SIGHT(視点)」からあらゆる人々がデザインに興味や関心を持てるような、そんな場所です。
毎回、興味深いプログラムが開催され、多くの人で賑わいます。公式ホームページから今後開催予定のプログラムなどの詳しい情報を確認できるので、詳しくはそちらをご確認くださいね。

詳細情報

6. 新橋でしっぽり飲む

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する