• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
大人も楽しめる展示施設!上野・国立科学博物館でしたい7つのこと

国立科学博物館は東京・上野公園にある博物館です。驚くべきはその展示内容の豊富さとスケールの大きさ!見て驚くだけでなく知識も身に着く、為になる博物館なんです。今回はそんな国立科学博物館の魅力や楽しみ方を7選でご紹介していきたいと思います。お子様と一緒に、またはおひとり様でも、今度のお休みの日にぜひおでかけしてみませんか?(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

このまとめ記事の目次

国立科学博物館ってどんなところ?

国立科学博物館は上野公園内に設立された日本でいちばん歴史のある博物館のひとつです。生き物の生態や進化の歴史が学べ、映像で楽しむシアター施設や期間限定で開催される特別展も話題です!「大人の社会科見学」にぴったりな国立科学博物館はご家族連れはもちろん、おひとり様でも楽しく過ごせます。休日はとても混雑するので、ゆっくり見て回るには平日が断然オススメです!

①開催中の展示イベントをチェックしよう!

海のハンター展

まずは期間限定で開催されている特別展示をチェックしましょう。過去に行われたのは「海のハンター展」や「昆虫展」、「ヒカリ展」などなど、テーマも内容も興味深いものばかりなので、いつ訪れてもワクワクします。目で楽しめて勉強にもなる工夫がされているので、開催中の展示は外せない必見ポイントです!

深海展

特別展は季節やイベントによってテーマや内容がガラッと変わるので、いつ行っても飽きることなく楽しめますよ!国立科学博物館には特別展を目当てに何度も訪れる方も多いんだそう。今後どんなものが開催されるのかはホームページで確認することができます。

②人類の進化の歴史を知ろう!

「日本館」では日本列島が誕生する前にまでさかのぼり、日本人や日本列島の歩みについて深く学ぶことができます。骨格のレプリカや古代深海魚の化石など、テレビや教科書でしか見たことのないものもあります!
見るだけでなく解説付きで詳しく紹介してくれているので大人も夢中になってしまいそうですね!今から約4万年も前の日本なんて想像もできませんが、ここへ来ると当時の暮らしぶりが順を追ってイメージできちゃうから不思議です。

③動物のはく製をじっくり観察してみよう!

国立科学博物館には115体もの野生動物のはく製が展示されています。普段は近づくことさえできないライオンやトラなどの猛獣たちも、はく製なら間近でじっくり見ることができますね!
はく製の動物たちは、じっと見つめていると動き出しそうなくらい生きているかのような迫力があります!特に、絶滅してしまったニホンオオカミは必見です。意外とかわいい目をしているので、ぜひ近くでじっくりと観察してみてください。

④ボール型の映画館?不思議な映像空間を体験しよう!

「シアター36○(サンロクマル)」はその名の通り見渡す限り全てがスクリーンになった珍しい空間です。球体の中には中心部までつながる橋があり、そこに立って見る仕組みになっています。一般的な博物館では味わえない不思議な体験ができますよ!
「シアター36○(サンロクマル)」の上映時間は、2つのテーマ合わせておよそ10分ほど。作品内容は定期的に変わりますが、動物たちの世界観や地球の変動などがテーマになることが多いようです。全方向が映像に包まれる魅惑の体験が待っていますよ!

⑤絶滅した生き物たちの大きさを比較してみよう

国立科学博物館は絶滅してしまった恐竜たちの全身骨格や化石などのたくさんの展示があることでも知られています。レプリカだけでなく本物の化石もあるので迫力満点!見上げるほど大きな「フタバスズキリュウ」は代表的な首長竜として有名です。
恐竜の全身骨格が展示されている場所は、一か所に留まらず広い館内のあちこちに分散されています。ティラノサウルスやトリケラトプスといった有名な恐竜の他にも、実在した見たことのないものたちの姿も。実際、目にするとその大きさには驚きです!

⑥屋外に展示された○○を探してみよう!

とにかく広い国立科学博物館では、屋外展示も見逃せません。まず注目すべきは地球上に生息する動物の中で最も大きいと言われている「シロナガスクジラ」の像です。その全長はおよそ30メートル、眼球や噴気孔など細部にわたって忠実に再現されています。
博物館周辺にはD51型蒸気機関車や日本で初めて打ち上げられた人口衛星のロケットランチャーなど、マニアや男の子にとってはたまらないものも展示されています。どこにあるか探しながら見て周るのも楽しいですが、効率よく周るには事前に場所を確認していくのが良いでしょう。

⑦夕暮れ時の上野公園をお散歩しよう!

日が暮れたあとも楽しめるのが上野公園です!博物館を満喫したあとは広い上野公園を歩いて散策してみましょう。レストランやカフェがある他、イベントやフェスが開催される時期は屋台が連なり、グルメも楽しめちゃいますよ。
春はお花見に来る人で賑わうことで有名な上野公園ですが、季節を問わずただお散歩するのにもオススメです!緑が生い茂る夏や紅葉の時期など、移ろいゆく季節を感じながら散策できますよ。冬季は桜の木にイルミネーションが鮮やかに煌めきます。

詳細情報

  • 東京都台東区池之端3
  • 03-3828-5644

国立科学博物館へ社会科見学に行こう!

いかがでしたか?上野・国立科学博物館にはここでご紹介した以外にもたくさんの見どころが詰まっています。「大人の社会科見学」に、ぜひ国立科学博物館におでかけしてみてはいかがでしょうか!その際は今回の必見ポイントをお忘れなく楽しんでみてください。

詳細情報

  • 東京都台東区上野公園7-20
  • 0357778600

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する