• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
これぞ日本のハリウッド!「東映太秦映画村」でしたい7つのこと

みなさん「東映太秦映画村」を訪れたことはありますか?名前は知ってるけど、時代劇に詳しくないから…とお考えの方も多いのではないでしょうか。しかし、気後れするのはもったいない!実は、時代劇に詳しくなくても1日楽しめる魅力がたくさん詰まったテーマパークなんです!そこで、今回は「東映太秦映画村」を遊びつくすためにやりたい7つのことをご紹介いたします。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

東映太秦映画村とは?

京都駅から電車で約20分の太秦(うずまさ)にある「東映太秦映画村」。1975年に日本で初めてオープンした、時代劇の世界観を楽しめるテーマパークです。数々のヒット作を生み出している東映株式会社が運営しており、細部までこだわったクオリティが人気となっています。また、ヒーローショーなども行っていることから、大人も子供も楽しめるスポットです。

① 本格セットの町並みを楽しむ

「東映太秦映画村」といえば、やっぱり江戸時代の町並みを再現したセットが有名ですよね。もともと東映京都撮影所の敷地にあったセットを一部公開するというルーツを持っていることから、今でもテレビや映画の撮影に使用されています。撮影日前日の夕方から撮影予定が公式ホームページで発表されるので、気になる方は事前にチェックしてみてくださいね。運が良ければ有名な俳優さんや女優さんを見ることができるかも?
江戸時代の古き良き町並みだけではなく、明治時代のハイカラな雰囲気を味わえるのも魅力のひとつ。京都市内を初めて走ったチンチン電車のモデルや車のない時代に活躍した人力車などが展示されており、いつも写真撮影のために多くの人で賑わっています。その他の看板や建物もレトロな雰囲気でフォトジェニック間違いなし。

② 豪華絢爛な衣装で撮影タイム

映画村では、滞在時間や程度に合わせた様々な変身プランが用意されています。20分ほどで着付けをして楽しむ「お手軽扮装」、お子様向けの「忍者衣装貸出処」などがありますが、せっかくここまできたのだから「本格扮装」にチャレンジしてみてください。東映のベテランスタッフさんがメイクから着付けまで担当してくれるため、その仕上がりはまさに映画スター。休日は混み合うので、事前のご予約をおすすめします。
実際に撮影で使われる衣装を用いる「武将体験」も人気です。大人も子供も体験できるこちらの体験は、好きな武将の鎧兜(よろいかぶと)を着用して、映画村を散策することから、戦国武将のような気分を味わうことができます。ご希望の方は、本格的なメイクとつけひげで写真撮影をすることもできます。1週間前までの完全予約制となっているため、お早めにお電話を。

③ 様々なショーやアトラクションを体験する

映画のセット以外にも様々なアクティビティで楽しめます。こちらは芝居小屋中村座で行われている「大江戸大道芸」の風景。アクロバティックな大道芸と役者さんのコミカルな語り口が面白いと評判のショーとなっています。他にも見事な剣さばきを間近で楽しめる「ちゃんばら辻指南」も開催されており、時代劇の中に入り込んだかのような感覚を味わうことができます。
「西日本でいちばん怖いお化け屋敷」と名高いこちらは「史上最恐のお化け屋敷」。登場するキャストは東映の俳優、また演出や美術も東映のプロが監修しており、東映の本気を感じますね。まさに映画級の怖さを体験できるアトラクションです。一度入ったら出口までリタイアできないので、覚悟して臨んでくださいね。

④ 日本の映像文化の歴史に触れる

一通り映画村を楽しんだら、映画について学んでみてはいかがですか。専門家からも高い評価を受けている「映画文化館」では、日本映画界の発展に貢献した著名人の遺品を見学したり、その功績を学ぶことができます。なかでも永遠のスター、美空ひばりに関する展示コーナーの「京都太秦美空ひばり座」では華やかな衣装や昔懐かしいポスターを見学することができます。
日本の映像文化といえば、今やアニメも全世界で人気となっていますよね。「東映アニメギャラリー」では、日本アニメ界の老舗とも称される東映発の代表的なアニメ作品の品々が展示されています。貴重なポスターやセル画、フィギュアを通じて、童心に帰ってみてはいかがですか。あの時大好きだったヒーローを見つけることができるかも?

⑤ オリジナルグルメを堪能する

歩き疲れたらここでしかいただけないオリジナルグルメで一息ついてはいかがですか。施設内の明治通りにある「ラーメン 喜らく」でいただけるのは一風変わった名物「水戸藩ラーメン」。こちらのラーメンはあの水戸黄門が好んで食べたと言われているそう。れんこんが練りこまれた麺を使用していたり、薬味がついていたりと他では味わうことのできないラーメンになっています。
オリジナルデザートもおすすめです。アトラクション広場にある「スイーツ・軽食 忍者カフェ」ではこちらの「いんろうあいす」をいただくことができます。サクサクのもなかの中にたっぷりのアイスクリームが入っていて食べ応え抜群です。こちらのアイスを持って、印籠を使った決めポーズを真似する方も多いそうですが、くれぐれもアイスが溶けないうちに!

⑥ ここでしか買えないグッズをゲット

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する