• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
迫力のふれあい体験!群馬サファリパークでしたい7つのこと

今回ご紹介するのは、群馬県は富岡市にある「群馬サファリパーク」です。ここでは、バスに乗りながら迫力のあるエサやりが体験できたり、野生に近い動物の姿を見ることができます。そんな、群馬サファリパークでしたい7つのことを見ていきましょう!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

このまとめ記事の目次

群馬サファリパークとはどんなところ?

群馬サファリパークでは、バスやマイカーに乗りながら、探検をするように動物たちの生活する姿を見ることができます。また、園内には遊園地やイベントホールなどがあり、さまざまなエンターテインメントがつまっています。

①動物の野生のような姿を見る 前半

まず最初にご紹介するのは、世界の動物に会える「サファリゾーン」です。その前半部分には、日本ゾーン・アジアゾーン・アメリカゾーンがあります。アジアゾーンには、絶滅の恐れが最も高い近絶滅亜種に指定されている貴重なゾウ「スマトラゾウ」がいます。野生では、スマトラ島で見ることができますが、日本では唯一こちらのサファリパークだけで見ることが出来ます。
「日本ゾーン」ではツキノワグマやニホンザルを、「アジアゾーン」ではヒトコブラクダやアジアに住むシカを、「アメリカゾーン」ではアメリカバイソンや大型のシカをそれぞれ見ることができます。日本に生息する動物でもなかなか見ることがないので、新鮮さがあるでしょう。

②動物の野生のような姿を見る 後半

次にご紹介するのは、サファリゾーンの後半部分です。ここの後半部分には、「ライオンゾーン」・「トラゾーン」・「アフリカゾーン」があります。草食動物から肉食動物まで幅広い動物を見ることができます。
「ライオンゾーン」ではライオンが群れをなして生活している姿を、「トラゾーン」ではベンガルトラの突然変異種であるホワイトタイガーを、「アフリカゾーン」ではキリンやサイをはじめ、8種類の草食動物を観察できます。現地アフリカに訪れているような臨場感が楽しめます。

③迫力あるエサやり体験をする

次にご紹介するのは、専用のバスに乗ってエサやり体験ができる「エサやり体験バス」です。肉食動物だけでなく、草食動物にもエサをあげることができて、動物と近いふれあいを体験できるでしょう。
肉食動物であるライオンへのエサやりでは、迫力のあるふれあいを間近で感じることができます。サファリパークならではの体験ではないでしょうか。事前の予約ができなく、当日園内にて券を購入する形になっているので、売り切れなどにご注意ください。また、運航時間に関しても事前の確認をおすすめします。

④小さい動物に近づく

次にご紹介するのは、鳥やポニーをはじめ、小さめの動物たちに会えるゾーンです。フラミンゴなど、約8種類の鳥類からレッサーパンダがいる「バードパーク」、ポニーやミニチュアホースなどにふれあったり乗馬ができる「リトルファーム」があります。
また、サファリゾーンの中には、車から出て歩きながら動物を見ることができる「ウォーキングサファリゾーン」があります。ここでは、チーターやホワイトタイガーなどの猛獣から、小動物であるハリネズミなどがいます。またヤギの仲間であるラマへのエサやりも体験可能です。迫力ある肉食動物と魅力ある草食動物にふれあえるでしょう。

⑤遊園地を楽しむ

次にご紹介するのは、動物園のなかでさまざまなアトラクションを楽しめる「遊園地」です。大きな観覧車やメリーゴーランド、4歳から乗ることができるジェットコースターなど、家族でも遊びやすいアトラクションが豊富です。
40メートルもある観覧車では、サファリパークを一望できるでしょう。また、「洞窟探検」では、モノレールに乗って洞窟を探検していくアトラクションを楽しめます。その他、白鳥の形をしたコーヒーカップなどサファリパークにちなんだものもあります。動物とふれあった後には遊園地で遊んでみましょう。

⑥オリジナルメニューを食べる

次にご紹介するのは、園内で動物にちなんだ食事ができるレストラン「サバンナ」です。テラス席もあり、バーベキューも楽しめます。カレーやステーキ、和定食など、好みに合ったメニューを選ぶことができるでしょう。目で見て楽しいメニューもあるので、子供も大人も楽しめますね。
団体でのメニューでは「アフリカンランチ」というものをいただけます。このランチでは、アフリカンシチューであるカランガというものやターメリックライス、ワニの唐揚げを楽しめます。団体用メニューは事前の予約が必要であり、アフリカンランチは1日限定50食なのでご注意ください。

⑦オリジナルグッズをゲット

最後にご紹介するのは、ここ群馬サファリパークでしか手に入らないオリジナルグッズがあるショップ「マルシェ」です。ぬいぐるみなどの雑貨をはじめ、お菓子など幅広い種類があり、お土産やプレゼントに最適です。
人気商品としては、エサやり体験のバスのミニカーやお菓子、リアルな動物たちのフィギュア、入れ物の缶が貯金箱になっているクッキーなどがあります。また、ホワイトタイガーなどのトラをイメージしたグッズも多くあります。思い出としてゲットするのもありですね。

いかがでしたか?

野生のような動物の姿をみることができたり、遊園地まで楽しめる「群馬サファリパーク」はいかがでしたか?動物と近づけるエサやりなどのふれあい体験があるのはうれしいですね。ぜひ、群馬サファリパークに訪れる際は、今回ご紹介した7つのことを参考にしてみてはいかがでしょうか?

詳細情報

eparkMamakoeで見る
  • 群馬県富岡市岡本1 群馬サファリパーク
  • 0274642111

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する