• はてぶ
  • あとで
池袋で手土産を買うならここ!トレンドと定番別おすすめ手土産7選

実家への帰省や、友人との集まり、ビジネスシーンなどさまざまなシチュエーションで必要になる「手土産」。高すぎず安すぎず、できればほかとは被らないものがいいな。と、悩んだ経験のある人は少なくないはず。今回は、“池袋だから手に入る”をポイントにトレンドと定番の手土産を7つご紹介します。(※掲載されている情報は2018年10月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1.【トレンド】DOU「生どら焼き」/池袋駅西口

池袋駅西口付近のアップルロードにある「DOU(ドウ)」。生どら焼き専門のお店です。しっとりとした生地にコテっとしたあんが入った“いつものどら焼き”とは違う、ふんわり食感の「生どら焼き」が販売されています。
DOUの生どら焼きは、ふわふわのスポンジケーキのような生地に、甘さ控えめのあんとあっさりしたクリーム、求肥がサンドされています。和だけでなく、洋のテイストも詰まった新感覚のどら焼きは、東京都内ではここだけです。

詳細情報

東京都豊島区西池袋 1-1-21 東武池袋駅 B1F アップルロード

3.40 512

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

2.【トレンド】シュクリムシュクリ「シュー シュクリ」/池袋駅南口

池袋駅南改札口そばにある「シュクリムシュクリ」。シュークリームの専門店です。ふわっ、モチッ、サクッと三拍子がそろった生地の中に、たっぷりのクリームが詰まったシュークリームが販売されています。
表面にマカロンの生地が乗っているため、サクッとした食感を楽しむことができる「シュー シュクリ」とクロワッサン生地を織り交ぜた「シュー クロワッサン」が定番メニューです。中はカスタードクリームですが、小ぶりなサイズなので一人一つで十分楽しめる手土産です。

詳細情報

東京都豊島区南池袋1-28-2

3.43 46

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

3.【トレンド】かしこと金沢/西武池袋

池袋駅東口すぐの西武池袋にある「かしこと金沢」。金沢にある老舗和菓子店・柴舟小出(しばふねこいで)が手がける菓子店です。“和菓子”と聞くと、トレンドからは程遠い印象がありますが、こちらではアレンジのきいた和菓子が販売されています。
キラキラと光が透き通った氷菓子の「いろこおり」は、外はサクッとしていながら中はしっとりした寒天の干菓子。他にも、加賀棒茶を使ったビスコッティーなど6種類ほどのお菓子がそろっています。カジュアルに和菓子を楽しめる手土産の一つです。

詳細情報

東京都豊島区南池袋1-28-1 B1階

3.01 02

4.【定番】タカセ「アーモンドチュイル」/池袋駅東口から徒歩3分

池袋駅東口から徒歩3分にある「タカセ」。地元ではよく知られた、大正9年創業の洋菓子店です。シュートケーキやモンブランなどの生菓子からマドレーヌといった焼き菓子、さらにはパンまで幅広く販売されています。
その中でも人気のあるお菓子が、「アーモンドチュイル」。たっぷりとバターを使ったビスケットに、クリームとスライスアーモンドが乗ったフロランタンのようなお菓子です。コーヒーや紅茶と相性もいいので、ちょっとした手土産におすすめです。

詳細情報

5.【定番】自由学園「缶入りクッキー」/池袋駅から徒歩7分

池袋駅から徒歩7分にある「自由学園明日館(じゆうがくえんみょうにちかん)」。敷地内のギャラリーショップ「JMショップ」では、学校での学びを生かした活動の一つとして手作りクッキーとケーキが販売されています。
中でも焼菓子が詰まった「缶入りクッキー」は、プレーンやココア味などが楽しめると人気です。サイズは4種類あるので、少人数のお茶請けや大人数で集まるパーティーなどさまざまなシュチュエーションの手土産によさそうです。

詳細情報

6.【定番】三原堂「池ぶくろう最中」/池袋駅西口から徒歩1分

池袋駅西口から徒歩1分にある「三原堂」。昭和12年から続く和菓子店です。最中やどら焼き、せんべいなどの定番の和菓子と並んで、フクロウにゆかりのある土地柄にちなんだ“池ぶくろう最中”があります。
パリッとした皮にはほくほくのあんと求肥がサンドされた最中は、あんがたっぷり入っているので一個でもお腹にたまります。フクロウの胸元にはうっすらと「池袋」と刻まれているのもこの最中のポイント。池袋らしさあふれる手土産です。

詳細情報

東京都豊島区西池袋1-20-4

3.05 15

7.【定番】クラブハリエ「バームクーヘンmini」/東武百貨店

池袋駅東口からすぐの東武百貨店にある「クラブハリエ B-studio(ビースタジオ)」。昔ながらの手焼き製法で一層ずつ丁寧に焼き上げるバームクーヘンの専門店です。しっとりとした食感と風味のよいバームクーヘンは、お祝いや贈り物としても人気があります。
クラブハリエのバームクーヘンを、手のひらほどに小さくした「バームクーヘンmini」。池袋店のパッケージは、池袋にちなんでフクロウがデザインされています。大きな目と愛らしいルックスのパッケージは、ここでしか買えないので定番手土産としておすすめの一つです。

詳細情報

せっかくなら、おいしい手土産を一緒に。

いかがでしたか?ここまで池袋のトレンド土産と定番土産をご紹介してきました。埼玉、東京、神奈川、群馬に栃木など多くの県をつなぐ中継地点でもある「池袋」。“池袋だからこそ”のお土産を探している時は、こちらを参考にしてみてくださいね。(※掲載されている情報は2018年10月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する