• はてぶ
  • あとで
今日のあなたのラッキーカラーは?東京近郊の"色が主役"のカフェ7選

東京近郊にあふれるオシャレなカフェ。普段は、メニューや立地別に比較することが多いですよね。今回は、"色"という視点から7つのお店をピックアップしてみました。あなたの今日のラッキーカラーに合わせて、チョイスしてみて。(※掲載されている情報は2018年10月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①【ピンク】DUMBO Doughnuts and Coffee(ダンボドーナツアンドコーヒー)/麻布十番

まず最初にご紹介するのは「DUMBO Doughnuts and Coffee(ダンボドーナツアンドコーヒー)」。東京メトロ麻布十番駅から徒歩2分です。営業時間は09:00から19:00まで。こちらのお店は、ピンク色に統一されています。目印の看板・ドリンクのカップなど細かい所までピンク。
店内にはカラフルで大きいドーナツが綺麗に並んでいて、見ているだけでウキウキしてしまいます。甘めのドーナツが多いので、コーヒーと一緒にいただくのが筆者のイチオシの楽しみ方です。ピンクパワーで可愛い写真が撮れること間違いなし。

詳細情報

②【赤】CAFE de GINZA MIYUKI-KAN/銀座

つづいてご紹介するのは、「CAFE de GINZA MIYUKI-KAN」。銀座の2・3・4・5・6丁目すべてにそれぞれ店を構えているため、銀座にお出かけの際には非常に立ち寄りやすいです。こちらのお店は、外の看板だけでなく店内のソファなども赤が使われています。赤が印象的ですが、どこか落ち着いた雰囲気のある素敵なお店です。
店内では、自家製ケーキとドリンクなどでスイーツタイムを堪能することができます。パスタなどお食事メニューもありますよ。看板メニューは「和栗のモンブラン」。なんと年間20万個も売れるんだとか。熊本県産の和栗を100%使用しており、和栗の良さを味わえる逸品です。

詳細情報

③【黄】Yesterday's tomorrow(イエスタデイズ トゥモロウ)/新宿

次にご紹介するのは「Yesterday's tomorrow(イエスタデイズ トゥモロウ)」。ルミネエストの地下1階にお店を構えています。黄色に染まった店内には、子どもの頃に食べたあんなお菓子や地方限定のお菓子などを集めた夢のような空間が広がっています。店名は「昔描いた未来」を表しているんだとか。
キッチンもあり、出来立てのお菓子を楽しむこともできるんです。季節によってメニューが変わるので、来店の際には事前にメニューをチェックしていくことをオススメします。店内の黄色い壁には、あま〜い格言がたくさん書いてあるのでそちらも探してみてくださいね。

詳細情報

④【緑】コクリコクレープ/鎌倉

つづいてご紹介するのは「コクリコクレープ」。小町通りの中にあり、JR鎌倉駅から徒歩6分です。大人気のお店なので行列ができることも。2018年に改装オープンし、店内は明るく開放感のある印象です。外観から内観まですべて緑で染まった店内は、ノスタルジックで落ち着く色合い。
お店の1番人気メニューは「レモンシュガー」。クレープにシュガーと手絞りレモン果汁をトッピングしたシンプルなメニュー。優しい甘さで素朴な味わいが、心と体を満たしてくれます。目の前で焼き上げられる光景を見るのも楽しめるポイントの1つです。

詳細情報

神奈川県鎌倉市雪ノ下1-6-4

3.91 3899

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑤【青】LAITIER(レティエ)/千駄ヶ谷

次にご紹介するのは、「LAITIER(レティエ)」。駅と駅の間にお店があるため、複数の駅から徒歩で行くことができます。JR総武線千駄ヶ谷駅、都営大江戸線国立競技場駅A4出口、東京メトロ副都心線北参道駅A1出口からそれぞれ徒歩5分です。鮮やかな青い外観が印象的でお店に到着した時には、思わず笑みがこぼれます。
ガレットなどのフードメニューや、コーヒーなどのドリンクメニューもありますが、特に人気なのはソフトクリーム。全国トップクラスのこだわりの牛乳をたっぷり使用し砂糖は控えめなので、体に優しく牛乳そのものの甘さを感じることができます。写真左の「ハチミツと3種のナッツのミルクソフト」は人気ナンバーワンメニュー。

詳細情報

⑥【白】CANVAS TOKYO(キャンバストウキョウ)/広尾

次にご紹介するのは「CANVAS TOKYO(キャンバストウキョウ)」。東京メトロ広尾駅から徒歩4分です。白を基調とした外観・内観は洗練された広尾のイメージにぴったり。そして、店名通り真っ白なキャンバスを想像させます。公式インスタグラムにはオシャレな写真がたくさんアップされています。
麻布十番のドーナツショップ「nicoドーナツ」のドーナツを、ドリンクと一緒にいただくことができます。大豆ペーストを使ったヘルシーなドーナツは、脂っこくなく何個でも食べられそうなおいしさ。ぜひ、オシャレなドリンク片手に、ほっと一息ついてください。

詳細情報

東京都渋谷区広尾5-19-6

4.12 19253

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑦【黒】BOOK AND BED TOKYO(ブックアンドベッドトウキョウ)/新宿

最後にご紹介するのは「BOOK AND BED TOKYO(ブックアンドベッドトウキョウ)」。JR新宿駅東口から徒歩6分、西武新宿駅南口から徒歩1分です。「泊まれる本屋®︎」がコンセプトのホテルで、新宿の他にも池袋や浅草にもあります。新宿館のみカフェが併設されており、ホテルに泊まらなくても利用することができます。お会計の際に現金が使えないので、カードや電子マネーなどをお忘れなく。
カフェでは、黒をコンセプトにしたメニューの数々を楽しめるんです。フードメニューは、黒いパンでサンドした「ハム&チーズサンドイッチ」や黒いトーストの上にトッピングが乗った「アボカドトースト」「ベーコントマトトースト」などのお食事系から、ドーナツなどのスイーツ系まで様々。もちろんドリンクまで真っ黒です。

詳細情報

東京都新宿区歌舞伎町1-27-5 歌舞伎町APMビル8階

3.86 14207

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

今日は何色にする?

※画像はイメージです。

いかがでしたか?今回は、東京近郊の色が主役のカフェを7つご紹介しました。テーマカラー別にお店を見ていくのも、新しい視点で面白いですよね。ぜひ、他の色も探してみてくださいね。(※掲載されている情報は2018年10月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

stay_hungryラブ東京

このまとめ記事に関して報告する