• はてぶ
  • あとで
モノ作りを学ぼう!愛知県「産業技術記念館」でしたい5つのこと

「トヨタ産業技術記念館」は愛知県名古屋市に位置しています。自動車で有名なトヨタの歴史的遺産を見る事ができ、モノづくりの楽しさを教えてくれる場所です。今回はそんな「トヨタ産業技術記念館」でしたい5つの事をお伝え致します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

トヨタ産業技術記念館とは

トヨタ産業技術記念館は愛知県名古屋市にあります。名古屋駅から車で約5分の場所にあり、アクセス抜群です。トヨタ自動車の創設者の豊田佐吉が研究開発のために創設した試験工場、を再利用して作られた施設です。車の仕組みの他に、蒸気機関車などの仕組みの展示や、モノ作りの基本を学ぶことができます。今回はそんな「トヨタ産業記念館でしたい5つのこと」を紹介いたします。

①トヨタグループ発祥を知る

施設の入り口をくぐると、まず明るくて大きなロビーがお出迎えしてくれます。こちらのロビーの真ん中には豊田佐吉が発明した「環状繊機」が展示されています。またすぐ隣にはトヨタグループの発祥の地「旧豊田紡織本社工場」の模型が展示されています。今では世界的な大企業になったトヨタですが、始まりであるこちらの工場で幾人もの人たちがいのちをかけて、新しいことを生み出そうと努力を重ねて研究していたのでしょう。そんなことを想像させられる展示になっています。

②レトロな車と一緒に写真を撮る

やっぱりトヨタと言えば自動車ですよね。こちらでは繊維機械から自動車へモノ作りをシフトチェンジしていった歴史や車づくりについて学ぶことができます。繊維機械で成功した豊田佐吉の理念を受け継いだ長男の豊田喜一郎(トヨタ自動車創業者)は、その時代では誰も実現させておらず無謀だと思われていた「日本人による国産の車作り」を実現させようと努力していました。豊田喜一郎がどのようにして、国産自動車を作ることに成功したのか軌跡をたどることができます。レトロな自動車もたくさん展示されていて、見どころ盛りだくさんです。

③週末ワークショップに参加する

週末には子供から大人まで参加できるワークショップも開催されています。自動車に関するものだけではなく過去にはリニアモーターを作ったり、万華鏡を作ったり、いろいろなモノづくり体験ができるんです。事前に公式ページから申し込む必要があるので、参加したい場合はチェックしてみて下さい!多数応募があったときには抽選になってしまうほど人気のイベントなので早めに確認することをおすすめしますよ。

④テクノランドでモノづくりの楽しさを体験する

ここまでは少し難しく大人向けの展示のご紹介でしたが、テクノランドは子供たちが目の色を変えて学べるエリアです。こちらは繊維機械や自動車に使われている原理やしくみを取り入れたオリジナルの遊具が揃っていて、モノ作りの楽しさを体感できる工夫がなされています。特にお子様におすすめなのが床に映ったコース上を運転することにより、自動車の基本動作を体感できる「テクノサーキット」です。遊園地のアトラクション感覚で楽しめると大人気です。こちらは身長120㎝以上の方が体験できます。

⑤ミュージアムショップでお土産を買う

広い館内でたくさんモノつくりを学んだあとは、ミュージアムショップでお土産を買いましょう。こちらのショップでは繊維機械にまつわる商品や自動車関連グッズなど幅広く取り揃えられています。中でもおすすめは繊維機械館で動体展示中の織機で織られた生地を使用して作られたトートバックです。チェック柄やデニム生地など種類も豊富です。他にもこちらのショップでしか買えないオリジナル商品が多数取り揃えられていますので、ぜひお気に入りを見つけて帰って下さいね。

いかがでしたか

いかがでしたでしょうか。トヨタと言えば、押しも押されもせぬ日本の大企業ですよね。意外にもトヨタの起源は機織りにありました。しかし、モノ作りへの理念はぶれておらず、機織りから自動車作りへ移行しても数々の努力があったことが、トヨタ産業技術記念館を訪れると分かりました。みなさんもぜひモノ作りを体感しに行ってはいかがでしょうか。今回はトヨタ産業技術記念館でしたい5つの事をお伝えしました。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する