• はてぶ
  • あとで
圧巻!世界最長のつり橋「明石海峡大橋」でしたい5つのこと

明石海峡大橋は、兵庫県の本州と、淡路島にをつなく橋です。つり橋にしては世界最長の長さをほこっており、世界的にも非常に有名です!淡路島や四国に行くまでに必ず通るこの橋は、景色も非常に美しいのでドライブにもおすすめです。是非訪れてみてはいかがでしょうか?(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

明石海峡大橋とは?

明石海峡大橋は、兵庫県神戸市と淡路島の間に架かる、橋の長さは3,911mと世界最大で、中央支間長は1,991mです。明石海峡大橋は、本州と四国を繋ぐ本州四国連絡架橋事業として建設をされ始めました。この工事は1988年5月にスタートしておよそ10年もの歳月をかけて完成されました。今回はそんな明石海峡大橋とその周辺を楽しむための5つのポイントをご紹介したいと思います。

➀明石海峡大橋ブリッジワールドでツアー体験する

明石海峡大橋ブリッジワールドは、明石海峡大橋にまつわる施設になっています。この施設には、橋の建設に関わった人が橋の建設や技術、歴史などを紹介してくれるので明石海峡大橋について深く学ぶことができます。このツアーは、300mの主塔に上ることができ、その景色あ非常に美しくスリル満点です!橋の上に登ることのできるツアーはオーストラリアのシドニーにある橋と明石海峡大橋ブリッジワールドのみと、非常に珍しいツアーになっていますので是非訪れてみてはいかがでしょうか?開催日程は公式ホームページで確認してみて下さいね。

②ドライブで美しい景色を楽しむ

明石海峡大橋は、神戸市と淡路島を結び橋になっていて、橋をわたるととても美しい景色を楽しむことができます。特に晴れた日にはキラキラした海がとても美しくドライブには最適なコースです。また道路から見上げる橋の支柱は圧巻の大きさ。明石海峡大橋を楽しむのであれば、やはり本物の明石海峡大橋を渡るのが1番ですよね。是非ドライブコースにおすすめです!安全運転でドライブを楽しんで下さい。

③舞子公園で歴史的建築物を見学する

JRの舞子駅から、明石海峡大橋の方へ出ると、とても大きな公園があり、明石海峡大橋を見ることができます。兵庫県内でも非常に美しい公園として知られており、景勝地で初めての県立都市公園として開園しました。公園内は非常に広大で、旧木下家住宅や旧武藤山治邸、モニュメント、記念碑などもあり、見どころ満載です。明石海峡大橋を見ながら、ウォーキングやピクニック、釣りなども楽しむことができるので是非おすすめです!

詳細情報

④展望レストランで絶景と地元食材を堪能する

舞子海上プロムナードは、回遊式遊歩道となっており、海面からの高さは何と約47m、陸地からの距離は約150m、延長約317mとなる非常に巨大な遊歩道です。明石海峡大橋を楽しみながら、散歩などを楽しむことができるおすすめのスポットとなっています。ここの8階にある展望ラウンジの海上レストラン「Tom's Cafe トムズカフェ」ではきれいな景色を一望しながら明石の名物グルメをいただくことができるんですよ。ドライブや散策の休憩に持ってこいですよね。

詳細情報

⑤淡路島のサービスエリアでお土産を買う

明石海峡大橋を渡って淡路島に入ったなら、すぐ近くにある淡路島サービスエリアにある「淡路島ハイウェイオアシス」へ行きましょう!このハイウェイオアシスには、淡路島の名産品が販売されているほか、新鮮な海鮮料理をいただくこともできます。淡路名産の玉ねぎを使用した料理などもあるので淡路島を楽しみたい方にもおすすめです!

詳細情報

いかがでしたか?

いかがでしょうか?明石海峡大橋は世界一長いつり橋として知られており、非常に有名です。明石海峡大橋の楽しみ方は神戸市側からや淡路島側からも、様々な方法で楽しむことができます。是非週末のお出かけに世界一のつり橋明石海峡大橋をわたってドライブなどはいかがでしょうか?

詳細情報

兵庫県神戸市垂水区東舞子町明石海峡大橋

4.11 63575

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する