• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
親子で1日楽しんじゃおう!愛知「モンキーパーク」でしたいこと7選

今回ご紹介するのは、愛知県犬山市にある「日本モンキーパーク」。モンキーパークってことはサルの動物園?と思いきや、実はモンキーパークは家族みんなで楽しめる遊園地なんです。アトラクションに乗ったり、綺麗な景色を眺めたり、夏場はプールで思う存分に泳いだり、写真をたくさん撮ったりと、きっと大人になってもよみがえる家族との思い出に出てくる場所になるのではないでしょうか。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

このまとめ記事の目次

日本モンキーパークとは?

愛知県・犬山駅より路線バス(日本モンキーパーク行き)で約5分。日本モンキーパークは、小さなお子様(保護者同伴なら1歳からOK)から大人が楽しめる絶叫マシーンまで、ファミリーで楽しめる約30種類以上の乗り物があるテーマパークです。オリジナルキャラクターのモンパ君とモンピーちゃんや、季節ごとに異なるイベント、夏限定のプール「モンプル」も見所です。今回は、そんなモンキーパークでしたいこと7選をご紹介します。

①限定イベントに参加する

催事館では、子供達が好きなキャラクターにまつわるイベントなどを期間限定で催しています。大好きなキャラクターたちと写真を取れるゾーンから、デジタルコンテンツで遊べるゾーン、ゲームゾーンなど、催事館の中だけでもたくさん遊べる内容になっています。
催事館ではイベント限定のキャラクターグッズが多く扱われています。キーホルダー・コップ・ハンカチなど、子供達の毎日の生活で使えるものばかりです。また、イベントのテーマキャラクター以外のキャラクターの観覧無料のショーなどが行われている日も多いので、モンキーパークに行く前にはぜひホームページで確認してみてください。

②若い太陽の塔から景色を眺める

太陽の塔といえば、1970年に大阪で開催された日本万国博覧会の展示のひとつとして、世界の巨匠である岡本太郎氏が建築したものが有名ですが、その1年前に岡本氏が製作した若い太陽の塔がモンキーパークにはあるんです。高さは26mにおよび、展望台は7mの高さにあります。展望台からは、木曽川や濃尾平野などを眺めることができます。
一時は老朽化により立ち入り禁止にもなっていた若い太陽の塔ですが、2011年にリニューアルオープンしました。山道を少し登っていくと、若い太陽の塔にたどり着けます。塔の横には、岡本太郎氏のこの塔のテーマが書かれており、それによれば若い太陽は生命の象徴で、その周りを彩る赤、青、緑の3色は濃い青春の彩りを示しているそうです。

③アトラクションで遊び尽くす

アトラクションが豊富なモンキーパークは、ファミリーみんなで楽しめちゃうのが魅力。水の中にまっさかさまに落ちていくキャニオンスプラッシュや、山の中をかけ抜けるハイウェイコースターなど大人も大満足なスリリングな乗り物もあれば、小型飛行機を自分で操作できるサーカスパイロットや人気キャラクターのコーヒーカップでぐるぐる回るストロベリーカフェは、お子さんも怖がらずに楽しめるアトラクションです。
ゴーカートは小学生以上のお子様から、メリーゴーランドは3歳以上のお子様など、年齢制限のあるアトラクションもありますが、保護者同伴なら1歳からでも乗ることができるアトラクションも数多くあります。ホームページでは、年齢と身長をいれて、事前にどの乗り物に乗れるのかチェックすることもできるので、心配な方はあらかじめご確認ください。

④くまさんのカステラで小腹を満たす

モンキーパークにはインスタ映え必至の可愛いくまさんのカステラがあるんです。一口サイズのくまさんのカステラはプレーン味とココア味があり、8個入りか15個入りで売っています。一口サイズがちょうど食べやすくて、ついつい手が進んじゃいますよね。夕方は並ぶこともあるので、お昼に買いに行くのがおすすめの時間です。人気のくまさん、売り切れ次第閉店なので、そうなる前に足を運んでみてくださいね。
夏季には、くまさん付きのかき氷やアイスクリームもあるので、そちらも見逃せません!小腹が空いた時や疲れた時に、くまさんのカステラを食べてちょっと休憩しましょう。またパーク内には、レストランにカフェ、フードコートなどもあるので、お昼ご飯や夜ご飯の心配をすることもありません。

⑤夏は水の楽園「モンプル」へGO

モンキーパークで有名なのが、夏季限定の「水の楽園 モンプル」。毎年7月から9月までオープンしています。友達同士・カップル・ファミリー、みんなで楽しめるプールです。1周190mの流れるプールで泳いだり、全長80m・高さ15mのウォータースライダーをすべったり、巨大バケツから落ちる1tの水を思いっきり浴びたりと、わくわくがとまらない夏の遊びをすることができます!ウォータースライダーに関しては、2歳以上のお子様から遊べる幼児用の4連スライダーなどもあります。
子供を連れてきたけど、日焼けしたくないというお母様方たちのための日陰スペースもしっかり確保されています。ゆっくり1日中プールですごしたい方は、クーラーボックス1個・サマーベット1台・専用テーブル1台・プールエリアで利用できる金券が付いてくる屋根付きエリアのグリーンシートの予約をおすすめします。レンタルパラソルの貸し出しもあるので、休憩スペースをしっかり確保したい方はそちらもおすすめです。

⑥観覧車でフォトジェニックな写真を撮る

モンキーパークの大観覧車は、高さが55m、1周12分のとても大きい観覧車なんです。観覧車からは、パーク内がすべて見渡せるだけでなく、木曽川、周りの山々、そして晴れている日には犬山城、岐阜城などのお城まで眺めることができます。頂上に到達し、名古屋方面まで見えるポイントこそ、絶景の写真スポットです。綺麗な景色をカメラに残しましょう!
お子様たちとはしゃいで疲れてしまった時の良い休憩場所にもなります。夏場はクーラーもかかっているので、涼むこともできます。大観覧車は、青空や夕日の景色との相性もばっちりで、観覧車を被写体にすればとてもフォトジェニックな写真が撮れるはずです。その前で、家族写真を撮るのも良いかもしれませんね。

⑦モンキーセンターでお猿さんと遊ぶ

モンキーパークの隣にあるモンキーセンターには約60種900頭のサルの仲間が飼育展示されており、世界中から集められたサルに会うことができます。サルだけの動物園なんて、めずらしいですよね。入り口を入ってすぐのビジターセンターには、サルの剥製が見られたり、進化の過程などを学ぶことができます。
モンキーセンターでは常時、様々なイベントが開催されています。飼育員さんのお仕事体験や、飼育員さんと一緒にサルにあげるエサ作り、カヌーに乗ってのサル観察、飼育員さんによるガイドと、内容はさまざま。全て先着順となっており、受付は当日ビジターセンターでのものがほとんどなので、参加したい方はぜひ早めに行ってみてください。

詳細情報

  • 愛知県犬山市犬山官林26
  • 0568612327

いかがでしたか?

なかなか小さなお子さんがいると、遊園地は行きにくいイメージがありますが、モンキーパークならそんな心配はせずに、1日中ファミリーで楽しむことができます!時間があればお隣のモンキーセンターにも寄って、サルとも遊んでみてください。ぜひ愛知方面でのおでかけの際は、モンキーパークに足を運んでみてくださいね。

詳細情報

eparkMamakoeで見る
  • 愛知県犬山市犬山官林26
  • 0568610870

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する