• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
動物を見られるだけじゃない!「王子動物園」をより楽しむ7つの方法

神戸にある「王子動物園」では、パンダを代表とする可愛い動物たちが約130種、あなたが来るのを待っています。でも、王子動物園の魅力は動物たちだけじゃなく、資料館、遊園地、異人館と、見所が盛りだくさんなところなんです。今回は、そんな王子動物園をより楽しめる7つの方法をご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

このまとめ記事の目次

王子動物園って?

兵庫県神戸市、阪急・王子公園駅より徒歩約3分。王子動物園は、パンダもコアラもいる魅力たっぷりの動物園なのですが、動物科学資料館や遊園地、異人館などもあり、動物以外にも見るところがいっぱいあるんです。家族と!恋人と!友達と!一緒に見て回って思い出を作りましょう。

1. 食事中の動物たちを訪問する

王子動物園では、動物たちの1日の食事の時間が公開されており、その時間にケージの前に行けば、動物たちがご飯を食べてる可愛い姿を見ることができるんです。ホームページにそれぞれのスケジュールが書いているのですが、パンダはなんと1日4回もご飯の時間があるので、見られるチャンスがいっぱいです!
パンダに続いて、食事タイムが多いのがゾウであり、1日3回食事タイムがあります。食事以外にもゾウは、毎日の飼育員さんとのトレーニングタイムも公開されています。飼育員さんの合図に合わせて、大きな体を動かしたり、あの長い鼻や足をあげるトレーニングは見物です。開催時間は変更される可能性もあるので、お出かけ前にご確認することをおすすめします。

2. 動物園らしい!動物モチーフのグルメを食べる

少しお腹が空いてきたら「レストラン パオパオ」で、パンダ豚まんを食べましょう。女性なら、絶対食べる前に写真を撮りたくなっちゃう可愛さです。インスタ映えはここで狙いましょう!レストランパオパオは、ゾウの広場の横に位置しており、ゆっくりゾウを見ながら休憩できるおすすめスポットとなります。
パンダ豚まん以外にも、パンダラーメン、コアラカレーなどのメニューもあります。何人かで行ったなら、それぞれ別の動物モチーフのメニューを頼んでみるのがおすすめです。レストランパオパオ以外にも、「カレー&カフェ カレー王子」というお店もあり、そこでは王子動物園オリジナルの本格派カレーをいただくことができます。カフェ利用で休憩することもできますよ。

3. オリジナルグッズやアニマルグッズをゲットする

動物園の出入り口ゲートのところとに、ショップ「パンダプラザ・こどもプラザ」があります。王子動物園のオリジナルグッズから、さまざまなアニマルグッズ、パンダグッズが販売されています。動物園にきた思い出として自分用に何かゲットしたり、お友達用にお土産を買うのもここで決まり!動物たちのふわふわのぬいぐるみは触り心地も抜群で、つい持って帰りたくなっちゃいます。きっと自分の好きな動物のグッズがあるはずです。また、遊園地にもおみやげショップがあるので、そちらもチェックしてみてください。

4. 動物科学資料館で動物の不思議を解く

王子動物園には、資料館もあります。常設展示室では、動物とその環境・社会・心と体という大きく3つのテーマに分けて紹介されています。動物たちの暮らしぶりがわかるリアルな模型や、食べ物、生きていく上での知恵、骨格の比較など、本物の動物たちを見ただけでは分からなかった、学問的な面で動物について学ぶことができます。
常設展示室に加え、特別展示室もあり、期間限定で特別なイベントを行っています。動物や自然についての楽しい展示や、企画が催される場となっています。過去には、「みんな大好きジャイアントパンダ」と称する企画展などが行われました。その時々でプログラムが異なるので、詳しくはホームページをご確認ください。

5. 毎月異なるイベントに参加する

王子動物園では、毎月様々なイベントが開催されています。中でも人気なのが、毎年4月に開催される「夜桜通り抜け」です。園内にある約480本ものソメイヨシノは、夜になるとライトアップされるのですが、これがロマンチックで綺麗なんです。お昼に見る桜とは、一味違う夜桜をぜひ見に行ってみては?
5月は羊の毛剃り、8月はトワイライトZOO(通常より2時間開園時間が伸び、涼しくなり活動的になった動物が見れます。)、10月はハロウィンZOO(動物たちにかぼちゃをプレゼントします。)、12月はクリスマスZOOコンサートなど、1年を通してイベントがあるので、動物園に行く前に今月のイベントは何なのかチェックしてみてください。

6. 遊園地でも遊んでみる

王子動物園の中には、遊園地もあるんです!16個ものアトラクションと室内遊技場が用意されています。小さなお子さんでも、一部年齢制限があるアトラクションもありますが、ほとんどは保護者の付き添いがあれば乗れます。疲れた時には、観覧車にのって少し休憩しましょう。
乗り物に乗る前に、券売機か案内所で先に回数券を購入します。1つのアトラクションに乗るたびにチケットを買うよりも、先に回数券を購入していた方がお買い得です。アトラクションはお子様向けのものが多いのですが、たまには子どもに戻った気分でメリーゴーランドにのってみるのも楽しいものですよ。

7. 美しい異人館で綺麗な写真をとる

王子動物園の端っこにある、旧ハンター住宅は、神戸の異人館の中でも最大規模の美しいお屋敷です。もともと明治22年頃にドイツ人のA・グレッピー氏という方が作ったものを、のちに英国人のエドワード・ハンター氏が買い取り、今の外観に改造し仕上げたと言われています。
外観から内部の細部までこだわられた装飾が、とても美しく、当時の裕福な外国人の生活が垣間見れるような気がしますよね。まるでヨーロッパのお家にお邪魔しているような写真が撮れますよ。年度によって異人館の公開スケジュールが変わるので、中まで見学したい場合は、あらかじめホームページを確認してください。

いかがでしたか?

動物園なのに、資料館も遊園地も異人館もあるなんて、大満足な休日が過ごせる予感がしませんか?ぜひ、次のお出かけの際には王子動物園でお子さんと一緒に、彼女・彼氏と一緒に、親友と一緒に、動物を見ながらのんびりとした1日をお過ごしください。

詳細情報

eparkMamakoeで見る
  • 兵庫県神戸市灘区王子町3-1
  • 078-861-5624

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する