• はてぶ
  • あとで
知られざる東北の魅力!宮城県の「季節別」絶景スポット7選

東北の中心地である宮城県。仙台や牛タンは有名だけど、絶景スポットってあるの?もちろんあります!桜、七夕、紅葉、樹氷など、四季折々の圧巻の絶景スポットがありました。今回はそんな絶景を春夏秋冬順にご紹介していきます!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【春】

①一目千本桜(ひとめせんぼんざくら)/大河原町

最初に紹介する絶景はこちら。宮城県南部・柴田町から大河原町にかけて約1200本もの桜が咲き乱れる「一目千本桜(ひとめせんぼんざくら)」です。白石川と宮城ならではの景色である蔵王連峰(ざおうれんぽう)を一度に望むことができるスポットです。
白石川に沿って続く桜並木は全長8kmにも及び、水面に反射するその眺めはまさに春の絶景。また、花見シーズン限定運航のお花見屋形船に乗るのもおすすめです。船上から流れるように見る桜もとても美しく、ゆったりと楽しめます。さらに夜には夜桜ライトアップも行われ、昼間とは違った景色を見ることができます!

【夏】

②御釜(おかま)/蔵王町

続いては夏。1つ目の絶景スポットは宮城県と山形県にまたがる蔵王(ざおう)連峰で見られる「御釜(おかま)」です。中心に見えるのは火山噴火によって造られた火口湖で、その釜のような形から「御釜」と名付けられたそうです。11月~4月の冬季は、雪で道路が通行止めになるため、夏におすすめしたいスポットです。
エメラルドグリーンの湖面とその神秘的な形はまさに絵画のような絶景です。この景色を見ようと多くの観光客や登山家が訪れます。また、蔵王連峰の最も標高の高いエリアにあるため真夏でも涼しく、上着を一着準備していくことをおすすめします。御釜へと続く道路もドライブにはもってこいのコースですよ!

③仙台七夕まつり/仙台市

夏の絶景スポット2つ目はこちらの「仙台七夕まつり」です。東北三大祭りの一つにも数えられるこちらの祭りでは、色とりどり美しい飾りが仙台市街を埋め尽くします。毎年8月6日~8日に開催され、全国から多くの観光客が訪れます。綺麗に彩られる笹飾りは、なんと全て職人による手作り!色鮮やかな和紙が使われているそうです。
七夕は7月7日なのになんで8月?と思った方も多いのではないでしょうか?仙台七夕まつりは江戸時代から続く伝統的な祭りで、旧暦の7月7日の行事とされています。新暦では旧暦と約1〜2ヶ月程の差があるため、日本の年中行事は1ヶ月遅らせた「中暦」というものを用いるようになったそうです。なんとなくわかっていただけたでしょうか?この時期に宮城県に訪れた際には是非立ち寄ってみて下さい!

【秋】

④松島/松島町

続いては秋。ご紹介するのは押しも押されぬ日本三景に数えられる「松島」です。260余りの島々が浮かぶこの地はあの松尾芭蕉が訪れた地としても知られています。自然が創り出した美しい景観は圧巻の一言で、宮城観光で絶対に訪れるべきスポットです。

円通院(えんつういん)

松島を秋におすすめする理由の1つがこちらの「円通院(えんつういん)」です。こちらは松島を代表する紅葉の名所として知られ、11月中旬~下旬頃になると真っ赤に染まった紅葉が日本庭園を覆います。特におすすめなのが夜のライトアップ。柔らかい光のライトが木々を照らし出す光景はまさに絶景です!

⑤鳴子峡(なるこきょう)/大崎市

宮城県の秋の絶景スポット2つ目は「鳴子峡(なるこきょう)」です。宮城県有数の温泉地である「鳴子温泉郷(なるこおんせんきょう)」で見られる絶景スポットとして人気の名所で、国内では比較的早い10月中旬〜11月上旬頃に時期に見頃を迎えます。
深さ100メートルにもおよぶ渓谷はその地を流れる大谷川(おおやがわ)によって削られたとされており、カラフルな木々がその断崖絶壁を染め上げます。中心に架かる鉄橋との対比も美しく、思わず写真を撮りたくなるスポットですね。

【冬】

⑥蔵王 樹氷(ざおう じゅひょう)

続いては冬の絶景スポット。1つ目は「蔵王 樹氷(ざおう じゅひょう)」です。先程ご紹介した「御釜」と合わせて知っておきたい蔵王の絶景スポットで、蔵王の冬の風物詩とされています。氷点以下に冷却した濃霧が針葉樹の枝や葉にぶつかって凍り、これを繰り返すことで写真のような絶景が生まれるそうです。
さらに夜になると樹氷のライトアップが開催されるんです!日中の白銀の世界も美しいですが、ナイトクルーザー号と呼ばれるロープウェイに乗って美しく照らされた樹氷を間近で見ることができます。日本とは思えないような幻想的な景色を見ることができますよ!

⑦SENDAI光のページェント/仙台市

最後にご紹介する絶景スポットは、「SENDAI(仙台)光のページェント」です。毎年冬になると仙台市中心部の定禅寺(じょうぜんじ)通と青葉通に並ぶケヤキ並木にLEDライトが取り付けられ、光の回廊を創り出します。
カラフルなイルミネーションも良いですが、黄色一色に輝くイルミネーションは洗練された美しさを感じます。さらにイルミネーション初日に行われる点灯式では、ゴスペルの歌声と共にケヤキ並木が一斉に輝き出す感動の瞬間を体験できます!

いかがでしたか?

いかかでしたでしょうか?宮城県では四季折々で変化する様々な絶景が楽しめます。気に入ったものがあれば是非足を運んでみて下さい!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Daipyon絶景・フォトスポット

このまとめ記事に関して報告する