• はてぶ
  • あとで
沖縄の超穴場ビーチ!絶景を独り占めできる"ペー島"が最高すぎる

沖縄・波照間島といえば"ニシ島"が有名ですよね。そんなニシ島とつながっているのにあまり知られていない超穴場ビーチ"ペー島"って知っていますか?ニシ島とつながっているにも関わらず知らない人が多く、ニシ島が混雑しているときでもペー島には1人も観光客がいないなんて日もあるんです!次の連休に絶景ビーチをのんびり独り占めできるペー島に行かれるのはいかがですか?

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

日本最南端の有人島”波照間島”

沖縄県の八重山諸島にある日本最南端の有人島、「波照間島」。
"ハテルマブルー"と言われるほど海の色がとても綺麗な離島で、 さとうきび畑や自然のままのビーチ、昔ながらの家並みなどを見ながらのんびりと過ごすのに最適な島です。

一番人気のビーチは「ニシ浜」

真っ白でサラサラな砂、透明すぎるキラキラした海は素足で歩くととても気持ちがよく、珊瑚やハマクマノミなどの海の生き物をみることもできちゃいます!しかしニシ浜は既に有名なので休日には団体客も訪れたりと混雑している日も。

ニシ浜もいいけど穴場"ペー浜"はもっといい!

実はニシ浜と繋がっている穴場ビーチ、"ペー浜"。
案内が全くないので探しにくいですがハマシタン群落を目指して行くとわかりやすいです。シャワーやお手洗いなどの施設がなにもないですが、その分人も少ないので、広大なビーチを"ひとり占め"できちゃいます!
ペー浜はニシ浜とつながっているのでもちろんニシ浜と海も砂浜も同レベルの奇麗さ!
せっかく波照間島まで来たなら、のんびりビーチを独り占めできて、星砂探しもできるペー浜がおすすめです!

海だけじゃない波照間島の魅力

波照間島は、日本最南端の島なので人工の明かりが少なく、ジェット気流の影響もほとんど受けない為、降り注ぐほどの満天の星空、天の川を観ることができます。
島内にある星空観測タワーでは星空ガイドを聞かせてもらったり、望遠鏡で天体観測したりもできるので海で遊んだ後に訪れてみては?

普段の生活の疲れからリセットしてみない?

波の音と風の音しか聞こえない、穴場の静けの中で最高にのんびりできる波照間島の"ペー浜"。みているだけで日常の疲れも吹き飛びそうですね。シルバーウィークにぜひ行ってみてはいかがですか?

詳細情報

[波照間島までのアクセス]新石垣空港から車か路線バスで離島ターミナルへ行く(車で約20分、路線バスで約40分)。離島ターミナルから定期高速船に約60分乗り波照間港に行く。

[波照間島内の交通手段]路線バス、タクシーはなく、島内の移動はほとんどの場合レンタバイクかレンタサイクルになります。レンタカー/2軒ありますが、車両台数が少ないので事前に予約を入れた方が確実です。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

muto-zero写真を撮ることと食べることが好きです!

このまとめ記事に関して報告する