• はてぶ
  • あとで
【終了】【一部開催中止】ただ、歩きたくなる道がある。東山&嵐山で「京都・花灯路」開催

今年も「京都・花灯路」が開催されます。嵐山では2020年12月11日(金)~20日(日)まで、東山では2021年3月5日(金)~14日(日)までの期間で開催されますよ。(なお、情報は記事公開時点のものです。必ず事前に公式サイトなどをご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

「京都・花灯路」嵐山&東山で今年も開催

開催期間:【嵐山】2020年12月11日(金)~20日(日)【東山】2021年3月5日(金)~14日(日)

※画像は過去のものです。

※画像は過去のものです。

今年も「京都・花灯路」が開催されます。嵐山では2020年12月11日(金)~20日(日)まで、東山では2021年3月5日(金)~14日(日)までの期間で開催されますよ。※2021年3月5日(金)~14日(日)は新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となりました。

「京都・花灯路」とは

※画像はイメージです

※画像はイメージです

「京都・花灯路」は、世界的にも類いまれな個性を持つ京都の街をより魅力的にし、届けようと始まったイベント。京都を代表する寺院などの歴史的な街並みが行灯の灯りと花によって演出され、幻想的な夜が演出されます。
※画像は過去のものです。

※画像は過去のものです。

東山で始まった「京都・花灯路」は、嵐山でも開催されるようになりました。嵐山には、渡月橋や竹林の小径など、観光客に人気の高いスポットが多いですよね。そんな人気スポットも、この期間は灯りといけばな作品によって彩られます。※今年度は、竹林の小径のライトアップは行われません。

※画像はイメージです

東山では、灯りと花が、思わず歩きたくなる道を演出。京都の風情ある街並みにさらに幻想的な要素がプラスされ、ただ歩くだけでも素敵な時間を過ごすことができますよ。また、「灯りと花の路」沿いでは、いけばなの展示も行われるそう。

ただ歩きに、京都へ行きたい。

※画像は過去のものです。

「京都・花灯路」開催期間は、嵐山・東山にロームが灯す「灯りと花の路」が登場し、歩くだけで癒しや温かな気持ちをもらえる素敵な空間が広がります。ぜひ、大切な人と素敵な道を歩きに、京都へでかけてみてはいかがでしょうか。

詳細情報

■京都・嵐山花灯路-2020
開催期間:2020年12月11日(金)~20日(日)※雨天決行
開催時間:17:00~20:30
開催場所:嵯峨・嵐山地域(中之島公園から渡月橋を渡り、天竜寺周辺を通る嵯峨野散策路とその周辺の寺院・神社等)

■京都・東山花灯路-2021
開催期間:【東山】2021年3月5日(金)~14日(日)※雨天決行
開催時間:18:00~21:30
開催場所:東山地域(北は青蓮寺から円山公園、八坂神社を通って、南は清水寺まで東山散策路と周辺寺院、神社等)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する