• はてぶ
  • あとで
高いところから景色を堪能!「東山スカイタワー」でしたい5つのこと

愛知県名古屋市にある東山スカイタワーは、134mの高さがあります。4・5Fが展望台、7Fにはフランス料理やイタリア料理を美味しくいただける展望レストランがあります。名古屋城やテレビ塔・名古屋駅などをはじめ、名古屋の市街地や遠く御嶽山や鈴鹿山脈まで見渡せます。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

東山スカイタワーとは?

東山スカイタワーは、愛知県名古屋市にある東山公園にあります。東山動物園の隣にあり、共通入場券を使用することができます。この動物園はコアラの展示で大人気となった動物園です。また、東山スカイタワーは、高さは134mあり、名古屋市街や名古屋駅などが一望でき、よく晴れた日には御嶽山や鈴鹿山脈を望むことができます。東山スカイタワーでは、4階から景色を眺めたり、7階のレストランで食事をしたりと充実した時間を過ごせます。

①ゆるキャラグッズを買う

東山スカイタワーに上るには、まず1階のエントランスへ向かいます。ここには、東山スカイタワーのゆるキャラである、のっぴーの顔ハメパネルで写真を取るのが人気です。もし、キャラクターが気に入ったら、のっぴーのグッズも扱っています。また、無料の休憩所やキッズコーナーが充実しているので、ここでのんびり寛ぐこともできます。

②景色を堪能する

東山スカイタワーの4階と5階には、展望室があります。東山スカイタワーは、プロポーズがよく似合うスポットに送られる恋人の聖地に2015年に認定されていますが、そのモニュメントである恋の羅針盤が設定されていて、カップルで東山スカイタワーからの景色を堪能できるカップルシートの用意もされてます。5階からは、360度と堪能できる展望エリアがあり、どの方角からも景色を眺められるので人気です。また、夜の時間帯も周りに高い建物がないためにライトが美しく映えるので人気があります。

③東山スカイタワーで食事を楽しむ

東山スカイタワーの7階には、眺めが素晴らしいレストランSKYレストランがあり、ランチタイム、ティータイム、ディナータイムを過ごすことができます。手軽に楽しめるイタリアン料理から本格的なフレンチ料理まで用意されています。デイナータイムの夜景を楽しみながらのディナーはとても素晴らしいです。カップルやグループで景色をそれぞれのテーブルで独占できるようなテーブルの配置にも工夫が感じられて魅力があります。

④イベントに参加する

東山スカイタワーでは、1年間を通して様々なイベントが用意されています。毎年夏休みに好評なイベントなのは、「館長とタワー体験」です。東山スカイタワーの一般客が普段は立ち入ることができない場所へ案内してもらえます。その後に行われるクイズ大会も子どもたちに人気です。また、毎年10月1日には、全日本タワー協議会に加盟しているタワーでは、先着で記念品を配布しています。タワーを登るのにエレベーターを使わずに階段で登るというイベントも開催していますので、気になるイベントに参加してみてはいかがでしょうか。

⑤東山動物園で遊ぶ

東山スカイタワーの横にある東山動物園との入場券がセットになっているものを購入するとお得に遊ぶことができます。東山動物園では、ゾウの故郷であるスリランカの雰囲気を出した像舎の人気がありますし、動物園で不動の人気を誇るあるコアラ舎も人気です。ガラス張りの展示室からは、コアラが居眠りをしているところやユーカリの葉をムシャムシャ食べている姿を間近に観察することができます。東山動物園は開園以来のスタイルを変える取り組みをしています。既存の動物園のイメージを払拭する新しい動物園を訪れてみるのもお薦めです。

いかがでしたか?

東山スカイタワーは、東山動物園と一緒に訪れるのがおすすめです。1日遊ぶのにちょうど良いボリュームで、小さいお子さんのいる家族連れに良いお出かけコースとなります。また、東山スカイタワーは、恋人の聖地に認定されているので、デートスポットとしても人気です。展望室にあるペアシートや名古屋市街が一望できるレストランで、ゆっくりと景色や夜景を眺めながらいただく食事もいいものです。イベントなども多く開催される東山スカイタワーを訪れてみてはいかがでしょうか。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する