• はてぶ
  • あとで
新時代に感動を。令和でも残したい“日本のいとあはれなる絶景”11選

2019年無事「祝賀御礼の儀」も執り行われ、本格的に新時代を迎えた日本。“平成”という時代も幕を下ろし“令和”元年も半年が過ぎました。2020年には東京オリンピック・パラリンピックも控え、新しい建物が増えたり再開発が進んだりと、新時代の過程に胸躍りますよね。しかし、世の中が生まれ変わる一方で、日本には後世にも残していきたい美しい景色が山ほどあります。そこで今回は、令和でも残したい“いとあわれなる(とても感動的な)”絶景を11選ご紹介いたします。いつまでも心に留めておきたい絶景を見つけてください。(※なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【1】小樽運河 / 北海道

まず最初にご紹介するのは「小樽運河」です。こちらは、北海道小樽市を訪れたら、絶対に欠かすことのできない観光スポットです。大正12年に完成したこちらの運河は、あたりの古き良き街並みが、趣を感じさせてくれています。
夕暮れ時、そして夜に訪れると、辺りのガス灯がともり、倉庫群がライトアップされることで、ロマンティックな雰囲気が漂う「小樽運河」。明るい時間に訪れてみると、なんだかヨーロッパの運河のような、おしゃれで可愛らしい景色が広がります。

詳細情報

【2】円通院 / 宮城県

2つ目にご紹介するのは「円通院(えんつういん)」です。こちらのスポットは、宮城県の松島にある臨済宗妙心寺(りんざいしゅうみょうしんじ)派の寺院です。約350年前に造られたと言われている石庭は、夏の緑鮮やかな景色や、秋の紅葉にあふれた空間を演出してくれます。
日本の素晴らしい文化。それは、自然に逆らわず、むしろ自然に合わせて建物を作るところ。この「円通院」は、まさに自然に順応し、紅葉の美しさを最大限に引き出す、絶景を生み出します。

詳細情報

【3】ひがし茶屋街 / 石川県

3つ目にご紹介するのは「ひがし茶屋街」です。こちらは、石川県金沢市にある東山というエリアのことです。敷き詰められた石畳は、ほんのりとした灯を映し出し、日本でしか味わえない“風情”を感じさせてくれます。
“小京都”とも呼ばれるほど、所狭しとお店が並んでおり、美味しいご飯処も盛りだくさん。ひがし茶屋街ならではの雰囲気を味わうのなら、お昼ご飯を食べて、お買い物をして、少し疲れたら甘味を楽しむのがおすすめですよ。

詳細情報

【4】横谷渓谷 / 長野県

4つ目にご紹介するのは「横谷渓谷(よこやけいこく)」です。長野県にある奥蓼科温泉(おくたてしなおんせん)の清流が岩を削り、出来上がった渓谷です。どの季節に訪れても、それぞれの季節だからこその美しさを見せてくれます。
全長6kmにも及ぶ、渓流沿いの長い遊歩道は、この渓谷の魅力を感じるにはうってつけのスポット。轟音をあげて流れ落ちる滝の迫力は、思わず言葉を失ってしまうほどですよ。日本の滝の魅力が詰まった、圧巻の光景です。

詳細情報

長野県茅野市北山 横谷渓谷

3.35 224

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【5】奥多摩湖 / 東京都

5つ目にご紹介するのは、東京都を代表する絶景大自然スポット「奥多摩湖」です。正式名称は“小河内貯水池(おごうちちょすいち)”。見渡す限り一面に広がる湖は、静寂が漂いここが東京であることを忘れてしまいそうになるほどですよね。
秋には、屈指の紅葉スポットでもある「奥多摩湖」。青く美しい広大な湖は、人造湖とは思えないほど迫力と壮大さがあります。中でも人気のスポットが、名物のドラム缶橋。ハラハラしてしまうスポットですが、勇気を出して辺りを見回せば、湖のど真ん中に立っているような感覚を体験することができます。天候により渡れない場合もあるので注意してくださいね。

詳細情報

【6】獅子舞の谷 / 神奈川県

※2019年11月現在、倒木等により通行できない箇所が多く通行禁止となっていますのでご注意ください。
6つ目にご紹介するのは「獅子舞の谷」です。神奈川県鎌倉市にあるこちらの谷は、鎌倉駅から徒歩で約40分ほどで行くことができる、ハイキングコースです。緑あふれるトンネルを、自然いっぱい感じながら散策することができます。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

JALJAL結構似てるって言われる

このまとめ記事に関して報告する