• はてぶ
  • あとで
奥多摩の自然でレクリエーション!山のふるさと村でしたい5つのこと

「山のふるさと村」は、東京都立奥多摩湖畔公園とも呼ばれている、西多摩郡奥多摩町にある体験型自然公園です。34ヘクタール、東京ドーム換算で約7個分の敷地の中でキャンプを楽しんだり、木工や石細工、陶芸など様々なレクリエーションが楽しめる施設です。この記事ではそんな山のふるさと村の魅力をご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

山のふるさと村とは?

「山のふるさと村」は、「都民の健全なレクリエーション需要にこたえる」「奥多摩の豊かな自然を紹介し、関心を深める」ことを目的として1990年にオープンした体験型自然公園です。豊かな自然環境の中でキャンプやネイチャートレイル(散策)が楽しめるほか、木工、石細工、陶芸、工作、自然食などの教室が開催されたり、炊事棟があるのでバーベキューを楽しんだりすることができます。都内で本格的な自然体験ができる山のふるさと村について、この記事でご紹介します。

①奥多摩の自然を散策する

※イメージ画像です

山のふるさと村内、「ビジターセンター」では、自然体験プログラムが開催されています。ここでは、インタープリターと呼ばれる「自然解説員」が、奥多摩の自然についてや山のふるさと村の歴史を紹介しながらのガイドウォークを楽しむことができます。ただ歩くだけでは発見できなかった奥多摩の自然についての気づきや、知識の習得に役立つことでしょう。ガイドウォークはビジターセンターでの申込みが必要となり、おおむね30~60分程度の散策となります。

②自然の中でキャンプを楽しむ

山のふるさと村内にはキャンプサイト・ケビンサイトがあり、ここでは宿泊・デイキャンプやが楽しめます。キャンプサイトでは炊事場もあるため、バーベキューなども楽しめるほか、キャンプサイト宿泊者のための無料シャワー室、売店なども用意されているため、快適なキャンプとなることでしょう。また学習や合宿においては、併設された会議室や教室を利用することができます。レジャー・アクティビティとしても、また教育としても使いやすいスポットです。

③レストランで食事する

山のふるさと村内にある「レストランやませみ」では、温もりを感じる木質の内装と、奥多摩の清水で育てられた美味しい素材を使ったお料理が楽しめます。また奥多摩のヤマメフライ定食やオリジナルキーマカレー、自家製の手作りコロッケも人気です。デザートや軽食も用意されており、中でも珈琲については厳選された9種類の極上豆を深入りしたネルドリップの本格的な味わいが楽しめます。散策のあとの休憩や、自然を眺めながらの一杯は格別の味となることでしょう。

④クラフトセンターでモノづくりを体験する

クラフトセンターでは、奥多摩の自然を活かし、遊びながら様々な学びを得られる体験学習が行われています。木工や陶芸、石細工、自然食教室などが行われており、それぞれの教室ごとに専門の指導員がいるため、子どもや初心者でも安心して参加することができます。自然を感じるだけではなく、自らの手でモノやお料理を作る体験は、子どもにとっても貴重なものとなるでしょう。各教室は実施時間・受付時間が異なるため、教室参加を希望の場合には事前にクラフトセンターへ確認してから訪れるのがよいでしょう。

⑤自然情報や環境についてを学ぶ

※イメージ画像です

山のふるさと村では、キャンプについて、自然についてなど、山のふるさと村ビジターセンターと園内キャンプ場とが協力して、「宿泊イベント」を実施しています。これはいわば自然教室と呼ぶべきもので、キャンプ初心者や子どもも対象に、キャンプを体験しながら学ぶことができるイベントとなっています。内容はキャンプのみにとどまらず、自然について、カヌーや登山について、奥多摩の水源林についてなど幅広く学ぶことができるのが特徴です。

いかがでしたか?

※イメージ画像です

※イメージ画像です

東京都内にありながら、豊かな自然をもち、その自然に触れ、学ぶことができる奥多摩の「山のふるさと村」についてこの記事でご紹介しました。ただ自然を感じるだけではなく、実際に話を聞いたり、自然の中で夜を明かすことで、今まで気づけなかったことについても学びがあることは間違いないでしょう。親子でも、子どもだけでも、そして大人だけでも、大満足の自然体験となることでしょう。

詳細情報

東京都西多摩郡奥多摩町川野1740

3.45 221

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

奥多摩湖畔公園 ふるさとの村

休日のふとした時に、自然に触れたいと思うこともあるでしょう。 そんな時に足をはこばせたのが奥多摩でした。 ふるさとの村では、キャンプ、クラフトなどの自然を味わうことができます。 ふらっと立ち寄るだけでも、十分に大自然を味わえました! 山に囲まれながら広々した湖畔を座って眺めるなんて、休日ならではの過ごし方をしました。 またちょっとしたレストランもあるので、おなかを満たすのも、もってこいです。 ふるさと感が満載なビジターセンターには、自然の体験コーナーやクラフトグッズが並んでいました。 冬場には、薪ストーブがあり、ほっこり一休みなんてことも。 キッズコーナも完備されているのでお子さん連れにも良いと思います。 12月上旬に来訪したので紅葉は逃しましたが、穴場の紅葉スポットだと思います。 私が行ったときは、日曜でしたしたが、人通りが少なく、のんびり草原に寝ころんでも平気なくらいです。 いつの季節に行っても自然が待っているような素敵な場所でした。 東京から電車で2時間で最寄りの奥多摩駅に到着です。 奥多摩駅からはバスで小河内神社下車で徒歩40分。 土日休日には事前の申し込み制の無料送迎車がございます。 私は車の免許がないので歩きでしたが、道中山道で歩道もないので 車や送迎車をお勧めします。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する