• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
明太子好きには堪らない!「めんたいパークとこなめ」5つの楽しみ方

みなさんは愛知県の常滑市にある「めんたいパークとこなめ」をご存知ですか?名前を聞いただけでたくさん明太子が大好きな人が集まりそうですよね。こちらは明太子を食べるだけではなく、明太子について学んで遊ぶことができるミュージアムなのです。今回は明太子好きの筆者が、めんたいパークの5つの楽しみ方をご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

このまとめ記事の目次

「めんたいパーク」ってどんな場所?

「めんたいパークとこなめ」は、なんと中部地方で唯一の明太子に特化したテーマパーク。実はめんたいパークは愛知県の常滑(とこなめ)だけではなく、大阪や伊豆、そのほか全部合わせて全国に5箇所もあります。明太子を見て・食べて・学べる。まさに明太子大好きなめんたいっ子にはたまらない施設ですが、ファミリーやカップルなど、どんな人でも楽しめるのでいつもと違ったお出かけを考えている方にはぴったりのスポットと言えるでしょう。

1. 明太子の歴史や作り方を学ぶ

最初にご紹介する楽しみ方は、明太子の歴史や作り方を「明太子ミュージアム」で学ぶことです。普段食べている身近な明太子ですが、意外と明太子について深く知らないもの。こちらの明太子ミュージアムでは、まるで水族館に来たような不思議な空間が広がり、明太子についてあらゆる仕掛けを通して教えてくれます。
具体的には、明太子の原料である魚「スケソウダラ」の生態について知ることができます。展示された説明を読むだけではなく、ゲームや動画を用いて楽しく学ぶことができるので小さなお子さんも夢中になること間違いなしです。嬉しいことに入場は無料なので、ぜひとも足を運んでみてくださいね。

2. 明太子工場を見学する

次にご紹介する楽しみ方は、明太子に対する情熱を感じることができる明太子工場を見学することです。めんたいパークの運営元は明太子の老舗「かねふく」。こちらでは、かねふくの明太子作りにとても真剣に取り組んでおり、1つ1つの明太子を大切に扱っているそうです。そんな人たちの想いを間近で見学するのは、子どもたちにとってもプラスになることでしょう。
工場見学では、1番最初の下ごしらえから箱に詰めるとこまでの過程を全て見ることができます。日々当たり前のように食べている明太子ですが、こんなにも手間をかけて作られていることを知ると、これから明太子を食べるときに感謝の気持ちが出て来ますね。ぜひ、じっくり作業工程を観察してみてくださいね。

3. 明太子キャラクターと一緒に記念撮影する

次にご紹介する楽しみ方は、めんたいパークにしかいない明太子キャラクターと一緒に記念撮影をすることです。めんたいパークにはゆるキャラ的存在のタラコン博士とタラピヨがいます。とてもかわいいらしく、パーク内のありとあらゆる場所で出会うことができます。
そんなかわいいめんたいパークの顔、タラコン博士とタラピヨがどこにいるのか、お友達やお子さんと一緒に探しながら写真を撮るのも楽しいですよね。実は、めんたいパークの屋上に巨大なタラピヨがいるので見落とさずに...!

4. 明太子づくしなグルメを食べる

続いてご紹介する楽しみ方は、めんたいパークならではの明太子づくしなグルメを食べることです。明太子といえば、白いご飯と一緒に食べるというシンプルな食べ方をする人が多いはず。筆者もご飯と明太子が1番好きですが、施設内の試食コーナーとフードコーナーでは、ユニークな明太子グルメに出会えることができるので、ぜひ立ち寄ってみてください。
実は、誰もが驚く明太子のソフトクリームがあるのです。とても斬新で思わず試してみたくなってしまうメニューですよね。明太子の味が程よく調和されており、とてもクリーミーで意外とおいしいです。また、せんべいにソフトクリームをつけて食べると、さらにおいしくなります。明太子がたっぷり入ったおにぎりもおすすめです。新鮮な明太子をこんなにもたくさん食べられるのは幸せです...!

5. かねふくのできたて明太子を買う

次にご紹介する楽しみ方は、工場直売店でお土産を買うことです。めんたいパークでしか買えないフレッシュな「かねふく」の明太子が所狭しと陳列されており、その種類も豊富。味付けがそれぞれ異なる明太子やたらこをはじめ、イカ明太や明太ソーセージといったオリジナル商品も。どれを買おうか迷ってしまいますが、ご友人やご家族にお土産として購入したら喜ばれること間違いなしです。
どれにしようか迷ってしまった方は、明太子の試食ができるので実際に味わってから商品を買ってみましょう。直売店ならではの深みのある味を堪能してくださいね。試食は無料で提供されますが、食べ過ぎないように注意しましょう。

【おまけの周辺情報】りんくうビーチ

最後にご紹介するのは、おまけの周辺情報です。めんたいパークより徒歩5分の場所にあるとても綺麗な「りんくうビーチ」です。こちらのビーチは、白い砂浜と青い海のコントラストが美しいと有名です。たくさん遊んだ後、ゆったり過ごしたい方にぴったりなスポットですね。
りんくうビーチではバーベキューができたり、海水浴ができたり、夏にはたくさんのイベントがあったりと、老若男女問わずに多くの方が訪れる人気のビーチです。1日思いっきり明太子を味わった後は、景色を堪能しつつ運動がてらビーチを散歩してみるのもいいかもしれません。なお、バーベキューを利用される方は、公式HPにて事前予約が必要となります。

詳細情報

  • 愛知県常滑市りんくう町
  • 0569348888

明太子を思う存分満喫しよう!

いかがでしたか?めんたいパークの5つの楽しみ方とおまけの周辺情報、りんくうビーチをご紹介しました。明太子が好きな人はもちろん、明太子が少し苦手な人もできたての明太子を食べたら大好物になってしまうかもしれませんよ。ぜひ、足を運んで明太子の思い出を作ってくださいね。

詳細情報

  • 愛知県常滑市りんくう町1-25-4
  • 0569-35-9900

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する