• はてぶ
  • あとで
大阪観光の新名所へ行こう!「ハーベストの丘」でしたい7つのこと

みなさん、大阪府の観光名所といえば何を思い浮かべますか?大阪城や道頓堀、通天閣…など様々あると思います。しかし、大阪市内からでも気軽に行ける「ハーベストの丘」も、実はたくさんの魅力を持った施設なんです。そこで、今回はハーベストの丘の魅力を堪能するためにやりたい7つのことをご紹介いたします。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

ハーベストの丘とは?

2000年4月、大阪府堺市にオープンした「堺・緑のミュージアム ハーベストの丘(以下、ハーベストの丘に省略)」。四季折々の花が咲き乱れる広大な敷地の中に、様々なアトラクションや動物とのふれあいスポットなどを有した体験型の農業公園です。体験型ということでお子様はもちろんの事、大人の方も楽しめるスポットとなっています。

① 色とりどりのお花を鑑賞する

ハーベストの丘では、一年中を通して様々なお花を楽しむことができます。その中でも特に人気なのが、夏に見頃を迎えるひまわり。園内の約2万本のひまわりが同じ方向を向いて咲くその姿は見応えがあります。見頃の時期には「ひまわりフェスタ」を毎年行っており、摘み取り体験なども行うことができます。夏の思い出に一輪持ち帰ってみてはいかがですか。
秋の風物詩であるコスモスも人気です。園内にある約100万本の色とりどりのコスモスが秋の情緒を感じさせます。ピンク色のコスモスだけでなく、キバナコスモスというオレンジや黄色の小ぶりのコスモスの2種類を同時に鑑賞できるのもポイント。こちらも見頃の時期に「コスモスフェスタ」を行っています。開花状況によって開催期間も異なるため、事前のご確認を忘れずに。

② 動物たちとふれあう

園内にはヒツジ、ラマ、ヤギなど様々な動物と触れ合うことができます。こちらは「カピバラふれあいタイム」の風景です。カピバラファミリーの3頭が暮らしており、そのかわいらしい姿を間近で見たり、エサをあげたりすることができます。毎日2回、各30分ほど触れ合える時間が用意されているので、訪問前に開催時間の確認をおすすめします。
「牛の乳搾り」体験も人気です。なかなかうまく搾るにはコツが必要ですが、初めての方でもスタッフの方が優しく教えてくれるので安心です。こちらは先着50名となっており、当日に整理券を受け取る必要があるので注意してくださいね。これらの他にも、乗馬やうさぎのエサやりを体験できたり、シープドッグショーなどを見ることができます。この機会に動物との癒しの時間を楽しんでみてはいかがですか。

③ アスレチックで思いっきり体を動かす

2018年4月にオープンした空中アスレチック、「オラ!ウー!タン!」で思いっきり汗を流してみてはいかがですか?レベル別に3コース用意されており、約30種類ものアクティビティを体験することができます。なかでも中上級用のハイグラウンドコースは最高8mの高さで行うため、スリルいっぱい。バランス感覚とチャレンジ精神があれば、年齢問わず体験できるため、お子様やシニアの方でもチャレンジできます。3世代のお出かけにもぴったりかもしれませんね。
なかでも人気は「ジップライン」。高所に張られたワイヤーロープを滑車を使って一気に下降するアクティビティです。全長33mを一気に滑り降りることで、すっきりとした爽快感とスピード感を味わうことができます。ストレス発散にぴったりですね。全て体験するもよし、気になったアクティビティだけ体験するもよし。自分なりの楽しみ方で満喫してみてくださいね。

④ 自分でつくったグルメを食べる

ハーベストの丘では、なんと自分でつくったグルメをその場でいただくことができます。なかでもおすすめは、石窯ピザ作り体験です。野外に設置された石窯で本格的に焼き上げられたピザはまさに絶品。定番のマルゲリータを始め、季節のピザやデザートピザなどを生地から自分で作ることができます。不定期開催となっているため、訪問前に公式HPで開催の有無を確認されることをおすすめします。
お持ち帰りメニューとなりますが、本格的なソーセージを一から作ることもできます。豚肉を混ぜ合わせ、実際に羊の腸にお肉を詰めるところまで体験することができます。こちらの体験は土日祝日のみの限定開催となるので注意してくださいね。他にも様々なメニューが用意されており、夏はアイスクリーム作り、冬はクリスマスパイ作りなど、季節によって作ることができるものが変わります。各回定員が限られているので、お早めのご予約をおすすめします。

⑤ 世界にひとつのオリジナルグッズを作る

また、グルメだけではなく、オリジナルグッズを作成して持ち帰ることもできます。「ハーバリウムづくり体験」では、お気に入りのデザインのハーバリウムを作ることができます。あなた好みのドライフラワーやプリザーブドフラワーとオイルを瓶の中に入れることで、より長く美しい花を楽しむことができるため、インテリアにぴったりですね。その他にも、レザークラフトやサンドブラスト、季節のアイテムなど、ちょっとしたものから本格的なものまで作ることができます。
なんと陶芸体験をすることもできます。こちらは、「電動ろくろ」体験です。本格的なお茶碗や湯呑みをご自身の手で作成することができます。意外な才能を発見することができるかもしれませんね。お一人につき2点作成することができるところもうれしいですね。約2ヶ月後に焼き上がりますが、郵送していただけるので遠方の方でも安心です。本格的に挑戦したい方は、陶芸教室も開講しているため、そちらに入会するのもいいですね。陶芸体験は定員が限られているので、電話でのご予約をおすすめします。

⑥ 期間限定のイベントを楽しむ

様々な季節のイベントを行っているところもハーベストの丘の魅力のひとつ。なかでも夏に開催される花火大会は毎年大人気となっています。音楽に合わせて打ち上げられる約2000発の花火はまさに圧巻。また、園内で花火が打ち上げられるため、より臨場感を感じることができます。花火大会に欠かせない屋台も出店しており、楽しい夏の思い出を作ることができますね。
冬から春に開催されるいちご狩りも人気です。人気の銘柄であるさがほのか、紅ほっぺ、とちおとめの3種類を味わうことができます。時間制限もないため、ゆっくりと思う存分いちごを食べることができます。練乳などが持ち込み可能なので、お気に入りの食べ方でいただいてくださいね。例年大人気となっているイベントなので、お早めのご予約をおすすめします。

⑦ 周辺スポットで歴史を学ぶ

仁徳天皇陵(にんとくてんのうりょう)古墳

こちらの写真を教科書で一目見た方は多いのではないでしょうか?日本最大の前方後円墳である「仁徳天皇陵(にんとくてんのうりょう)古墳」です。「大仙陵(だいせんりょう)古墳」とも呼ばれ、エジプトのピラミッド、中国の始皇帝陵(しこうていりょう)とならんで世界3大墳墓として知られている古墳です。世界文化遺産登録を目指している「百舌鳥(もず)・古市古墳群」の中心遺跡ともなっているこちらの古墳。古代文明に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

詳細情報

コンペイトウプチミュージアム堺

お次は一風変わった歴史を学ぶのはいかがですか?ハーベストの丘から車で約40分のところにある「コンペイトウプチミュージアム堺」では、金平糖の歴史や製造過程を学ぶことができます。また、コンペイトウ作りも体験することができ、学んだ後は、できたてのコンペイトウの試食というご褒美が待っています。他にもカルメラ作りやシュガーアート体験など、お砂糖にまつわる体験をすることができます。要予約制となっているため、注意してくださいね。

詳細情報

写真を投稿する
3.02 02

ハーベストの丘で癒しのひと時を

いかがでしたか?今回は、大阪・堺市に位置する「ハーベストの丘」でしたい7つのことをご紹介いたしました。体験型農業公園のため、天候に左右されるアクティビティが多いので注意してくださいね。次のおやすみは、ハーベストの丘でゆっくりとした時間を過ごしてみてくださいね。

詳細情報

大阪府堺市南区鉢ヶ峯寺2405-1

3.37 18231

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する