• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
これが本格サードウェーブコーヒー!「フォーバレルコーヒー」日本初上陸

今回は栃木県にオープンを果たした、「4大サードウェーブ」と呼ばれている 「フォーバレルコーヒー」をご紹介します。その忠実な再現っぷりに、あたかもサンフランシスコにいるかのような錯覚になりすよ。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

サードウェーブコーヒーって知ってる?

「サードウェーブコーヒー」という言葉を耳にすることが多くなってきたかと思います。一番のピークはあのブルーボトルコーヒー日本初上陸したときではないでしょうか?

そんな「サードウェーブコーヒー」ですが、みなさんはその意味をちゃんと知っていますか?
「サードウェーブ」という言葉は直訳すると「第三の波」となります。ということは、其の前に第一、第二の波があったはず。

「第一の波」は19世紀後半から1960年代まで続いた大量消費の時代。流通網が拡大し、より多くの人がコーヒーにありつけることができました。

次の「第二の波」。これは今やコーヒーの代名詞でもあるスターバックスコーヒに象徴されるような、ファッションアイコンとしてのコーヒーを指します。

そして今話題の「第三の波」。大量消費やアイコンとは全く違い、ハンドドリップで一杯ずつ丁寧に淹れるスタイルで、トレンドになりつつあります。

そんなサードウェーブコーヒーの最先端を走っている

そして今回ご紹介する「フォーバレルコーヒー」は、そんなコーヒー界最新トレンドであるサードウェーブの最先端を走っているのです。現にサードウェーブの発祥の地であるサンフランシスコで「4大サードウェーブ」とまで呼ばれているのです。

9月に日本初上陸を果たす

サンフランシスコのフォーバレルコーヒーにてバリスタのトレーニングを行ない、フォーバレルコーヒーの豆だけを使ったコーヒーショップ『SUNNY’S COFFEE feat.FourBarrel(サニーズコーヒー)』を2015年9月1日に栃木県にオープンしたことを発表した。

出典:www.gourmetbiz.net
フォーバレルコーヒー単体で進出するわけではないのですが、フォーバレルコーヒーで厳しいトレーニングを受けたバリスタが、本場の味を忠実に再現してくれます。

フォーバレル=4つの樽

「フォーバレルコーヒー」と店名にある通り、4つの樽からローストした豆を使用しています。樽にはそれぞれエチオピア、コロンビア、グアテマラ、ケニアからのシングルオリジンコーヒーがローストされており、お客さんは自らの好みに合わせてコーヒーを注文することができます。

雰囲気を忠実に再現

コーヒーの淹れ方や温度、味はもとより、カップや装飾品に至るまでフォーバレルの雰囲気を保ち、また店内もテーブルやテラス席、サイクルスタンドもフォーバレルの店舗同様に再現されている。

出典:www.gourmetbiz.net
まるでサンフランシスコに居るかのような錯覚を起こさせてくれます。栃木県という、東京の喧騒から離れた非常に落ち着ける場所に位置しているため、必ずやあなたの癒やしとなってくれる間違いなしです。

詳細情報

■店舗名:SUNNY’S COFFEE feat.FourBarrel
■所在地:栃木県大田原市中田原2090
■定休日:不定休
■営業時間:7:30~18:30
■価格帯:ドリンク400円~800円(税込)、豆3,000円(税込)~
■TEL:0287-23-3200

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する