• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【ジブリ舞台巡り】「コクリコ坂から」と横浜の深いつながり!

2011年7月に公開されたジブリ映画『コクリコ坂から』の舞台は横浜!ジブリ・コクリコファンなら行きたくなっちゃうこと間違いなしの横浜スポットをご紹介!

このまとめ記事の目次

『コクリコ坂から』

船が遭難して父を失った主人公・海と新聞部部長の俊のお話。
公開は2011年7月。監督は宮崎吾朗。
なんと原作はあの少女漫画雑誌『なかよし』に1980年頃連載されていたジブリ映画『コクリコ坂から』。
その舞台は横浜!『コクリコ坂から』には横浜にまつわる事柄がたくさんあるのです!

根岸なつかし公園

『コクリコ荘』は元病院だったという設定の下宿ですが、この建物のポイントは和洋折衷!
そんな『コクリコ荘』と似ているのが、

根岸なつかし公園(旧柳下邸)
明治・大正期の豪商・柳下家の人々が守り抜いたこの建物は内部見学も可能です!
古き良き香りが『コクリコ坂から』っぽいですね!

港の見える丘公園

さきほども出てきた『コクリコ荘』
そんなコクリコ荘がある場所のモデルとされているのは港の見える丘公園!
階段を登って丘の上にある公園は、海から続く坂を登るとある『コクリコ荘』とイメージぴったり?

シグナルフラッグ

『コクリコ坂から』といえば印象的なのがやはり船のシーン。
そして、一番みなさん疑問に思ったのは船の旗!いったいどんな意味なんだろう、と思いませんでしたか?!

因みに映画中で海があげている旗の意味は「航海の安全を祈る」
そして俊があげている旗の意味は「ありがとう」

そしてそんな船の旗のピンバッチなどが買えちゃうお店も横浜にはいくつかあります。

『丸英商店』

風間俊が坂道の商店街にあるお店でコロッケを買うシーンを覚えてますか?
なんとそんなイメージにぴったりのコロッケ屋さんが、代官坂の十字路の角にある『丸英商店』
1951年創業でコロッケは1個90円!
今も昔も近くの学生が買い食いをするスポットだとか…!
『丸英商店』がある代官坂は映画中の商店街の坂と似ている…?

山下公園

山下公園といえば海沿いに横たわる公園ですが、
映画中ではもろ!海と俊が桜木町駅を降りて山下公園を歩くシーンがあるのです。
いかがでしたでしょうか?
たくさんの”コクリコスポット”がある横浜を巡って『コクリコ坂から』に浸る旅もいいですね!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する