• はてぶ
  • あとで
東京生まれの東京案内。シティーボーイ・シティーガールは“都立大学”をこう遊ぶ

繁華街ではないけれども、なんかおしゃれらしい…という噂の絶えない「都立大学」。その噂は本当で、実際におしゃれなショップや美味しいグルメなど、シティーっ子たちをとりこにする魅力に溢れています。一人で散策するもよし、友達や恋人とのんびり歩くもよし…今回は、東京生まれの私が都立大学の遊び方をご紹介します。(※掲載されている情報は2018年11月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【1】“柿の木坂コーヒー”で美味しいコーヒーをゲット

まずはコーヒーショップで美味しいコーヒーをゲット。ここ「柿の木坂コーヒー」は、静かで落ち着いた雰囲気のあるおしゃれなスポット。タレントの方がオーナーを勤めています。
アパレルやグッズを販売しているスペースもあり、シティーボーイ・シティーガールがチルするにはぴったり。もちろんテイクアウトして都立大学散策のお供にするのもオススメです!

詳細情報

東京都目黒区柿の木坂2-26-18

3.45 111

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【2】“MOUNT Tokyo”でZINEカルチャーに触れて

ここ都立大にある「MOUNT Tokyo」は、日本でもなかなか珍しいZINEの専門店。ZINE(ジン)とは個人が作る小冊子や本のことで、作家の人の個性が詰まったものなんです。そんなZINEを気軽に買うことができるスポット。
国内外から注目されている「MOUNT Tokyo」。ここでは他の人のオリジナルなZINEが購入できるだけではなく、ZINEスクールを開催したり自分で作ったZINEを販売してくれたり、といったサービスも提供しています。買うのはもちろん、作る側に挑戦してみては?

詳細情報

東京都目黒区八雲2-5-10

写真を投稿する
3.01 02

【3】人情味溢れる“鳥はる”へ

おしゃれなイメージが強く、また実際にシティーな雰囲気のある都立大なのですが、昔ながらの名店が残っているのも事実。ここ「鳥はる」は、都立大学駅近くにある昭和の香り漂う定食屋さん。
都立大ローカルの人のお腹を満たし続けている鳥はる。ここでは色々な定食を楽しむことができます。生姜焼きやハンバーグといった定番の定食は、いつ食べても美味しいもの。実家に帰ってきたかのような安心感があります。

詳細情報

東京都目黒区平町1-25-15

写真を投稿する
3.07 13

【4】“nook”で古着ショッピング

都立大をふらふらしていたら見つけたこんな素敵なお店。ここ「NOOK(ヌーク)」は、アメリカの風香るおしゃれな古着やさんです。ふらっと立ち寄って素敵なアイテムを探してみては?
メンズのアイテムを中心に、とっても粋なセレクトの古着がたくさん。嬉しい事に、夜10時まで営業しているので、仕事帰りも古着探しが楽しめるんです。夜のデートにもおすすめ。

詳細情報

152-00313−13,丁目2中根区目黒都東京中根ハイム

写真を投稿する
3.00 02

【5】“八雲茶寮”で優雅すぎる朝食を

都立大で朝活がしたい!というときにオススメなのが「八雲茶寮」。目黒区八雲という大きな邸宅が立ち並ぶ都内でも有数の高級住宅地に佇む八雲茶寮は、紹介制の高級割烹。とはいえ紹介制なのは夜だけなので、朝や昼は予約さえしていれば食事を楽しむことができます。
緑溢れる贅沢な空間は、都会にいることを忘れてしまいそう。食材からこだわられた和定食は、日本人としての和の心を思い出させて来れます。美味しいお茶と食事で、いい朝をスタートすることができます。予約をお忘れなく。

詳細情報

ikyuRestaurantで見る

東京都目黒区八雲3-4-7

3.16 017

【6】“旭湯”にザバーッと

やはりシティーボーイ・シティーガールは銭湯がお好き。買い物に疲れたときや、飲みに行く前に、ひとっ風呂行くのはいかがですか?ここ「旭湯」は、都立大学駅の前にある銭湯です。
ノスタルジックな雰囲気で、どこかのんびりしている旭湯。古いながらもきちんと清掃が行き届いており、清潔感バッチリ。また、都内の銭湯には珍しくサウナもついているので、サウナ好きのシティーボーイ・シティーガールにはおすすめ。

詳細情報

東京都目黒区平町1-25-23

写真を投稿する
3.00 01

【7】“碑文谷公園”でチルアウト

都会にいても、公園でのんびりチルアウトすることを忘れない。ここ「碑文谷公園」は、都立大学と学芸大学の間にある落ち着いた雰囲気のある公園です。中には池もあり、チルアウトする場所にはうってつけ。
そんな碑文谷公園にある池、弁天池ではボートに乗ることもできます。恋人と散歩したり、友人とピクニックしたり、一人でベンチに座って本を読んだり…碑文谷公園での時間の過ごし方はあなた次第!

詳細情報

東京都目黒区碑文谷6-9-11

3.42 223

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【8】“マラッカバー”で東南アジア料理を満喫

こじんまりとしているものの、とにかく心地良い。そんな飲食店が多数軒を連ねる都立大学エリアですが、中でもおすすめなのが「マラッカバー」。ここは知るひとぞ知るエスニック料理を楽しめるお店です。
日本人にも親しみのある東南アジア料理。ここ「マラッカバー」はどの料理もリーズナブルで、気軽に色々な種類の料理を楽しむことができます。ワインも取り揃えてあり、エスニック料理とおいしいワインで素敵なひとときを過ごしてみては?

詳細情報

東京都目黒区中根2-3-15

写真を投稿する
3.06 02

都立大学を遊び尽くせ!

いかがでしたか?今回は、都立大学をシティーボーイ・シティーガールはどのように遊ぶのかをご紹介しました。ぜひ参考にしてみてくださいね。
(※掲載されている情報は2018年11月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

cityboy_citygirl東京生まれ、東京育ち

このまとめ記事に関して報告する