• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
ヨーロッパ人が憧れる穴場観光都市!スイス・バーゼルの楽しみ方7選

スイス・ドイツ・フランスの国境に位置する、スイスで3番目に大きな都市「バーゼル」。チューリッヒ(スイス)やストラスブール・コルマール(フランス)を結ぶルート上にあり、素通りされがちですが、実はヨーロッパを体現するような街並みと文化を持つ穴場的観光都市。ヨーロッパ人が憧れる旧市街の街並みを散策し、大河のほとりで風を感じられる、モデルコースをご紹介します。(情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでご確認ください。)

このまとめ記事の目次

スイス「バーゼル」って、知ってる?

スイスのバーゼルは、三国国境に位置する、スイス第三の都市。チューリッヒやベルン、ルツェルン(スイス)と、ストラスブールやコルマール(フランス)、ハイデルベルクやフランクフルト(ドイツ)を結ぶルート上に位置していて、他の都市と電車1本で結ばれた便利な位置にあります。そんな交通の要衝にあるからか、バーゼルはただの「素通り都市」と思われがち。でも、そんなことないんです。
そんな穴場的観光都市・バーゼルの一番の魅力は、ヨーロッパ人が「いつか散策してみたい」と憧れる、絵本みたいな旧市街と、約30箇所の博物館・美術館。ルネッサンス期には、ヨーロッパの文化の中心都市の1つでした。さらに、スイス最大のカーニバルなど、年中さまざまなイベントが開催されていて、ヨーロッパの文化だけでなく人々と交流できるのも、バーゼルならではの魅力ですよ。

1. 腹が減っては散策できぬ!グルメな市場で腹ごしらえ

マルクトハレ・バーゼル / Markthalle Basel

スイス国内・フランス・ドイツからも列車が到着する、中央駅とも呼ばれるバーゼルの玄関口、Basel SBB駅(スイス国鉄バーゼル駅)・Basel SNCF駅(フランス国鉄バーゼル駅)に到着。まずは駅のロッカーに荷物を預けて、旧市街へ散策に出かけましょう!でも、その前に! 腹ごしらえは大丈夫? 朝8時から夜まで空いてる、駅前のマルクトハレ(市場)で、散策のためにエネルギーを蓄えませんか?
2000年代に入って、市場がヨーロッパの若者から再び脚光を浴びています。そんな数ある中でも、バーゼルのマルクトハレは、不思議なドーム状の建物の中に並ぶ多国籍料理のフードコートが魅力。最近注目を集めているのは、日本人女性が経営するジェラート店"EISURU"(アイスル)。ドイツ語の"Eis"(アイスクリーム)と、日本語の「愛する」をかけた店名がかわいい!そんなお店のジェラートは、地元の人に大人気。

詳細情報

  • Steinentorberg 20, 4051 Basel, Switzerland
  • Viaduktstrasse, Basel, Switzerland
  • +41 76 454 33 20

2. ヨーロッパ人が憧れる、フォトジェな街並み!旧市街をお散歩

旧市街 / Altstadt

バーゼルSBB駅の前にあるマルクトハレからライン川に向かって歩いていくと、数分でアルトシュタット(旧市街)に入ります。もちろん、SBB駅から旧市街へはトラムでもアクセスできます。トラムが充実したバーセルの旧市街は、厳しいマイカー規制があるので、閑静な雰囲気の中で観光できます。旧市街の建物には、建設された年号がしばしば書かれています。中には、1300年代の建築も!
アルプスの豊富な水が流れ込むバーゼル旧市街の噴水の水は、その大半が飲用可能なんです。その中でも特に市民に人気なのは、SBB駅から市立美術館までの通り道、バーゼル市民劇場の前に位置する「ティンゲリーの噴水」です。1つの池の中に、スイスを代表する現代芸術家・ティンゲリーがデザインした10個の異なる噴水があり、機械式で動いています。ちなみに冬に訪れると、噴水が氷の芸術に変身した姿も楽しめますよ。

詳細情報

  • floor, Sattelgasse 4, 4051 Basel, Switzerland
  • Klostergasse 7, 4051 Basel, Switzerland

3. ヨーロッパ最古!芸術の都を代表する美術館を楽しむ

バーゼル美術館 / Kunstmuseum Basel

ティンゲリーの噴水からさらにライン川に向かって川を下っていくと、ヨーロッパ最古の公立美術館である、バーゼル美術館(バーゼル市立美術館)に到着します。ルネサンス期には、エラスムスなどヨーロッパ中から人文主義者が集ってきたバーゼル。ヨーロッパ文化の中心地にある美術館として、バーゼル美術館は、数世紀に渡って4000点のコレクションを集めてきました。現在でも、バーゼル美術館はヨーロッパ有数の美術館の一つです。
そんなバーゼル美術館は2016年にリニューアルされました。伝統あるコレクションはそのままに、新館では現代アートにもフォーカスしています。バーゼル美術館の名高いコレクションとして、ハンス・ホルバインの作品が挙げられます。ホルバインも、ルネサンス期にバーゼルで活躍した画家の一人です。その他にも、レンブラント、モネ、セザンヌ、ゴッホ、ピカソ、ベックリンなど、様々な時代の著名なアーティストの作品が収蔵されています。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する