フォトジェニックな冬旅を。国内にある"カメラを持っていきたい温泉"7選

冬といえば温泉。日本全国には有名な温泉地が沢山ありますが、せっかくなら写真映えする温泉地を選びませんか?そこで今回は、写真映えもバッチリな、国内にある「カメラを持っていきたい」温泉地を7つご紹介します。(※掲載されている情報は2018年11月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

【1】銀山温泉(山形県)

まずご紹介するのは、山形県にある「銀山温泉」です。こちらは山形県を代表する冬の絶景スポットで、その昔ながらの美しい街並みを見ようと多くの観光客が訪れます。とある連続テレビ小説の舞台になったことでも知られています。
夜になるとガス灯の明かりと降り積もった雪が街並みを照らし、ノスタルジックな雰囲気に包まれます。歩いているだけでもカメラを構えたくなること間違いなし。ぜひカメラを片手に温泉街を散策してみてください。

詳細情報

予約する

銀山温泉

山形県尾花沢市大字銀山新畑 銀山温泉

4.26 411405
能登屋旅館さんに宿泊しました

大正時代の雰囲気が味わえる銀山温泉。 町が観光スポットという、散歩だけで楽しい場所でした。 見て回るところはそんなにたくさんないですが、奥の方には滝もあり、ゆっくり山登りもしました。 工事中であったので、奥の方は諦めたのですが、ゆっくりゆっくり回って2時間ほど楽しめました。 山登りとかしない方には観光の時間は1時間もいらないかなという感じですが、お土産屋さんやお酒屋さん、喫茶店のようなところもあり、ゆっくり過ごすにはとても最適なところでした。 昼と夜では雰囲気も全く異なり、1日で2度美味しい場所でした。 冬には雪が積もるようで、また一味違う雰囲気を味わうことができると聞いて、また冬にも行きたいなと思いました。 旅館の浴衣、下駄を履いて散歩するのもとても趣があり楽しかったです。 私は体験していませんが、大正時代の衣装の貸し出しをしているところもあるそうですよ。 能登屋旅館さんはとてもアットホームな雰囲気で、チェックインからチェックアウトまで良い対応をして頂きました。お食事も大変美味しかったです。 温泉は予約制で貸切のところや、空いてたら貸切ができて入れるという温泉、大浴場と3種類もあり、部屋食もできるのに20000円程の宿泊料でした。とてもリーズナブルで大変貴重な体験ができたと思います。

【2】草津温泉(群馬県)

続いては群馬県にある「草津温泉」です。こちらは日本を代表する名泉の一つに数えられており、温泉街にはお湯の香りが漂います。名物の湯畑では源泉からの湧出量が多く、とても熱いお湯が出るので、古くからこうしてお湯を冷ましているようです。
草津温泉は夜になるとライトアップされ、昼間とはまた違った一面を見ることができます。その風情のある景観と美しいライトアップはぜひ写真におさめたい風景です。

詳細情報

【3】湯西川温泉(栃木県)

続いては栃木県にある「湯西川温泉」です。こちらの温泉は、戦いで敗れた平家が落ち延びた地といわれています。那須温泉や鬼怒川温泉で有名な栃木県ですが、湯西川温泉も人気の温泉地の一つです。
ここ湯西川温泉では毎年「かまくらまつり」が開催されています。2019年は1月26日(土)から3月3日(日)まで開催予定です。河川敷に並ぶ小さなかまくらそれぞれにローソクが灯され、幻想的な景色を創り出します。思わずシャッターを切ってしまう絶景です。

詳細情報

【4】地獄谷温泉(長野県)

続いては長野県の「地獄谷温泉」をご紹介します。温泉地の数が北海道に続いて全国で2番目に多いことでも知られている長野県ですが、その中でも少し変わった光景がみられるのがこちらの温泉です。
それがこちらの「地獄谷野猿公苑」で見られる猿の入浴姿です。この光景が見られるのは世界中でここだけ。そんな珍しい光景を見ようと、毎年海外からも多くの観光客が訪れます。外国人に見せたら驚かれること間違いなしの写真が撮れますよ。

詳細情報

3.16 22855

【5】下呂温泉(岐阜県)

続いては岐阜県にある「下呂温泉」です。こちらも草津温泉とともに「日本三名泉」に数えられており、そのレトロな街並みはとてもフォトジェニックです。高所にあるお寺からは、温泉街を一望することもできます。

白川郷

温泉地ではありませんが、下呂温泉街に訪れた際に合わせておすすめしたい絶景スポットがあります。それがこちらの白川郷。静かに降り積もる雪と世界遺産にも登録されているその景観はまさに心を打つよう。下呂温泉街からは車で2時間程のところにあるので、カメラ好きの方は下呂温泉と合わせて足を運んでみてください!

詳細情報

【6】別府温泉(大分県)

続いては大分県にある「別府温泉」です。別府市は源泉数、湧出量ともに日本一を誇る温泉都市で、温泉を利用したさまざまな産業や観光施設があります。別府市内だけでも温泉の数は数百にのぼるそうです。
そんな別府温泉でおすすめなのが、「別府地獄めぐり」です。地獄めぐりでは海地獄、血の池地獄、龍巻地獄などさまざまな種類の温泉を見ることができる観光スポットです。ここでしか見られない珍しい光景を写真におさめてみては?

詳細情報

【7】黒川温泉(熊本県)

最後にご紹介するのは、熊本県にある「黒川温泉」です。阿蘇のさらに奥地にある山々に囲まれた温泉郷で、古くから湯治場としても有名です。温泉街の風景は一体感があり、洗練された街並みは浴衣で歩くのもおすすめです。
さらに、冬の時期は竹灯篭に光をともす和のイルミネーションイベント「湯あかり」が2018年12月22日(土)〜2019年3月(予定)まで開催されます。明るく輝く竹灯籠が川面に映り込み、幻想的な一枚を撮ることができますよ。

詳細情報

黒川温泉(熊本県)

熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6594−3 黒川温泉

3.82 22525

さあ、カメラ片手に温泉に行こう

※画像はイメージです

※画像はイメージです

いかがでしたか?冬にはかかせない温泉旅も、その地ならではの風景は写真に残したくなるもの。ぜひ今年は素敵な写真を撮りに行ってみてください!一生忘れられない思い出になるはずです。
(※掲載されている情報は2018年11月に公開されたものです。事前に最新情報をご確認ください。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する