• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
福岡を旅した筆者が教える!食べて、見て、大満足の福岡女子旅2泊3日プラン決定版

人気国内旅行先・福岡。フォトジェニックなスポットがあり、最近女子旅でも人気急上昇中なんです。食べることも、観光をすることも、全部譲れないという欲張りな女子旅におすすめしたい福岡女子旅2泊3日プランを、今回は福岡を何度か旅した筆者がご紹介します。2泊3日あれば、意外と福岡を堪能できちゃうんですよ。(※掲載されている情報は2019年11月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

このまとめ記事の目次

1日目

【13:00】 福岡県に到着!

福岡県に到着するのは、13時くらいでOK。博多までの新幹線のアクセスはもちろんですが、福岡空港は市街地にある空港なので、飛行機で行くのもとってもおすすめです。そして、博多駅や福岡空港でまずはランチをいただきましょう。ここで食べるのは、コシがなくソフトな食感が特徴的な「うどん」!

博多駅の場合▶︎大地のうどん 博多駅ちかてん

博多駅周辺でうどんを食べるならおすすめは「大地のうどん 博多駅ちかてん」。ムニムニした食感が美味しいうどんが楽しめます。上の写真にある謎のわっかの物体は、なんと「ごぼう天」。ごぼう天も福岡のソウルフードのひとつなので、ぜひ食べてみてくださいね。

詳細情報

  • 福岡県福岡市博多区博多駅前2-1-1 朝日ビルB2階
  • 0924811644

福岡空港の場合▶︎因幡うどん

福岡空港にも絶品グルメが集結していますが、うどんならば、「因幡(イナバ)うどん」がおすすめ。福岡空港国内線ターミナル2階のフードコート内にあります。写真の「丸天うどん」は、魚のすり身を揚げたものがのったうどんで、このお店の名物でもあるんですよ。

詳細情報

  • 福岡県福岡市博多区大字下臼井767-1 福岡空港国内線ターミナル 2階
  • 092-611-1011

【16:30】「宮地獄神社」で夕焼けを眺める

ランチを食べた後は、博多駅や福岡空港を少し散策して、夕焼けの時間に間に合うように「宮地嶽神社(みやじだけじんじゃ)」へ行きましょう。博多駅から約30分の福間駅から、徒歩30分またはバスで行くことができます。バスは本数が少ないので、事前に調べてから訪れてみてくださいね。
ここは日本一大きな大注連縄があることでも有名ですが、「光の道」という一年に2回しか見られない絶景が注目を浴びています。光の道とは、日が沈むときに、鳥居の先に長く続く道が太陽の明かりで照らされる様子を形容した名称なんです。例年2月と10月に1回ずつ見ることができまずが、それ以外の時期でも夕焼けは綺麗なんですよ。

詳細情報

  • 福岡県福津市宮司元町7-1 宮地嶽神社
  • 0940-52-0016

【余裕があればここも】「光カフェ」

宮地嶽神社へ続く光の道の周辺は、いわゆる表参道。その参道の両脇には名物「梅ヶ枝餅」を販売するお店が多く軒を並べています。そんな中でもひとつだけ周りのお店とは雰囲気の違うカフェ、「光カフェ」があるんです。
光の道にあることからその名前が決まったというこのお店は、地元産のレモンを使用したメニューがとてもおすすめです。時期によって少しずつ変わることはありますが、自家製シロップを使ったレモネードやレモンケーキなど、優しい味のレモングルメは最高ですよ。

詳細情報

  • 福岡県福津市宮司元町2−8

【19:00】本場のもつ鍋を「楽天地 天神本店」で

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する