• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
徳島でシロクマ?行かなきゃ損損な「とくしま動物園」でしたい5つのこと

徳島に行ったら鳴門とカボス…って、えぇ!それだけでもう帰っちゃうの?今回ご紹介する「とくしま動物園」は、来園者の多くがインスタの投稿をしてしまうほど、徳島一"アツい"と言っても過言ではない場所なんです。レッサーパンダやカピパラに加えて、なんとオオカミやホッキョクグマにまで会うことができるだなんて、これは行かなくっちゃ!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

とくしま動物園って?

「動物園なんてどこも一緒」だなんてナンセンス。どこの動物園も、展示している動物の種類が違うだけでなく、その展示の仕方まで工夫を凝らしているのです。今回紹介する「とくしま動物園」もその一つ。名前の通り、徳島県に位置する動物園なのですが、ただ動物を「見て」帰るのではなく、より来場者を「楽しませる」ためにたくさんのワクワクが散りばめられていると最近話題になっているのです!

子どもと一緒でもカップルでも、もちろん友達とも楽しむことができる「とくしま動物園。」それでは、特にインスタ映えなポイントを5つにまとめて一緒に見ていきましょう。

①何と言ってもかわいい!動物たちを見る

まずはじめに紹介するのは何と言ってもかわいい動物たち!今回ご紹介する「とくしま動物園」は、動物たちを4つの地域に分けて展示することで、わかりやすく動物について知ることを可能にしています。

「温帯区」にはレッサーパンダやカワウソ、「熱帯区」にはセイロンゾウやマントヒヒ、「サバンナ区」にはライオン、カピパラ、ミーアキャット、そして「寒帯区」には、なんとシンリンオオカミとホッキョクグマがいます。各地域が一本の経路で繋がっているので見逃すこともありません。
たくさんいる動物たちの中でも、特にホッキョクグマのポロロは動物園1の人気者です。国内で飼育されているホッキョクグマの総数はおよそたったの40頭。そのため、繁殖期を迎えるポロロは2019年1月22日(火) 以降には、生まれた場所でもある札幌市円山動物園(北海道)に帰らなくてはいけないんだとか。徳島にいるうちにぜひ、ポロロに会いに行ってみてください。

②展示がインスタ映え!写真も忘れずに

動物自体ももちろんかわいいのですが、その展示方法がかわいいとSNSでも話題に!特にホッキョクグマのエリアでは、子どもの年齢に合わせて、水中を泳ぐホッキョクグマが見やすいように窓の高さが変えてあります。さらに、その窓のある壁には実寸大のホッキョクグマのイラストがあり、背比べをすることだってできます!
さらに、いかに動物と近づけるか、というのは動物園の腕の見せ所でもありますが、運が良ければ、エリアによっては、動物との距離がほんのガラス一枚越しになることも!しかもそれが、オオカミやホッキョクグマといったなかなか会えない動物だなんていかない理由が見当たりませんね。

③可愛くて食べられない?園内一押しグルメを食べよう

さて、動物たちと遊んでお腹が空いたら、園内にあるレストランにいって見てはいかがでしょうか。そこで紹介するワクワクポイントは、園内でのみ食べることができる絶品ゆるかわグルメ!ホッキョクグマカレーやサバンナライスなど、食べるのがもったいないくらいかわいいメニューが用意されています。
ご飯だけでなくデザートもあります。カピパラアイスなど、思わず写真を撮らずにはいられませんね。ぜひ、食べてみてはいかがでしょうか?

④オトナなみなさんは「夜の動物園」でお散歩を

動物園なんて、もう小さい頃から行ってない!という大人のあなたには、「夜の動物園」がおすすめ!毎年9月~10月頃には、期間限定で夜までオープンしているのだとか。園内はイルミネーションが施されており、夜の動物園ならではの雰囲気を味わうことができますよ。
「夜の動物園」は、もちろんお子さん連れの方にもおすすめ!昼間のまったりした姿とは違う、夜行性動物の活発な動きは、きっと忘れられない思い出となるでしょう。こちらも見逃せませんね。

⑤周辺観光もおすすめ!「とくしまファミリーランド」へ行ってみよう

最後に紹介するのは、とくしま動物園の向かい、徒歩1分のところにある、徳島県唯一の遊園地「とくしまファミリーランド」。入園料はなんと無料で、乗り物を利用する際にチケットを購入する方式なため、気軽に園内を楽しむことができます。
遊園地としての規模は決して大きくはないものの、観覧車やジェットコースター、海賊船などがあり、十分に楽しむことができます。動物園と遊園地を1日に回るだなんて、なんとも贅沢で特別な思い出になること間違いありません!

いかがでしたか?

大人も子どもも童心に帰って思いっきり楽しむことができる「とくしま動物園」。あなたも是非、徳島を訪れる際には行ってみてはいかがでしょうか。

詳細情報

eparkMamakoeで見る
  • 徳島県徳島市渋野町入道22-1
  • 088-636-3215

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する