【2018年最新版】香港女子旅で行きたい!おしゃれすぎる香港のカフェ8選

日本からも行きやすく女子旅でも人気の旅行先、香港。いろいろな国の文化が融合している香港には、ユニークでフォトジェニックなカフェがたくさんあるんです。今回は香港に行ったらぜひ足を運びたいおしゃれすぎるカフェを8つご紹介します。(※掲載されている情報は2018年12月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

1. YUM CHA(ヤムチャ)/ 尖沙咀(チムサーチョイ)

最初にご紹介する香港のおしゃれすぎるカフェは「YUM CHA(ヤムチャ)」。店名にもなっている「飲茶(ヤムチャ)」とは、中国茶を飲みながら点心を食べることなんです。ユニークなメニューがならぶ中でもおすすめなのが、SNSでも話題になったこちらの点心。一口食べると中のクリームのようなものが溢れ出てきます。
味はもちろん見た目も楽しめるメニューが豊富なこちらのお店は、MTR尖沙咀(チムサーチョイ)駅B2出口から徒歩5分の「attitude hotel(アティチュードホテル)」内にあります。地元の人も観光客も多く訪れる人気のお店で、オープンキッチンが特徴的な店内には活気があふれています。

詳細情報

2. CHARLIE BROWN CAFE(チャーリーブラウンカフェ)/ 尖沙咀

次にご紹介するのは「CHARLIE BROWN CAFE(チャーリーブラウンカフェ)」。日本でも人気のキャラクター、スヌーピーが登場するピーナッツファミリーをテーマにしたカフェです。MTR尖沙咀駅B2出口から5分ほど歩くとチャーリーブラウンが見えてきます。
スヌーピーやチャーリブラウンなどの可愛いキャラクターがいる店内で、このようなフォトジェニックすぎるドリンクやケーキを堪能できるんです。その他にもパスタなどのボリューム満点のメニューもあるのでランチでの利用もおすすめです。

詳細情報

3. agnès b. café L.P.G.(アニエスベーカフェ エルピージー)/ 尖沙咀

続いてご紹介する香港のおしゃれすぎるカフェは「agnès b. café L.P.G.(アニエスベーカフェ エルピージー」。こちらのフォトジェニックなくまのケーキ、インスタグラムなどで見たことのある人もいるのではないでしょうか。外観、店内、ドリンク、デザート全てが可愛い、香港女子旅に行くなら必ず訪れたいカフェの1つです。
日本でもおなじみのフランスの人気ブランド「agnès b.」。香港や台湾などに複数店舗カフェを展開しているなかでも、とくに尖沙咀のお店では本場フランスにいるかのような雰囲気を味わうことができ、おすすめです。こちらへはMTR尖沙咀駅N4出口から徒歩5分ほどで行くことができます。

詳細情報

4. White Button Cafe(ホワイトボタンカフェ)/ 尖沙咀

次にご紹介する香港のおしゃれすぎるカフェは「White Button Cafe(ホワイトボタンカフェ)」。MTR尖沙咀駅から徒歩5分ほど、アジアやヨーロッパの多国籍なカフェやレストランなどが集まるアシュレーロードにある世界各国の女子に人気のカフェです。
フォトジェニックな人気メニューの1つがこちらのテレビBOXに入ったアフターヌーンティーセット。手のひらサイズのハンバーガーやかわいすぎるデザートなどが食べられるこちらのセットは、女子旅で訪れた際に頼んだら盛り上がること間違いなし!

詳細情報

5. Van Gogh SENSES(ヴァンゴッホセンス)/ 尖沙咀

続いてご紹介する香港のおしゃれすぎるカフェは「Van Gogh SENSES(ヴァンゴッホセンス)」。MTR尖沙咀駅L6出口から徒歩5分ほどの「1881HERITAGE」内にある、オランダの有名画家ゴッホの作品をテーマにしたカフェです。
ゴッホの代表作品の1つである「ひまわり」をモチーフにした黄色のケーキ。その他にもゴッホの様々な作品がケーキやドリンク、食器などで表現されていて、見ているだけでも楽しめます。カフェに訪れた際には帰りにとなりのおみやげ屋さんにも寄ってみてはいかがですか。

詳細情報

【閉店】6. Givrés(ジーヴル) / 灣仔(ワンチャイ)

次にご紹介する香港のおしゃれすぎるカフェは「Givrés(ジーヴル)」。MTR灣仔(ワンチャイ)駅から徒歩3分ほどのところにあります。ロンドン発のこちらのお店は、フォトジェニックすぎるジェラートが食べられることで有名になりました。
インスタグラムでも話題になった美しいバラの形のジェラート。種類豊富な色とりどりのジェラートの中から好きな味を選ぶと、1つ1つ手作業でバラの形になるように作ってくれるんです。カラフルで美しいその見た目はSNSに投稿したくなります。

詳細情報

7. Halfway Coffee 半路珈琲(パンルゥーカーフェイ)/ 上環(ションワン)

続いてご紹介する香港のおしゃれすぎるカフェは「Halfway Coffee 半路珈琲(パンルゥーカーフェイ)」。MTR上環(ションワン)駅から徒歩10分ほどのところにあります。「半路」とは中国語で「途中」という意味で、その名の通り途中で寄り道したくなるカフェなんです。
こちらのお店の魅力はなんといっても、ビンテージ好きにはたまらない香港らしいレトロな食器と味わい深いコーヒー。摩羅上街(キャットストリート)のすぐ近くにある店内はこじんまりとしているものの連日多くの人が訪れるということなので、混雑する時間を避けるかテイクアウトするのがおすすめです。

詳細情報

3.22 139

8. Vivienne Westwood Café(ヴィヴィアンウエストウッドカフェ)/ 銅鑼灣(コーズウェイベイ)

最後にご紹介する香港のおしゃれすぎるカフェは「Vivienne Westwood Café(ヴィヴィアンウエストウッドカフェ)」。土星のようなロゴでおなじみのイギリスの人気ブランド「VIvienne Westwood」のカフェで、世界に3店舗しか展開していないんだとか。
おすすめは色とりどりのデザートなどがたくさん食べられるこちらのアフターヌーンティーセット。他にもフォトジェニックなドリンクやケーキなどもあります。こちらのお店は2018年にMTR銅鑼灣(コーズウェイベイ)駅E出口から徒歩3分ほどの「Fashion Walk」に移転しました。

詳細情報

香港女子旅でおしゃカフェ巡り!

いかがでしたか?今回は人気の海外旅行先、香港で行きたいおしゃれなカフェを8つご紹介しました。日本からも比較的手軽に行ける香港でおしゃれなカフェ巡りをしてみてはいかがですか。ぜひ参考にしてみてくださいね。
(※掲載されている情報は2018年12月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

このまとめ記事に関して報告する

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事