• はてぶ
  • あとで
節約&行列回避!知らなきゃ損する香港観光の裏ワザ7選はこれだ

LCCの就航で、国内旅行と同じくらい気軽に行けるようになった香港。深夜便もあるので、弾丸トラベラーにも人気な旅行先です。そんな香港への弾丸旅では、やっぱり「時は金なり」。実際に香港で見つけた、時間もお金も節約できる知らなきゃ損な香港観光の裏ワザを、ここだけでこっそりみなさんにお教えします。(情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

安くて時短。香港がアツい!

香港エクスプレス・ジェットスター・ピーチといったLCCの価格競争で、タイミングによっては国内旅行よりも安く行けるようになった香港。ANAや香港エクスプレスなら、羽田や関空から深夜便も運航されているので、時間を有効に使って弾丸旅もできちゃいます!
そんな「節約」と「時短」を気にするトラベラーにとっては、香港での滞在では「時は金なり」ですよね。少しでもお金を節約して、行列を避けたいみなさんにオススメしたいのが、これからご紹介する香港の裏ワザ7選。実際に私が探した、知らなきゃ損する香港観光の裏ワザを、みなさんにこっそりお伝えします!

1. 地下鉄・バスがおトク!どこでも使える定番「オクトパス」

さて、香港国際空港に到着したあなた! 香港で地下鉄や路面電車、バスや船に乗車するなら、絶対にオクトパス(八達通)を買いましょう。地下鉄・バス乗車時には、オクトパスで乗車すると割引運賃が適用されます。また、香港でバスに乗るときは、お釣りが出ないので、オクトパスで支払った方がおトクです。オクトパスは、香港国際空港の到着ロビーの正面にある、「列車車票」と書かれたエアポートエクスプレスのチケットカウンターで購入できます。
オクトパスの購入やチャージにクレジットカードは利用できないので、事前に両替するか、空港内のATMで香港ドルを引き出しておくと良いですね。大人用の普通のオクトパスは、150香港ドル(預り金50HKD+チャージ額100HKD)で購入できます。チャージ額を使い切れない心配がある人でも大丈夫。オクトパスは日本国内の交通系電子マネーのように、香港の多くのレストランやコンビニ、自動販売機で利用できるんですよ。

2. 空港バスより安い!空港から九龍・中環へ「最安」で移動

最初にオクトパスという定番の裏ワザをご紹介しましたが、次にご紹介するのは、なかなかツウな裏ワザです。香港から九龍・中環までの交通手段は、速い「エアポートエクスプレス」か、安い「空港バス」の二択だと思っていませんか? そんなことありません。ガイドブックには載っていない、もっと安い選択肢があるんです。ズバリ、「路線バス&地下鉄」!空港から路線バスで東涌(とうちょう)駅に移動し、地下鉄東涌線で香港市街地に移動する方法です。
※画像はイメージとなります。

※画像はイメージとなります。

それでは、バスS1で空港から東涌駅へ移動しましょう。空港ターミナルからスロープを降りてバスターミナルに着いたら、右側の道路の横断歩道を渡って反対側にある、香港市内行きバスターミナルから少し離れているランタオ島内行きバス停に移動しましょう。そこからバスS1で東涌駅に到着したら、MTR(地下鉄)東涌線で香港市内へ。九龍駅や香港駅(中環)まで直通です。なお、お値段はたったの約25HKD(バス3.5HKD+MTR17.4~22.9HKD)。エアポートエクスプレスや空港バスより圧倒的におトクです。

3. 追加料金4ドルで行列をごぼう抜き!ピークトラムは予約が便利

香港観光で外せない超定番といえば、ビクトリアピークの絶景ですよね。ビクトリアピークに登る方法は、ピークトラムと路線バスの2種類しかありません。でも、ビクトリアピークに行った人がみんな嘆くのが、ピークトラムの乗車待ち列。筆者も、最後尾には「2時間待ち」と書いてあるのに、実際に並んでみたら3時間も待たされたという苦い思い出があります。そんなピークトラムの乗車待ちの行列を回避できるのが、ピークトラムの事前予約。
予約はとってもカンタンです。KLOOKやKKdayなど、現地のオプショナルツアーサイトで販売されている、"The Peak Tram Fast-Track Combo Ticket"というオプショナルツアーが予約できます。そうすると、麓から山頂までのピークトラムには、「個人入場」ではなく、待ち時間が短い「団体入場」扱いで乗車できるんです。ツアーとはいえ、トラム乗車前の集合時刻が指定されているだけで、行動が制限されることはありません。定員があるので、土日などは前もって予約するのがオススメです。

詳細情報

4. トラムよりバス派!行きだけじゃなく、帰りもスイスイ

※画像はイメージとなります。

※画像はイメージとなります。

「ピークトラムからの景色はキレイだし、山頂まですぐ上がれるけど、行列は長いしチケットが高い…。」そんな理由でツウに人気なのが、ビクトリアピーク行きの路線バス。香港駅(中環)とビクトリアピークを結ぶ2階建てバス「15」・緑色のミニバス「1」、もしくは湾仔(わんちゃい)とビクトリアピークを結ぶ2階建てバス「15B」を利用すれば、平常時ならほぼ並ばずに山頂へと登り降りできます。
※画像はイメージとなります。

※画像はイメージとなります。

そんな3つの系統のバスの中でも最も利用しやすいバス15は、香港駅近く、アップルストアが印象的なTwo IFC(国際金融中心 第二期)とフェリー埠頭の間にあるバスターミナルが始発で、ビクトリアピークまで約40分かけて登っていきます。もちろん、金鐘(きんしょう)駅や湾仔街市といった、始発以外の途中のバス停からも乗車可能ですよ。

5. まるで香港の鎌倉!昂坪360も予約で行列ごぼう抜き

世界最大の大仏・天壇大仏と、香港最大の禅寺・寶蓮寺、フォトジェな雰囲気のお土産店通りが立地する、昂坪(ごんぴん)が最近注目を集めています。境内では犬や牛が放し飼いされていて、まるで奈良や宮島みたい。そんな昂坪へは、MTR東涌駅からゴンドラに約25分乗車するか、ガタガタの道を走るバスに約1時間乗車するのが定番です。
でも、そんなゴンドラ「昂坪360」はいつも大混雑。そんなとき、ここでも活躍するのがチケットの事前予約。KKdayやKLOOKなどの予約サイトで事前・当日予約すると、多くの人が並ぶ一般客用のレーンとは異なる、予約者専用のチケット引換レーンに並ぶことができます。追加料金を払えば、床が透明な「クリスタルキャビン」用のチケットも予約できますよ。

詳細情報

大嶼山東涌達東路11號, 香港

3.32 442

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

6. 片道600円で中国を体感!MTRで深センへ

中国の経済成長を後押ししているのが、中国で3番目に大きい深圳(深セン)。10元(約170円)で屋台メシが食べられる繁華街「東門歩行街」から、電気パーツであふれる電気街「華強北(ふぁーちゃんぺい)」、そして高さ592mの平安国際金融中心をはじめとする高層ビル街まで。中国のカオスさや中国の歴史の面影も、都市計画の行き届いた街並みも、同時に体感することができます。
香港から深センへは、①MTRか②新幹線で気軽に行けるんです。①MTR東鉄線なら、尖沙咀の紅磡(ほんはむ)駅から約45分で、香港と中国の国境審査がある羅湖(ろーうー)駅に到着。簡単な国境審査を受けてから、地下鉄1号線を利用すれば東門や華強北、福田区の高層ビル街に簡単にアクセスできます。②広深港高速鉄道なら、香港西九龍駅から最速14分で、福田区の中心部にある深セン福田駅まで直行ですよ。

7. お金と時間を節約!LCCと深夜便を使いこなそう

香港への弾丸トラベルのカギは、深夜便を有効活用すること。①羽田から香港へはANAと香港エクスプレス、関空から香港へは香港航空が深夜便を運航しています。②香港から成田へはキャセイパシフィック、香港航空とジェットスター。香港から羽田へはANA、香港エクスプレス、キャセイドラゴン。香港から関空へは香港航空とピーチとキャセイパシフィックが深夜便を運航していますよ。(情報は記事掲載時点のものです。)
そして、香港へ安く旅行するカギは、フライト代と宿泊費を節約することです。特に、ジェットスター、ピーチ、香港エクスプレスなどのLCCのチケットは、格安で販売されています。タイミングが良ければ、半額セールなども実施されているんですよ。早めに計画を立てて予約すれば、往復1万円台で香港旅行を実現できちゃいますよ!

いかがでしたか?

ここまで知らなきゃ損する香港旅行の7つの裏ワザをご紹介しました。これらの裏ワザを活用すれば、行列で時間を無駄にすることなく、そして格安で香港旅行を満喫することができますよ! 気軽に行けるようになった香港を、ぜひ訪れてみてくださいね。(情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでご確認ください。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する