• はてぶ
  • あとで
女子旅やデートにオススメの京都の観光スポット17選

京都旅行で女性人気の高いオススメの観光スポットをご紹介します。フォトジェニックで映える風景が多い京都ですが、紅葉やライトアップなど、その美しい絶景に彩りを添える演出も数多くあり、女子旅でカメラを抱えて訪れたい。インスタ映えするような観光スポットは、実際に生で見ていても心打たれるものがあります。彼氏彼女とデートで美しい風景を楽しみたい!カメラ片手に女子旅で盛り上がりたい!そんな希望を叶える京都の観光スポットをまとめました。それでは「女子旅やデートにオススメの京都の観光スポット17選」をお楽しみください。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【京都の理想デート】着物や浴衣を着て高台寺へ

京都の街を浴衣や着物を着て散策するのは女の子の憧れの一つ。散策するなら京都東山周辺がおススメです。特に清水寺から高台寺にかけて、フォトジェニックな京都らしい町並みを楽しめる二年坂、三年坂を着物を着てデートしてみてはいかがですか?秋には着物や浴衣を着ていると、市の公共交通機関の料金が割り引かれるキャンペーンもあり、着物や浴衣で観光スポットを巡りたい女性にとっては嬉しい限り。京都でしかできないオシャレな旅を楽しんでみてはいかがでしょう?
名称:高台寺
住所:〒605-0825京都府京都市東山区高台寺下河原町526
参拝時間:9:00~17:00
アクセス:JR京都駅から市バス206系統東山安井より徒歩5分
※2018年12月時点の情報です。

京都府京都市東山区下河原町526

4.20 491499

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【女子旅なら必見】美肌祈願できる八坂神社

女子旅やデートで京都東山周辺の観光地巡りをするなら八阪神社も外せません。京都の繁華街でもある四条通りの東の端にある有名な神社。清水寺や知恩院にもアクセス抜群。この八坂神社の境内には、宗像三女神を祀る美御前社があります。美御前社は、美を象徴する神様として、古くから祗園の舞妓さんや芸妓さんたちの中では有名です。美肌祈願ができるとあって、美容に敏感な女性たちを中心に口コミが広がっています。京都には面白いご利益に預かれる神社も多いのですが、美肌や美容ということであれば、女子旅には外せない観光スポットですね。
名称:八坂神社
住所:〒605-0073京都府京都市東山区祇園町北側625
電話:075-561-6155
アクセス:京阪祇園四条駅から徒歩5分
※2018年12月時点の情報です。

【知る人ぞ知る名スポット】京都で夜景を見るなら将軍塚青龍殿

京都在住の人にとっては定番の夜景スポット。自動車の運転免許を取って直ぐに彼女を連れて夜景を見に行ったという人も多いはず。それ故に京都市外から来られる観光客の方々にはあまり馴染みのないスポットかも知れません。ですが、東の方角から見渡せる京都の街の夜景は圧巻。京都タワーや鴨川など、名所も一望できます。京都には高い建物はないので、これほど高い位置から夜景やサンセットを満喫できるのは珍しいのです。冬場は期間限定でライトアップされるので、カップルの旅行者には注目のスポットです。
名称:将軍塚青龍殿
住所:〒607 - 8456京都府京都市山科区厨子奥花鳥町28
交通アクセス:地下鉄東西線「東山駅」から車約5分
※2018年12月時点の情報です。

【京都の定番デートスポット】鴨川の河川敷でロマンチックなひと時を

鴨川の河川敷に等間隔でカップルが並んで座っている景色は京都の風物詩。四条大橋や川端通りからその風景を見た人も多いのではないでしょうか?いつか私も!という気持ちを抱く女性たちの憧れのスポット。春は桜並木、夏は先斗町から川床もせり出し、より京都らしい風景になり、秋は紅葉、冬は雪景色が楽しめる。想像しただけでもワクワクしませんか?四条通りや三条通りからも近いので、カフェやランチを楽しみつつ、鴨川沿いの京都らしいフォトジェニックな風景を満喫してみてはいかがでしょう?
名称:鴨川
アクセス:京阪三条駅や祇園四条駅すぐ
※2018年12月時点の情報です。

【京都らしい季節感を満喫するなら】借景と紅葉が有名な南禅寺

湯豆腐で有名南禅寺。Instagramが流行ってからは、別の魅力でも注目されている観光スポットです。秋の紅葉の時期を中心に、美しい風景を楽しめます。南禅寺境内もとても美しく絶景が色がっていますが、特にオススメしたいの「南禅寺水路閣」。京都以外の人にはあまり馴染みのない名称ですが、琵琶湖の水を京都に引くために建設された疎水の水路橋です。話の建築物と対称的に、洋風のレンガ造りが紅葉に映えます。
名称:南禅寺
参拝時間:8:40~17:00(冬季は16:30まで)
住所:〒606-8435京都府京都市左京区南禅寺福地町
電話:075-771-0365
アクセス:JR京都駅から市バスで30分
※2018年12月時点の情報です。

京都府京都市左京区南禅寺福地町 南禅寺

4.27 902516

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【世界的なパワースポット】 インスタ映えする伏見稲荷大社の千本鳥居

世界的にも有名な京都の伏見稲荷。数多くの神社の中でも、特に外国人が多いと感じる観光地です。もはや定番の観光スポットですが、やはり千本鳥居は圧巻です。ぜひ晴れた日に観光に訪れてみてください。インスタ映えはもちろんですが、都会にあるのにとても心洗われる雰囲気を感じます。京都駅からもアクセスしやすく、カップルのデートコースにもぴったりです。千本鳥居までの道のりは、それほど簡単ではなく、道も悪いので女性の皆さんはヒールではなくスニーカーでお出かけすることをすすめします。
名称:伏見稲荷大社
住所:〒612-0882  京都府京都市伏見区深草藪之内町68
参拝時間:終日
交通アクセス:JR奈良線稲荷駅から徒歩すぐ
電話:075-641-7331
※2018年12月時点の情報です。

京都府京都市伏見区深草藪之内町68 伏見稲荷大社

4.51 2655404

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【まさに日本のアート】嵯峨嵐山の天龍寺

京都を代表する観光地の一つでもある嵯峨嵐山。カップルで嵐山の町並みを散策して楽しむのもよし、渡月橋付近でゆっくり過ごすのもよし。また、竹林などの自然も豊かなので、見る場所に困りません。ここ天龍寺もその一つ。こと京都の文化財の一つとして世界遺産に登録され、こちらでは素晴らしい借景が楽しめます。自然と建築物の調和を体感できる貴重なお寺。特にインパクトが大きいの天井に描かれている迫力満点の雲龍図。雑誌やネットで見慣れている日本人の我々でも、生で見る迫力は別物です。特別公開期間を除き、土日祝日のみの公開なので、混雑は避けられませんが、オススメの観光スポットです。
名称:天龍寺
住所:〒616-8385 京都府京都市右京区嵯峨天竜寺芒ノ馬場町68 MAP
アクセス:JR嵯峨野線嵯峨嵐山駅から徒歩13分
参拝時間:8:30~17:30
料金:[大人]500円 庭園参拝料
諸堂を参拝される場合は300円追加
電話:075-881-1235
※2018年12月時点の情報です。

【緑の美しさに感動】日本の美を感じる西芳寺(苔寺)

京都のお寺の中で、非日常を味わえるお寺の一つ西芳寺。美しい緑の苔が辺り一面を覆い尽くしているとても綺麗な観光スポットです。特にオススメの時期は紅葉の時期。緑と赤、黄のコントラストには感動させられます。京都の街中には無い、落ち着いた雰囲気とフォトジェニックな庭園の風景は一見の価値があります。賑やかな女子旅もいいのですが、たまには本来の京都が醸し出す、落ち着いた雰囲気の観光スポットでひと時を過ごして見てはいかがでしょう。庭園の拝観には事前に往復はがきでの申し込みが必要です。人数制限が厳しく、都心部からも少し離れるため穴場スポットともいえるでしょう。
名称:西芳寺(苔寺)
住所:〒615-8286京都市西京区松尾神ヶ谷町56
参拝時間:拝観は事前に往復はがきで申込が必要です
アクセス:京都駅から京都バス73系統/83系統「苔寺 鈴虫寺」下車
駐車場:なし
電話:075-391-3631
※2018年12月時点の情報です。

京都府京都市西京区松尾神ケ谷町56 西芳寺

4.09 20245

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【願いが叶うお寺】お坊さんの説教も魅力的な華厳寺(鈴虫寺)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

sliver元バックパッカー。現主婦。たまに大食い。毎年旅行。週1ラーメン。未経験バスツアー。

このまとめ記事に関して報告する