• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
ヨーロッパ屈指の温泉大国。アイスランドの観光スポットを7カ所ご紹介

日本から飛行機で17時間程の場所に位置する人口約35万人の小さな島国・アイスランド。アイスランドは国土の大半を火山地帯が占め日本以上の温泉大国として知られています。今回はそんな温泉大国で知られるアイスランドで訪れたい観光スポットを7カ所紹介します。(※なお情報は2018年11月時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

1. ブルーラグーン / グリンダビーク

初めに紹介するのは、グリンダビークにある「ブルーラグーン」です。ブルーラグーンとは、自然にできたものではなく、実は人工的にできたものです。地熱発電の際に生成される副産物であるお湯が地下へ流れ切らずにたまったもので、現在では世界的にも珍しい巨大な露天風呂として観光客を集めています。
ブルーラグーン内の施設で購入できる食べ物の内の一つに、なんと日本料理である「寿司」が売られているそうです。日本からはるか遠い国でもお寿司は愛されていてることが分かりますよね。

詳細情報

  • Nordurljosavegur 9, 240 Grindavík, Iceland

2. ヴァトナーヨークトル氷河 / 南東部

続いて紹介するのはアイスランド南東部に位置する「ヴァトナーヨークトル氷河」です。こちらのヴァトナーヨークトル氷河はヨーロッパ最大の氷河と言われています。氷河の上をトレッキングできたり、スノーモービルで滑ることもでき、様々なアクティビティを楽しめる事から世界各地から観光客を集めています。
こちらは、アイスケイブ(氷の洞窟)と呼ばれているヴァトナーヨークトル氷河で人気のスポットです。美しく輝く青色の洞窟はどこか地球ではないところにワープしたかの光景です。この光景は冬の時期にしか見られず、夏になると氷河が解けて無くなってしまうそうです。

詳細情報

  • Vatnajokull Iceland

3. ハットルグリムス教会 / レイキャビク

続いて紹介するのは首都レイキャビクにある「ハットルグリムス教会」です。首都レイキャヴィークにあり、アイスランドで最も高い建物として知られ、街のシンボルにもなっています。教会の前には、英雄として讃えられている「レイフ・エリクソン」の銅像が建っています。
教会内は白を基調としたデザインで、大きな柱が規則正しくきれいに並べられています。中でもひと際目立っているのが教会の中心にある大きなパイプオルガンで、その迫力は息をのむほどだとか。教会内には展望台があり、レイキャヴィークの街並みを一望できます。

詳細情報

  • Hallgrímstorg 101, 101 Reykjavík, Iceland
  • +354 510 1000

4. ヘイマエイ島 / ヴェストマン諸島

続いて紹介するのがヴェストマン諸島にある「ヘイマエイ島」です。ヘイマエイ島は野鳥が多く観察で来る場所として、アイスランドでも有数のバードウォッチングスポットです。現地ではツアーが催行されていて、鳥だけでなくアザラシやクジラも見ることができるそうです。
こちらの鳥はパフィンと呼ばれる海鳥の一種で、ヘイマエイ島に多く生息しています。世界中のパフィンの内、60%がアイスランドに生息していると言われています。パフィンを観察できる時期は決まっていて、産卵し雛鳥を育てる夏の期間のみ。パフィンを一目見たい方は夏に訪れてみてくださいね。

詳細情報

  • heimaey

5. レイニスファラ / ビーク

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する