• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【終了】ライトアップイベントに約500発の花火も!佐賀で「吉野ヶ里 光の響」開催

2018年12月8日(土)、9日(日)、15日(土)、16日(日)、22日(土)、23日(日)、24日(月・振)、吉野ヶ里歴史公園にてライトアップイベント「吉野ヶ里 光の響」が開催されます。(なお情報は、記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトで事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

ライトアップ「吉野ヶ里 光の響」開催

開催期間:2018年12月8日(土)~24日(月・振)※期間中の土日・祝日のみ開催

2018年12月8日(土)、9日(日)、15日(土)、16日(日)、22日(土)、23日(日)、24日(月・振)、吉野ヶ里歴史公園にてライトアップイベント「吉野ヶ里 光の響」が開催されます。
太古より日照時間が最も短い「冬至」を越えることは、太陽が力を取り戻すことを意味し、世界各地で「冬至祭」が催されました。『吉野ヶ里 光の響』は、そんな「冬至祭」にならい、様々な光や炎を用いて園内をライトアップし、来園した人と一緒に春への歩みを祝おうと始まったイベントなんです。

※画像は過去のものです

東口「歴史公園センター」~園内へと続く「天の浮橋」は、イルミネーションで、その先の環壕集落ゾーンは篝火やキャンドル、間接照明をメインとしたライトアップが行われています。

※画像は過去のものです

メイン会場となる「南内郭」ではキャンドルを使用した地上絵が形作られ、復元建物の物見やぐらの上から見ると、キャンドルで描かれた絵が浮かび上がるんですよ。
また、佐賀の風物詩となっている熱気球を使い、夜間に熱気球のバーナーによる光と音楽を組み合わせた演出が楽しめる「熱気球の夜間係留ナイトグロー」が行われます。夜の闇に熱気球のバーナーが轟音とともに暖かな光を放ち、バスケットに乗り写真撮影を行うことができるんです。(※飛行はしません)

※画像は過去のものです

そして、イベント期間中毎日行われるクライマックスには、ライトアップされた物見やぐらの背後に打ち上げられる約500発の花火が最大の見どころでもあり、吉野ヶ里ならではのこちらの光景は、多くの人を魅了させてくれますよ。(20:00~ 約5~10分間)

夜空に煌めく冬の花火とイルミを楽しもう

いかがでしたか?今回は、佐賀の吉野ヶ里歴史公園で行われるライトアップイベントをご紹介しました。クライマックスの花火は、魅了されること間違いないですね。花火や、熱気球の夜間係留は、悪天候時の場合中止となる場合もあるので、事前にHPなどで確認してから行くことをオススメします。是非、参考にしてみてくださいね。

詳細情報

■ライトアップイベント『吉野ヶ里 光の響』
期間:2018年12月8日(土)、9日(日)、15日(土)、16日(日)、
   22日(土)、23日(日)、24日(月・振)
   ※12月8日(土)~24日(月・振)の土日祝日開催
時間:17:00~21:00(閉園)
場所:吉野ヶ里歴史公園 東口~南内郭
入園料:大人280円、シルバー(65歳以上)200円、中学生以下無料
※上記入園料は、17時以降のものです。9~17時は大人460円、シルバー200円
17時以前に入園した人も引き続きイベントに参加出来ます。
  • 佐賀県神埼郡吉野ヶ里町田手1843
  • 0952559333

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する