• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
エネルギー溢れる生き物たちに出会う!「おたる水族館」でしたい7つのこと

生き物たちの本来の姿、見たことありますか?動物園や水族館で暮らす生き物たちが自然で共存している姿を見たいと思っても、なかなか見ることはできません。北海道小樽市にある「おたる水族館」では、海を仕切っただけの豪快なプールでアザラシやトドが暮らしており、自然に近い状態の生き物たちに出会うことができます。今回は、おたる水族館でしたい7つのことをご紹介します。(情報は掲載時点のものです。公式ホームページなどで事前に確認することをおすすめいたします)

このまとめ記事の目次

おたる水族館ってどこにあるの?

北海道・小樽市にある「おたる水族館」は、小樽駅から車で約25分の場所にあります。敷地内には屋内型の水族館と、海獣公園や遊園地も隣接しています。通常営業時間に加え、冬季営業や夜間延長なども行っています。また、長期休館日もあるので、事前に確認をしてからおでかけすることをおすすめします。それでは、おたる水族館の魅力をピックアップしてご紹介していきます。

①貴重な存在!ネズミイルカに会う

こちらの可愛いイルカは「ネズミイルカ」といい、北海道沿岸に生息する小型の鯨類(げいるい)です。研究以外の目的で飼育することを禁じられているため、展示している施設が少なく、複数での展示は日本ではおたる水族館だけだそうです。
ネズミイルカはとっても好奇心旺盛で、近づいてきてくれることもあるそうです。全部で4頭飼育しているうちの2頭が「ほのぼのプール」で展示されていますので、ぜひ遊びに行ったら足を運んでみてください。ネズミイルカの愛くるしさに癒されるかもしれません。

②アザラシの潤んだ瞳に癒される

おたる水族館では、4種類のアザラシを海獣公園という自然に近い環境にした水槽で飼育しています。アザラシの中で最も小型といわれる「ワモンアザラシ」は、潤んだ瞳が特徴のアザラシです。こちらでは、2頭飼育されています。
他にもゴマフアザラシやアゴヒゲアザラシ、ゼニガタアザラシといった日本近海で見ることのできるアザラシを展示しています。また、夏季営業時はアザラシショーを観賞することもできますので、こちらもぜひチェックしてみてください。(展示されている海獣公園は、冬季営業期間中はご覧いただくことができません)

③ここでしか見られない魚を完全制覇する

おたる水族館には、珍しい魚もたくさん展示されています。国内最大級の大きさを誇る淡水魚「イトウ」は、1メートルを超える大きさの魚も展示されています。ワカサギと同じ水槽で飼育されているイトウの存在感に誰もが圧倒されるでしょう。
「マリンギャラリー」エリアにはクリオネやフサギンポ、フウセンウオなどの珍しい魚が展示されています。特にフウセンウオは表情によって色々な顔つきになる可愛い生き物です。色々な角度から写真を撮って、お気に入りの表情を探してみてください。

④迫力満点のイルカショーを楽しむ

「イルカスタジアム」で鑑賞することができるのが、バンドウイルカによる迫力満点なショーです。前のほうに座ると、近くまでイルカがあいさつをしに来てくれます。また、交互に行われているオタリアのショーもおすすめです。
イルカショーを観賞した後に、立ち寄って欲しいのがイルカスタジアムの下にある「地下観覧水槽」です。そこにはプールの中をまるごと見られる空間が広がっています。目の前を縦横無尽に泳ぐイルカたちの姿は圧巻ですので、ぜひ足を運んでみてください。

⑤タッチエリアで生き物とふれあう

タッチエリア「さわってEzone」では、北海道の海に生息している生き物を触ることができます。毎日時間限定で巨大なミズダコやヒトデのほか、普段なかなか触ることのできない生物に触ることができます。こちらのエリアには、なんと水温3度の水槽があります。これは真冬の小樽の海水温とほぼ同じだそうです。ぜひタッチエリアに立ち寄った際には、手を入れてみましょう。冷たすぎて底まで手を伸ばすことができないかも...?

⑥生き物モチーフの可愛いランチを食べる

おたる水族館には、海獣公園に隣接した「浜の屋食堂」と「レストランニュー三幸」という2つの飲食施設があります。浜の屋食堂では、ホタテやつぶ貝などの本格的な磯焼きを楽しむことができます(浜の屋食堂は、冬季営業期間は休業中です)。
レストランニュー三幸では、小樽の海を眺めながらお食事を楽しむことができます。こちらのレストランでは水族館で人気の生き物をイメージしたランチがおすすめです。「カメの太郎くんランチ」は見た目も可愛く、子どもたちにも人気のメニュー。レストランを訪れた際には、ぜひ注文してみてはいかがでしょうか。

詳細情報

  • 北海道小樽市祝津3-303 おたる水族館内
  • 0134-23-5559
eparkMamakoeで見る
  • 北海道小樽市祝津3-303
  • 0134331400

⑦お気に入りのオリジナルグッズを買う

おたる水族館のショップには、魅力的なオリジナルグッズがたくさん置いてあります。ネズミイルカのぬいぐるみや、おたる水族館の為に特別に開発された「おたる水族館ビール」など、ここでしか買えないお土産を手に入れましょう。
おすすめはこちらの「コツメカワウソ」のグッズです。ディスコで踊るコツメカワウソのイラストが可愛く、つい手に取ってしまいます。クリアファイルやキーホルダーなど種類が豊富なので、遊びに行った際には水族館の思い出として購入してみてはいかがでしょうか。

自然と生き物の共存を学ぼう

いかがでしたか。おたる水族館では自然と共存する生き物の生態を観察したり、北海道でしか見ることのできない生き物を実際に触れることも可能です。また、近隣には「祝津マリンランド」があり、観覧車に乗って小樽の海を遠くまで眺めることもできます。季節によって楽しみ方が違うので、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか(祝津マリンランドは営業期間が限られている為、公式HPにて事前確認することをおすすめします)。

詳細情報

eparkMamakoeで見る
  • 北海道小樽市祝津3-303
  • 0134331400

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する