• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
こんなの見たことない!ムデハル建築が美しいスペイン・テルエルの観光スポット7選

スペイン・アラゴン州の「テルエル」。イスラムと西欧の文化が融合した独特の景観が美しい町です。今回は、そんなテルエルの観光スポットをご紹介します。スペインを訪れた際は、是非その文化の結晶を見に訪れてみてくださいね。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

テルエルとは?

「テルエル」はスペイン・アラゴン州にある、美しいムデハル様式建築が有名な町です。イスラムと西欧が融合したムデハル様式の建築物はスペインならではの独自の景観を作り出しています。また、”スペインのロミオとジュリエット”と呼ばれる”テルエルの恋人たち”の伝説でも知られています。

①サンタ・マリア大聖堂

最初にご紹介する「サンタ・マリア大聖堂」は、町の中心地にある大聖堂です。カテドラルの塔は、ムデハル様式の塔が残るテルエルの中でも最古のもので13世紀に建造されました。カテドラルを含むテルエルのムデハル様式の建築物は「アラゴンのムデハル様式の建造物」として世界遺産に登録されています。
内部は、イスラムの幾何学模様や植物の模様が描かれた見事な天井が見どころです。様々な人物や動物などが描かれていて、じっくり見ても飽きない美しさです。キリスト教の建築物でありながらイスラムの文化が融合したさまを見ることができます。

詳細情報

  • Plaza de la Catedral, 3, 44001 Teruel, Spain

②サン・マルティンの塔

次にご紹介する「サン・マルティンの塔」も、世界遺産に登録されているムデハル様式の建築物です。周囲に建物が密集していないため、塔の全景を見ることができます。彩色された陶器製のひし形や幾何学模様の装飾が美しい、レンガ造りの塔です。
この塔は、イスラム教寺院に付属する「ミナレット」と呼ばれる塔の形を模倣しており、当時のモロッコのムワッヒド王朝の技術が用いられました。イスラムの建築物が、ヨーロッパの街並みと融合しているさまはここでしか見られない独特な景観です。

詳細情報

  • Calle San Martín, 1 44001 Teruel スペイン

③サン・ペドロ教会(恋人たちの霊廟)

次に紹介するのは、"恋人たちの霊廟"で知られる「サン・ペドロ教会」です。"スペインのロミオとジュリエット"と呼ばれる言い伝えが有名で、戦争で引き裂かれてしまった男女が眠っています。地元の人はもちろん、多くの観光客が訪れるスポットです。
この教会では、悲しい運命に終わった二人が手を繋いで眠る像を見ることができます。また、教会自体もムデハル様式の建築物で世界遺産に含まれています。彩色されたレンガ造りの外装が美しく、また豪華絢爛な内装も大変見事です。

詳細情報

  • Calle Hartzembusch, 7, Teruel, Spain

④エル・サルバドルの塔

次にご紹介する「エル・サルバドルの塔」は、先ほどご紹介した「サン・マルティンの塔」ととても似た塔。テルエルの町に入って最初に目につく塔です。わかりにくいですが実は、建設当時の誤算で斜塔になっています。
内部には「ムデハル建築センター」があり、テルエルのムデハル建築についての歴史や文化が展示されています。また、有料ですが最上階まで登ることができ、展望台からテルエルの景観を眺めることができます。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する