• はてぶ
  • あとで
北ドイツの高感度な街!港湾都市「ハンブルク」の散策コース・魅力7選

ミュンヘンともベルリンともケルンとも違う、ドイツの新たな一面を見たいあなた! 世界の住みたい都市ランキング常連の、ドイツ人が憧れる高感度な街「ハンブルク」を訪れてみませんか? 近年は「デンマーク・コペンハーゲン」と「ハンブルク」の組み合わせが人気。港町の風を浴びながら、今まで知らなかった北ドイツ独特の雰囲気に触れてみませんか。(情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

北ドイツの港町「ハンブルク」って、どんな街?

ビールを飲むオクトーバーフェスト?茹でソーセージのヴァイスブルスト? ドイツにそんなイメージを持ってませんか。北ドイツは、みなさんが想像するドイツのイメージと全く違います。そんな北ドイツで最大の都市が、「ハンブルク」。ハンザ都市として繁栄した時代の壮観な建物と、国際的な港湾都市として重要役割を果たしてきたハンブルク港、そして独自のカルチャーを生んできたハンブルクの街並みは、きっとあなたを惹きつけるはず。
日本からミュンヘン・フランクフルト・デュッセルドルフへの直行便はありますが、ハンブルクへの直行便はありません。ハンブルク行の中東の航空会社による乗継便や高速列車ICEの駅直結のフランクフルト空港から、ドイツ鉄道ICEを利用するのが便利です。
この記事では、ハンブルクに来たら絶対に見逃せない観光スポットとして、ハンブルクの歴史ある旧市街、世界遺産に指定されたレンガ倉庫街を始めとする港湾エリア、そしてビートルズも腕を磨いたハンブルクのカルチャーを間近で体験できる繁華街をめぐる、散策コースをみなさんにご紹介します。

1. 湖と港に挟まれた、ハンザ都市の街並みに触れる

市庁舎 / Rathaus

「市庁舎」は、ハンブルク中央駅からSバーンまたは地下鉄に乗車し数分の市庁舎(Rathaus)駅またはユングフェルンシュティーク(Jungfernstieg)駅にあります。地下のホームから地上へ出ると、存在感のある市庁舎が目に飛び込んできます。バッキンガム宮殿より多くの部屋があると言われる市庁舎の内部に入るには、ロビーの受付にて、ドイツ語または英語での見学ツアーへの申込が必要です。

アルスター湖 / Alster

市庁舎からも見える大きな湖「アルスター湖」。線路や道路によって2つに分けられています。市街地側の部分が「内アルスター(Binnenalster)湖」には噴水があり、市街地から遠い部分が「外アルスター(Außenalster)湖」には貸しボートや遊覧船がありますよ。
ハンブルク市内のシェアサイクル「StadtRAD(シュタット・ラート)」で湖畔や街中を散策するのもいいですね。

詳細情報

Rathausmarkt 1, 20095 Hamburg, Germany

3.12 144

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

Brucke 1, 22159 Hamburg, Germany

3.08 04

2. 音楽家が集った教会!無料コンサートに参加する

旧市街から高級ブティック地区を抜けて港方面へと進むと、聖ミヒャエル教会へ到着します。聖ミヒャエル教会は、高さ132mの塔を持つバロック形式の建築です。バッハの息子やブラームスなど、ドイツを代表する音楽家に縁があり、毎日10時と21時にはトランペットのソロ演奏が、12時にはオルガンの無料コンサートが行われます。
他の多くの教会と同様、聖ミハエル教会の尖塔にも上ることができます。453段の階段を上ると、ハンブルクで一番高い教会の塔から、ハンブルクの市街地を一望することができます。さらに、エルベ川沿いに立つエルプフィルハーモニーを綺麗に眺められるのも、聖ミヒャエル教会ならではかもしれません。

詳細情報

3. 世界遺産!フォトジェなレンガ地区を歩き、港の風を感じる

倉庫街(シュパイヒャーシュタット) / Speicherstadt

ミヒャエル教会から南東に進むと、レンガ建築が立ち並ぶ倉庫街・シュパイヒャーシュタットに到着します。ヨーロッパ三大港の一つであるハンブルク港は、「世界の玄関口」とも呼ばれています。世界中から輸入したコーヒーや茶などの商品を保管するため、運河沿いに多くのレンガ倉庫が建てられ、美しい景観となっています。
倉庫街・シュパイヒャーシュタットをはじめとするハンブルク港一帯では、毎年9月ごろに、「ブルーポート・ハンブルク」というライトアップイベントが開催されます。ライトアップイベントが行われていなくても、レンガ倉庫の夜の街並みは壮観で、倉庫街の運河にかかる橋では、多くの人が写真撮影を楽しんでいます。

詳細情報

3.06 118

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

4. 最先端!再開発で現れた、ハンブルクの二大観光地を訪れる

エルプフィルハーモニー・ハンブルク / Elbphilharmonie Hamburg

そんなハーフェンシティのシンボルは、2017年に開業した「エルプフィルハーモニー ハンブルク」というコンサートホール。市民からエルフィ(Elphi)として親しまれるこのホールのみどころは、ユニークな外観。もともとあったレンガ倉庫の上に、一枚一枚曲げられたガラスで覆われたコンサートホールが建てられました。

ミニチュア・ワンダーランド / Miniatur Wunderland

ハーフェンシティは再開発が進み、ハンブルクの中でいま最も進化し続けている港湾地区です。そんなハーフェンシティの観光スポットの1つは、「ミニチュア・ワンダーランド」。世界最大の模型テーマパークで現在も規模を拡大中。動き続ける鉄道や、実際に離陸する飛行機の他、南ドイツでビールを飲む家族やハイジの世界まで再現されています。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する