• はてぶ
  • あとで
たまには外で、鍋にしようか。東京都内の“鍋デート”にオススメなお店10選

外にいるだけでも寒さが堪える、冬。あたたかいものを食べて、ホッとする瞬間が欲しい季節。そんな冬を楽しみたいのなら、カップルであたたかい鍋でも味わってみてはいかがでしょう。同じ鍋を囲みながら、心も体もポカポカする時間。きっと幸せな、すごく素敵なひと時を過ごすことができるでしょう。(※掲載されている情報は2021年2月記事更新時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①九州黒太鼓 / 池袋

最初に紹介するのは、「九州黒太鼓(くろだいこ)」です。鍋専門の隠れ家のような個室で過ごすことのできるお店。池袋駅から徒歩4分ほどで行くことができます。30種類以上もの鍋料理が揃っています。
せっかくこちらのお店を訪れたのなら、ぜひ実際に体験したいのが「(元祖)肉肉肉×29盛り鍋~辛味噌火山仕立て~」。これでもかと積み上がったお肉を、辛味噌仕立てでじっくり味わえる、インパクト抜群な鍋。

詳細情報

tabelogで見る

東京都豊島区南池袋2-16-8 鈴和ビルB1

3.74 819

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

②牡蠣貝鮮 かいり / 渋谷

続いて紹介するのは、「牡蠣貝鮮 かいり」です。こちらのインパクト大な鍋、海鮮がたっぷり入った”痛風鍋”という鍋です。牡蠣やあん肝、白子などプリン体がたくさん含まれた食材を使っています。痛風になっても食べたい、海鮮好きにはたまらない一品です。
あん肝がたっぷり溶け込んだ味噌ベースのスープは、海鮮にぴったりです。締めには雑炊を食べることが出来ます。ご飯とスープの相性も抜群ですよ。最初から最後の締めまで、思う存分海鮮が楽しめる一品です!

詳細情報

東京都渋谷区道玄坂2-6-15スズイビル2階

3.10 01

③玉乃葉ぐーや / 西麻布

続いて紹介するのは、「玉乃葉ぐーや(たまのはぐーや)」。広尾駅から徒歩8分ほどで行くことができる、大人の贅沢空間。昔懐かしい雰囲気のお店で、タイムスリップした気分でくつろぐことができます。こちらには看板メニューともいうべき、あるお鍋があるんです。
なんども夢に見た夢。それが「とろろ鍋」。豚、牛、鶏からお好みのお肉を選んで、上からたっぷりととろろをかける。どろっとしたとろろの食感がたまりません。ある意味絶景な鍋を、恋人と味わってみてはいかがでしょうか。

詳細情報

④ファイヤーホール4000 / 五反田

続いてご紹介するのは「ファイヤーホール4000」というお店。五反田駅から徒歩5分ほどの所にあるこちらのお店では、栄養薬膳師のシェフの腕が詰まった火鍋をいただくことができます。寒い冬には火鍋で体を温めましょう!
薬膳スープは体にも優しいので、美味しいものを食べながらポカポカ温まることもでき、栄養抜群なんていいことづくしですよね。また、コースメニューも様々な価格帯で揃っているので、色々なシチュエーションで重宝しそうです。

詳細情報

⑤蟻月 / 恵比寿

次にご紹介するのは「蟻月(ありづき)」です。恵比寿駅から徒歩7分のこちらは、隠れ家風の外観で上品な佇まいが魅力的。こちらの店名が書かれた提灯が目印です。もつ焼きやもつ鍋が絶品の人気のお店なんですよ。
もつ鍋は厳選された国産もつを使用していて、スープの味は5種類の中から選ぶことができます。白味噌をブレンドした「白」や、醤油ベース「赤」などからその日の気分で選びましょう。お酒が進むもつ焼きももちろんおすすめです。

詳細情報

⑥やましょう / 人形町

続いて紹介するのは、「やましょう」です。人形町駅から徒歩3分ほどでいくことができます。博多に本店があるお店だからこそ味わえる、九州の食材をこだわって使った鍋料理、お酒を楽しむことができます。
見た目の美しさも備えた、一度お目にかかりたい鍋「やましょう鍋」。昆布だしに、福岡の合わせ醤油のスープは濃厚で食べやすいもの。白菜と鹿児島県産の黒豚は、シンプルだけど、じっくり美味しい味わいを楽しませてくれます。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

DOKIDOKIアネモネの恋

このまとめ記事に関して報告する