【予算別】コスパ宿、それとも高級宿?予算で選ぶ台湾・台北のおすすめ宿まとめ

日本からも近く、観光客がたくさん訪れる台湾。そんな台湾の中心都市台北は、観光スポットはもちろん、グルメなどもあり、何回いっても楽しめるスポット。そんな台湾旅で困るのが、宿。どこに泊まるかはいつも悩んでしまいますよね。今回は、予算別に台北のおすすめ宿をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

予算1泊6,000円以下

シティインホテル プラス シーメンディン ブランチ

最初に紹介するのは西門駅近くにある「シティインホテル プラス シーメンディン ブランチ」です。ここはリーズナブルながらもロケーションが良く、ホテル周辺には夜市やコンビニなど様々な施設がありますよ。

Guest Room

さらにサービスも豊富なんです。特に荷物預かりサービスは、現地に着いてからロッカーを探す手間なくすぐに遊びに行くことができ、時間が限られている旅行者にはとてもありがたいですよね。
bookingで見る

CityInn Hotel Plus - Ximending Branch

No. 63, Baoqing Road, Zhongzheng District, Taipei City, Taiwan, Province of China

3.11 08

Meander 1948 / 台北駅

次に紹介するのは、台北駅近くにある「Meander 1948(ミアンダ)」。モダンでスタイリッシュかつ観光地へのアクセスも良いホテルにも、お手頃価格で宿泊することができるんですよ。
ダブルルームやファミリールームなど、様々な部屋のタイプがあるので旅の目的に合わせて選ぶことができます。さらに女性専用ドミトリーであれば1泊4,000円〜泊まることもできます。

Meander1948

No. 42號, Taiyuan Road, Datong District, Taipei City, 台湾 10349

3.00 02

予算1泊9,000円以下

ムダンハウス / 大橋頭駅

ご紹介する予算9,000円以下の宿は、台北市の大同区にある「Mudan House(ムダンハウス)」。おしゃれでユニークなつくりの個人経営の宿は、どこか温かみのあるスポット。
とにかくセンスのいい宿、それがMudanHouse。中心地からは少し離れているものの、その分ゆったりとしています。延三夜市が近く、気軽に夜市を巡れます。酔っ払ってもすぐ近くなので大丈夫。

MudanHouse 牡丹居

No. 196, Changji Street, Datong District, Taipei City, 台湾 103

3.00 02

ウルトリップ ホテル / 南京復興駅

続いて紹介するのは 南京復興駅の近くにある「ウルトリップ ホテル」です。ここはシックでおしゃれな内装が特徴で、ホテルもおしゃれな空間で過ごしたいという人にうってつけなんですよ。

Superior Double Room

部屋は清掃が行き届いており、ピカピカ。全室テレビ、専用バスルームがあるので快適に過ごすことができます。遼寧夜市からも近く、台北旅行の拠点にするにはぴったり。
bookingで見る

Urtrip Hotel

12F, No. 219, Sec. 2, Chang-an East Road Taipei

3.09 05

予算1泊12,000円以下

アンビエンス ホテル / 松江南京駅

1つ目に紹介する予算1泊12,000円以下の宿は、松江南京駅近くにある「アンビエンス ホテル」。白を基調としたスタイリッシュなこのホテルは、リピーターの多い人気ホテルなんです。日本語を話せるスタッフもおり、そのホスピタリティーはお墨付き。
部屋もとても綺麗で、値段を考えるとかなりコスパのよい泊まり心地を提供してくれます。なかでも人気のデラックスルームは、街を見下ろせる絶景風呂がついており、特別なステイになりそうです。予算は10,000円〜。
agodaで見る

アンビエンス ホテル

64,Sec.1,Chang-An E.Road Taipei Taiwan

3.19 05

オリジン スペース / 北門

次に紹介するのは、北門エリアにある「オリジン スペース」。レトロな雰囲気のオリジンスペースは、それもそのはず古民家をリノベーションしたもの。迪化街の街によく馴染んでいます。
1階にはカフェスペースもあり、ここは宿泊者以外でも利用可能。小さなコミュニティのようになっており、温かい雰囲気です。部屋にはレコードプレーヤーが置いてあり、どこまでもレトロモダンな雰囲気に浸れます。1泊10,000円ほどからです。
予約する

OrigInn・Space

No. 247, Nanjing West Road, Datong District, Taipei City, Taiwan

- 05

予算1泊20,000円以上

ザ オークラ プレステージ タイペイ / 中山

次に紹介するのは、1泊20,000円以上の高級ホテルたち。ここ「ザオークラプレステージタイペイ」は、中山駅近くにある一流ホテルです。ホスピタリティ溢れるホテルは、贅沢台湾旅にはぴったり。
部屋もゴージャスで、申し分ありません。最上階にはスパやプールがあり、至れり尽くせりのホテルです。セキュリティレベルも非常に高いため、はじめての台湾旅や一人旅にもぴったり。

マンダリン オリエンタル タイペイ / 台北小巨蛋

次に紹介するのは、台北を代表する高級ホテル「マンダリン オリエンタル台北」。中山エリアにあり、松山空港からは車で5分というかなり高ロケーションのホテルです。東京・日本橋にもあるマンダリンオリエンタルは、世界が認めた超一流。
屋外プールはもちろん、スパにサウナ、24時間営業のフィットネス施設と十分すぎるファシリティ。部屋の種類もいくつかあり、予算やシチュエーションに合わせて楽しめます。相場は40,000円〜。

あなた色の台湾旅に!

いかがでしたか?今回は、台湾・台北にあるホテルを予算別でご紹介しました。旅のカラーに合わせて、ぜひお好きなホテルを選んでみては?

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

ashita-ga-birthday明日、誕生日です!

このまとめ記事に関して報告する