• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
自然に触れ合ってリフレッシュ!広島市植物公園でしたい5つのこと

みなさん広島県にある「広島市植物公園」はご存知ですか?たくさんの植物で賑わう憩の場であるこの公園では季節の花々や、ここでしか体験できないイベントなど見所がたくさん。今回はそんな「広島市植物公園でやりたい5つのこと」をご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

広島市植物公園ってどんなところ?

広島市中心部から車でおよそ30分で行ける「広島市植物公園」は、植物好きにはもちろん、家族でのお出かけにもぴったりです。東京ドームおよそ4個分(18.3ha)もある園内には四季折々の花が咲いており、ゆっくりと時間をかけて散策することができます。今日はそんな広島市植物公園でのオススメの過ごし方をご紹介します。

①中四国最大級の温室で植物を鑑賞する

広島市植物公園には約1万種類、20万3千本もの植物が栽培されています。温室では植物を、現地の状況を再現しながらカテゴリー別に展示しており、エリアごとに違った雰囲気を楽しむことができます。2018年3月にリニューアルされた大温室は、明るく開放感があり、道なりに歩くだけで全ての植物が目に入るように工夫されています。温室を一周すれば、お気に入りの植物が見つかるかもしれません。
数ある植物の中で注目したいのは、温室のリニューアルに合わせて西オーストラリアのカナナラから約11,000kmもの距離を経てやってきたオーストラリアバオバブです。なんと、日本一大きいバオバブで、その推定樹齢は400年。温室内でもひときわ目を引く存在です。その大きさと形により、古代から畏敬の対象として神が宿ると信じられていたバオバブは、一見の価値ありです。

②四季折々の「花の迷路」に挑戦する

温室の外でも、梅やサクラ、フジ、アジサイ、ツバキなど季節の花々が一年を通して栽培されており、訪れた季節に合った花を鑑賞することができます。特に人気なのがバラ園で、世界中のバラ約700種がここで見られるんです。バラ園からは、バラだけでなく宮島や瀬戸内海の島々を眺めることができるので、美しい景色を堪能し放題です。バラの見頃は見頃は5月中旬~6月中旬と10月中旬~11月中旬の年2回あります。
また、屋外の花々の一部は迷路のようになっており、大人から子供まで楽しめる工夫がされています。ヒマワリやコスモスなど、季節感ある花いっぱいの迷路は見た目より難しく、大人でもゴールするのに数分かかるほどだそうです。家族で訪れた際に、親子で挑戦してみるのもいいかもしれませんね。

③「森のCafe・レストラン」で景色を楽しみながら休憩する

お昼になってお腹が空いたり、少し歩き疲れたら、公園内のカフェやレストランでひと休み。森のレストランは、ガラス張りで開放感ある構造が特徴。窓際の席からはすぐそばにある花の迷路が見えます。美しい園内を眺めながら食事をいただくことができます。
※画像はイメージです

※画像はイメージです

一方、森のCafeは丸太を加工して建てたかのような可愛らしいログハウス。暖かみのある外観・内装で一息つくのにぴったりです。コーヒーや紅茶などのドリンクやケーキセットの他、定食もいただくことができるので、気分によって森のレストランと使い分けできるのが嬉しいですね。

④季節限定のイベント「秋のグリーンフェア」に参加する

広島市植物公園では秋の恒例行事として秋のグリーンフェアが毎年10月上旬に行われています。野外コンサートやクラフト教室、ガーデニングコンテストなど様々な企画が用意されており、多くの人で賑わいます。また企画にはガーデニング相談会や花の苗のプレゼント(先着順)など、植物園らしいものも多くあります。
この期間は入園料が無料になり(駐車料は有料)、家族連れが多く来園します。うさぎやひよこなどの小さな動物と戯れたり、園内をスタンプラリーしたりと、子供でも楽しめる内容が盛りだくさんです。土日限定のイベントもあるので、晴れた休日に家族で訪れてみるのもいいですね。

⑤夜のライトアップをカメラにおさめる

広島市植物公園では夕方から園内のライトアップが始まります。お花の迷路も夜になったら光の迷路に大変身。光に照らされた園内は、お昼とはまた違った幻想的な雰囲気に包まれます。広い敷地を活用したスケールの大きい演出は思わずうっとりしてしまいます。
ライトアップの演出は季節によって変化しており、春であれば桜をイメージしたピンク色のトンネルや、夜桜を楽しめるライトアップ、冬にはキャンドルとイルミネーションで彩られた大きなクリスマスツリーが飾られたりと、季節感ある演出でイベントを楽しむことができます。

いかがでしたか?

広島市に訪れたら絶対訪れたい広島市植物公園。色とりどりの草木や花々が咲き乱れる園内は、リフレッシュにぴったりです。晴れた休みの日は、広島市植物公園に訪れて自然に触れ合ってみてはいかがですか。

詳細情報

  • 広島県広島市佐伯区倉重3-495
  • 082-922-3600

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

14Fleurコーヒーとお散歩が好きです。マイブームは高級食パン。

このまとめ記事に関して報告する