• はてぶ
  • あとで
お酒のお供に!北海道・東北地方の「お酒のつまみに合わせたい」手土産7選

そろそろ年末や新年が近づいてきて、手土産などに悩むシーズンになったのでは?そこで今回は、北海道・東北地方の「お酒のつまみに合わせたい」手土産をご紹介いたします。(※掲載されている情報は2018年12月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①鮭とばイチロー(北海道)

まず最初に紹介するのは、釧路おが和の「鮭とばイチロー」です。鮭トバは、北海道名産で、お酒との相性バッチリです。釧路産の「天然秋鮭」を使用していて、絶品だそう。
冬の寒風にさらしたうす塩の鮭は、 乾燥と熟成をさせているそう。そのため、旨味とコクがたまらないおつまみとなっています。北海道を代表する珍味は、きっと喜ばれること間違いなしですよ。

商品情報

②なかよし(青森県)

次に紹介するのは、青森県の花万食品の「なかよし」。八戸市長賞を受賞したり、約15年前から明治神より連続推奨を受けていて、奉納献上をしているそう。
八戸港に水揚げされたイカと特製チーズが絶妙にマッチしたおつまみで、青森県に行ったら買いたいものとなっています。酒のお伴にぴったりで、日本酒やワインなど幅広く合いますよ。

商品情報

③Ça va缶(岩手県)

次に紹介するのは、岩手県の「Ça va(サヴァ)缶」です。国産サバのオリーブオイル漬けで、おしゃれな缶がとっても可愛い。可愛い缶なので、手土産にもぴったりなのが嬉しいですね。
東日本の水産業の復興のための「三陸フィッシャーマンズ・プロジェクト」の一環で作られた缶で、とっても人気商品。黄色の「オリーブオイル漬け」・緑の「レモンバジル味」・赤の「パプリカチリソース味」の3種類ありますよ。

商品情報

④牛たんいぶりスモークスライス(宮城県)

次に紹介するのは、宮城県の伊達の牛たん本舗の「牛たんいぶりスモークスライス」です。仙台といえば、牛タン塩焼きの発祥の地で、牛タンの旨味がぎゅっと詰まっていて、絶品ですよ。ビールなどに合います。
「伊達の牛たん本舗」は、仙台でも大人気の牛タンのお店。人気店のおつまみは絶対に喜ばれること間違いなし。牛タンスモークでぜひお酒をさらに美味しく飲んでみてくださいね。

商品情報

⑤いぶりがっこ(秋田県)

次に紹介するのは、秋田県のいぶりがっこ本舗 雄勝野きむらやの「いぶりがっこ」。いぶりがっことは、囲炉裏干しの大根漬け。秋田の方言で「がっこ」は、漬物の意味だそう。
囲炉裏で燻製させた大根を米ぬかで漬け込んでいて、スモークな風味がお酒と合います。ぽりぽりとした食感も絶品で、食べるのが止まらなくなってしまいます。チーズともよく合いますよ。

商品情報

⑥あけがらし(山形県)

次に紹介するのは、山形県山一醤油製造所の「あけがらし」です。約200年受け継がれてきた古くから愛される商品で、日本酒との相性が抜群のおつまみとなっています。
辛さと甘みと麻の実のカリカリ食感がたまらない一品で、白ご飯のお供にもぴったり。なんと老舗醸造所である「山一醤油」の“女性だけ”が製法を知っているという、秘伝の味をぜひ堪能してみてくださいね。

商品情報

⑦さんまのぽーぽー焼風蒲鉾(福島県)

次に紹介するのは、福島県のいわきのかまぼこ 貴千の「さんまのぽーぽー焼風蒲鉾」です。いわき市で大人気の手土産となっています。手軽にいわきの郷土料理が食べられると話題です。
獲ったさんまの身をたたきにしたものを、ネギ・ニラ・にんにく・味噌・生姜などを混ぜ込んでいて、焼いているそう。シンプルながら、絶品だそう。プリッとした食感がたまりません。

商品情報

お酒のつまみに!

いかがでしたか?北海道・東北のお酒のお供、ぜひ参考にしてみてくださいね。飲み過ぎには注意ですよ◎(※掲載されている情報は2018年12月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 手土産はその人のセンスが表れるモノの一つ。渡す相手やシチュエーションに合わせて…

  • コミュニケーションはSNS上で。お買い物もネット上で。人と人とが向き合って思い…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する