• はてぶ
  • あとで
平成最後の年越しは海外で。世界の年末カウントダウンスポット7選

あっという間に2018年も12月に差し掛かり年の瀬の時期です。12月の大イベントといえば年越しカウントダウンですよね。お家でゆっくり年越しするのも素敵ですが、今回は日本とはひと味違った世界各国の年越しカウントダウンを紹介します。(※なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1.ドバイ / アラブ首長国連邦

まず初めに紹介するのは、アラブ首長国連邦のドバイでのカウントダウンです。ドバイと言えば大富豪が住むエリアとして知られ、カウントダウンイベントも迫力満点。毎年多くの人が訪れます。50万発もの花火が打ち上げられたこともあるのだそう。
ドバイのランドマークと言えば、世界一高い高層ビルとして知られる「ブルジュ・ハリファ」です。その高さは約830メートルにも及び、2010年の完成から未だに世界一の高さを誇っています。カウントダウンの際にはこのブルジュ・ハリファからも花火が打ちあがり、新たな1年の幕開けにぴったりな場所です。

詳細情報

アラブ首長国連邦 ドバイ, الإمارات العربية المتحدة

3.47 81563

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

2.ロンドン / イギリス

続いて紹介するのはロンドンでのカウントダウンです。ロンドンには歴史的建造物が多く、それらをバックに上がる年越しの花火は訪れる人々の心を魅了しています。毎年、ロンドンのカウントダウンには約25万人程が訪れるといわれています。
ロンドンのシンボルであるビッグベンと激しく上がる花火を眺めながら迎える1年の幕開けはゴージャスですよね。年越し花火はLondon New Year’s Eve Fireworksと呼ばれ、有料観覧エリアが存在します。花火をベストポジションから観覧したい方は、事前にチケットをゲットしておきましょう!

詳細情報

3.77 25509

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

3.パリ / フランス

続いて紹介するのはフランスのパリでのカウントダウンです。パリと言えばフランスが誇る世界屈指の観光都市ですよね。新たな一年の幕開けをパリで過ごそうと、年越しには毎年多くの人が訪れます。凱旋門はライトアップされ、花火が打ちあがります。
毎年大晦日の日にはパリのシャンゼリゼ通りは歩行者天国になり、で多くの人がシャンゼリゼ通りであらたな年を迎えます。大晦日の夕方から翌日の朝にかけて、パリ市内の公共交通機関は無料で乗り降りすることができるのも良いですよね。

詳細情報

Paris,France

3.99 62991

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

4.シドニー / オーストラリア

続いて紹介するのはオーストラリアのシドニーでのカウントダウンです。オーストラリア最大の都市であるシドニーには、年越しの花火を一目見ようと国内外からも観光客を集めています。シドニーの象徴でもあるオペラハウスと打ちあがる花火がとても綺麗ですよね。
シドニーにはオペラハウスと並ぶほど有名なハーバーブリッジという橋があります。この橋はシドニーの交通を支え、高さ約134メートルにも及びます。オーストラリアでは、年越しはハーバーブリッジで!と言うほど現地の人にとってもシドニーでの年越しは冬の風物詩となっています。

詳細情報

5.台北 / 台湾

続いて紹介するのは台湾の首都である台北でのカウントダウンです。台北のランドマークともいわれるのがこちらの台北101と呼ばれる超高層ビルはカウントダウンの際には、数千もの花火がビルから打ちあがります。台北101は地上101階まであり、台北101の名前の由来にもなっているそうです。
台北101は観光施設としても知られ、台湾料理を楽しめるレストランや土産店、ブランドショップまで揃っています。お昼はゆっくりお買い物を楽しみ、夜は年越しに備えるというプランもおすすめです。

詳細情報

6.シンガポール/シティエリア

続いて紹介するのはシンガポールでのカウントダウンです。日本人にも人気の観光地として有名なシンガポールは東京都と同じくらいの面積の小国。ですが、年越しの際には街並みの美しさと大迫力の花火で訪れる人々を魅了しています。
シンガポールは一年を通して温暖な気候で、12月でも30℃を超える日もあり夏の格好で一日を過ごすことができます。12月なので、避暑地ではなく避寒地としてシンガポールを訪れて、新年を迎えてみるのも良いかもしれません。

詳細情報

7.ニューヨーク / アメリカ

続いて紹介するのはニューヨークでの年越しカウントダウンです。その迫力は世界で最もアツいカウントダウンとも言われるほど。中心地であるタイムズスクエアに世界中から人が集まり新たな年を迎えます。
ハッピーニューイヤーと同時に人々が歓喜し、紙吹雪や花火が舞い上がります。年明けの日はニューヨーク市内の地下鉄が24時間稼働しているのでカウントダウン後も安心してホテルまで帰ることができます。ニューヨークの冬はとても寒いのでしっかり防寒対策をして訪れましょう。

詳細情報

New York,USA

3.61 91817

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

いかがでしたか?

※画像はイメージです

※画像はイメージです

いかがでしたか?今回は世界各国のカウントダウンをご紹介しました。どれも華やかで人生で一度は憧れの海外で年越しなんてしてみたいですよね。ぜひ海外での年越しも考えてみてはいかがでしょうか。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する