• はてぶ
  • あとで
2020年の8連休はなにする?8日で行ける“憧れ”世界の旅行先7選

2020年のゴールデンウィークは最大で8連休になります。この長期の休みを使って旅行にいってみてはいかがですか?韓国や台湾などの近場は週末で行けちゃうものなので、遠出をしてみましょう。かなり混み合う時期となるのでお予約はお早めに、今からプランを立てましょう。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① リスボン / ポルトガル

まずはじめに紹介するのは、「リスボン」です。リスボンはポルトガルの首都であり、ここ2,3年で観光地としての認知度と人気度が一気にのびたスポット。ヨーロッパでの新定番観光スポットになりつつあるリスボンに、ゴールデンウィーク中に訪れてみては?
路面電車が走るカラフルな街並は、リスボンの有名な光景。お城や教会なども多く、「ジェロニモス修道院」という有名な修道院では、豪華な建築や内装を見学することができます。音楽や食べ物の文化も豊かで、8日できっとリスボンに恋すること間違いなし。

詳細情報

1400-038, Lisboa, Praça do Império, Portugal

3.69 16302

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

② ハワイ / アメリカ

日本人憧れの旅行先といえば、やっぱりハワイ。直行便もあって、日本語の対応ができるところも多いハワイは、安心して旅行ができるから人気です。同じリゾート地でもグアムやサイパンは実際2,3泊あれば充分なので、せっかく8日あるならハワイに行きましょう。
1週間以上もあれば定番のワイキキにとどまるだけではなく、レンタカーを借りてノースショアの方にドライブをする時間や「ドール プランテーション」で、採りたてのパイナップルでおいしいグルメを食べる時間もあるはず!
ハワイでオススメのホテルはここ「アウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾート」。ワイキキビーチに面しているビーチフロントのホテルはどれも高級で一度は泊まりたいけど、ちょっと高いですよね。このホテルはビーチの端のほうにあるためビーチフロントの中でもお得なんです。端にあるからこそ静かで落ち着くところがいいんです。

詳細情報

3.10 232

③ クアラルンプール / マレーシア

日本にほど近い東南アジアは、わりと行きやすい旅行先として日本でも人気です。8日間もあるなら、一つの国だと長くいても飽きてしまうので、複数をまわることをおすすめします。一番簡単なのは、マレーシアの「クアラルンプール」から「シンガポール」のルート。マレーシアの先っぽにあるシンガポールは、簡単にアクセスが可能なんです。
クアラルンプールでの名所といえば「ペトロナス ツイン タワー」です。高くそびえ立つ二つのタワーは圧巻の光景です。クアラルンプールからシンガポールへは、飛行機で行くことも出来ますが、バスで移動する人が多いです。豪華な高速バスを利用しても物価が安いので数千円で済みますよ。
シンガポールで一度は泊まってみたい憧れのホテルといえば、「マリーナベイ サンズ」ですよね。インパクト大の見た目はもちろん、ホテルの屋上にあるあの有名な天空プールは体験してみたいですよね。一泊だけでも豪華にここに泊まってみませんか。

詳細情報

④ バリ島 / インドネシア

次におすすめする旅行先は、インドネシアの「バリ島」です。8日間あるけどせっかくの休みはのんびり過ごしたいという人は、日本から直行便が通っていて行きやすいバリ島はいかがでしょうか?人気度の高いリゾート地で、暖かい気候と美しいビーチを楽しめます。いつか泊まってみたかったリゾートホテルに泊まるチャンス!
バリ島はリゾート地として有名ですが、自然が豊富で棚田の世界遺産があったり、伝統舞踊
を見学することもできます。パワースポットとして有名なのが、「タナロット寺院」。海の目の前にあり、潮の引き方によっては海の中に浮かんでるように見えることも。この美しい光景に感動すること間違いなし。

詳細情報

⑤ パリ / フランス

次に紹介する旅行先は、フランスの首都「パリ」です。歴史と美術などが詰まったパリは、ヨーロッパの中でもロマンチックな旅行先として憧れがありますよね。ずっと行きたかったパリに、2020年のゴールドウィークを利用して行ってみては?エッフェル塔やルーヴル美術館、セーヌ川など見どころは尽きません。
パリに行くからにはフレンチ料理も充分に堪能しなくては!パリは物価が高いイメージがありますが、「Bouillon CHARTIER (ブイヨン シャルティエ)」は有名な大衆食堂であり、お手頃な値段で本格的なフレンチがいただけます。広い店内は活気が良く、まるで映画の中にいるかのような世界観が広がっています。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する