• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
頬張る姿も素敵です。東京都内の“食欲旺盛彼女”も大満足する絶品丼ぶり10選

もう付き合ってからも長い彼女。そんな彼女はだんだんと自分に対して冷たくなってきてたり。しかしそんな彼女でも付き合ってから変わらないこともあります。それが「食欲」。なんでも美味しそうに頬張る彼女。そんな食欲旺盛彼女と巡る東京都内の絶品丼ぶりをご紹介。あなたはそんな彼女を満足させてあげることができるだろうか。(※掲載されている情報は2018年12月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

このまとめ記事の目次

①肉友(にくとも)/日本橋

最初に紹介するのは神田駅、三越前駅、新日本橋駅からそれぞれ徒歩5分ほどのところにある「肉友(にくとも)」。この肉厚のローストビーフ丼は、見るからに食欲旺盛な彼女がヨダレを垂らして「食べたい!」と叫んでいることが想像できます。
そんなローストビーフ丼はランチ限定です。肉厚ながら柔らかいローストビーフ。そんなお肉に贅沢に卵黄を絡めていただきます。途中から小皿のわさびやマスタードがあるので付けて食べるのも味が変わっておすすめです。笑顔でお肉を頬張る彼女を優しく見守ってあげましょう。それだけ絶品の丼ぶりなのです。
  • 東京都中央区日本橋本石町3-2-5マレ本石ビル2階
  • 0352038040

②GINZA KOSO/新橋

続いて紹介するのはJR新橋駅から徒歩5分ほどのところのある「GINZA KOSO」です。彼女にとっては夢のような絶品丼ぶりがいただけるこちらの名店。最上級黒毛和牛のお刺身を砕き、温かいごはんの上にこれでもかと敷き詰めた「牛トロ重」。人気ランチメニューであり、3500円と少々お値段は張りますが、もう彼女は笑顔と食欲は止まりません。
お肉は少々フリーズされていることによって、最初と最後で食感や味わいに変化が生まれます。贅沢なお肉を贅沢に使用した絶対に食欲旺盛彼女を喜ばせられる牛トロ重。途中からは卵黄を絡めたり、自家製にんにく醤油などをかけていただくのがおすすめです。彼女の弾ける笑顔が止まらない一品です。
ikyuRestaurantで見る 他の提供元を表示2件
  • 東京都中央区銀座8-8-8銀座888ビル8階
  • 0362520088

③赤坂 津つ井 総本店/赤坂

続いて紹介するのは赤坂駅から徒歩6分ほどのところにある1950年創業の「赤坂 津つ井 総本店」です。駅から少し離れ路地にある隠れ家的洋食店。見るからに彼女にとってどストライクの「ビフテキ丼」です。黒毛和牛サーロインと甘めの継ぎ足しのタレが最高にマッチします。
甘めのタレにくぐったお肉を炭火でじっくりと焼き上げ、余分な脂を落としているため見た目ほどお肉の油のしつこさはありません。お肉の上に乗った溶け出したバターが最高の脇役を発揮します。美味しさがつまったこの丼ぶりに、美味しすぎるあまり彼女は無言で頬張り続けることでしょう。
  • 東京都港区赤坂2-22-24 泉赤坂ビルB1・1階
  • 0335841851

④絹/吉祥寺

続いて紹介するのは京王線吉祥寺駅から徒歩3分、JR線吉祥寺駅のアトレ東口から徒歩ですぐのところにある「絹」です。ランチメニューで人気の「黒毛和牛 肉ドレス海鮮丼」。肉好き、海鮮好きの彼女にとっては夢のタッグを組んだ丼ぶりです。
下のご飯が見えないほど乗っけられたお肉はA4ランクの黒毛和牛。その上には雲丹にいくらが乗っけられていて、お肉をめくるとトロたくと半熟卵の登場です。ここで彼女のテンションはマックスに。美味しさはもちろんワクワクもさせてくれる絶品丼ぶりです!
  • 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-24吉祥寺本町1-24-6福助ビル2階
  • 0422271942

⑤J’s curry (ジェイズカレー)/北千住

続いて紹介するのは北千住駅から歩くこと5分ほどのところにある「J’s curry (ジェイズカレー)」です。紹介する絶品丼ぶりはカレー上に白いソースがたっぷりとかかった「ジェイズ丼」です。「ん?これはカレー?丼ぶり?」と彼女が言ってもご心配なく。これは丼ぶりなのです。
さぁ、ベールを脱がすとまさに宝石箱。彼女のテンションもハイになることでしょう。中からは自家製ローストビーフとや半熟卵などが登場します。また白色のソースの正体は「じゃがいもソース」です。創作丼ぶりのようで、王道さも兼ね備えた絶品丼ぶりに彼女も大満足ですよ。
tabelogで見る
  • 東京都足立区千住3-60-16
  • 03-6806-2641

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

fuyuno_asa冬の早朝が好きなタイプです。

このまとめ記事に関して報告する