• はてぶ
  • あとで
最新スポットから老舗の名店まで。「2回目の銀座」で行きたい7つの注目スポット

高級な街としてのイメージが強い銀座。実は様々な顔を持つ街なんです。古くから銀座を守り続けてきた老舗店に加えて、最近は続々と銀座に新しい施設が誕生しています。今回はそんな銀座の最新スポットから老舗店まで「2回目の銀座」で行きたいスポット7選を紹介します。何度行っても楽しめる街 銀座の魅力をお届けしちゃいます。(※掲載されている情報は2018年12月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① Ginza Sony Park (銀座ソニーパーク)

最初に紹介するのは、2018年8月にオープンした銀座の最新スポット「Ginza Sony Park (銀座ソニーパーク)」です。“銀座の庭” として誰もがのんびり楽しめる公園のような公共スペースを作ろうというプロジェクトから生まれたスポットなんです。
そんな Ginza Sony Park で注目を集めているお店が「MIMOSA GINZA (ミモザ ギンザ)」です。実力派人気上海料理店が手がける飲茶スタンドで、本場でも愛される香港ミルクティーやエッグタルトを味わうことができます。Ginza Sony Park は2020年秋までの限定オープンなので是非1度は訪れてみてくださいね。

詳細情報

東京都中央区銀座5-3-1 B1階

3.01 29

② GINZA SIX (銀座シックス)

2つ目に紹介するのは、「GINZA SIX (銀座シックス)」です。こちらも2017年4月にオープンしたばかりのホットスポットです。世界中のラグジュアリーブランドや注目のグルメが集結しています。アートに溢れた空間に魅了されてしまいます。
GINZA SIX で特におすすめしたいのが、「JOE'S CAFE (ジョーズ カフェ)」です。イギリス発のファッションブランド“JOSEPH (ジョゼフ)”に併設されたカフェで、可愛らしいフルーツサンドが話題なんです。その他にもレストランやカフェ、デパ地下グルメも豊富なのでチェックしてみてくださいね。

詳細情報

③ GINZA PLACE (銀座プレイス)

3つ目に紹介するのは、「GINZA PLACE (銀座プレイス)」です。2016年9月にオープンしました。もともと日産のショールームだった場所にできた施設で、現在も1・2階のフロアは「NISSAN CROSSING (ニッサン クロッシング)」というショールームになっています。車好きもそうじゃない人もワクワクしちゃう空間になっています。
そんな「GINZA PLACE」でおすすめなのが、「CROSSING CAFE (クロッシング カフェ)」です。日産の持っている最先端技術を使った“MACCHI-ART”がすごいんです。車のデザインや、自分の顔などオリジナルデザインのラテアートを楽しむことができちゃいます。是非試してみてくださいね。

詳細情報

東京都中央区銀座5-8-1

3.37 213

東京都中央区銀座5-8-1

3.02 22

④ 東急プラザ銀座

4つ目に紹介するのは、2016年3月にオープンした「東急プラザ銀座」です。数寄屋橋交差点にそびえ立ち、ひときわ存在感を放つ複合施設となっています。“光の器” をコンセプトにしていて、江戸切子をモチーフにした壁がキラキラと輝き、外から見ているだけでもとても綺麗なんです。
屋上階には、誰でも自由に利用できるラグジュアリー空間「KIRIKO TERRACE (キリコ テラス)」があります。緑と水をコンセプトにした2つのゾーンに分かれています。銀座の街を一望できるリフレッシュ空間になっているのでおすすめです。

詳細情報

⑤ 和光 本館

5つ目に紹介するのは、「和光 本館」です。歴史を感じる石造りの建物とてっぺんにある時計台は今でも銀座のシンボル的存在です。戦後直後からずっと変わらず銀座の街を見守ってきた和光。銀座に行ったら絶対に外せないスポットです。
夜にはライトアップされ、気品溢れる姿に。ロマンチックなデートの締めくくりにもぴったりです。土・日曜日・祝祭日のお昼から夕方にかけて和光の前の通りは歩行者天国が実施されています。記念撮影もしやすいのでおすすめです。

詳細情報

東京都中央区銀座4-5-11

3.35 216

⑥ 銀座 伊東屋 本店 (G. Itoya / K. Itoya)

6つ目に紹介するのは、「銀座 伊東屋 本店」です。本館である「G. Itoya」と別館である「K. Itoya」に分かれています。本館から別館は1ブロックしか離れていないので、是非どちらにも足を運んでみてください。それぞれの建物、それぞれのフロアで全く違った空間が広がっています。
G. Itoya の最上階である12階には、「CAFE STYLO (カフェ スティロ)」があります。実はG. Itoyaの11階にはFARMという野菜工場があり、そこで育てた野菜を使った料理を楽しめるのがこのレストランなんです。文房具屋に野菜工場やレストランがあるなんてユニークですよね。

詳細情報

東京都中央区銀座2-7-15 12階

3.00 14

⑦ 歌舞伎座

最後に紹介するのは、「歌舞伎座」です。2013年4月にリニューアルされた新・歌舞伎座。古き良き伝統を残しつつ、最先端技術も取り入れた施設になっています。日本が誇る伝統芸能を堪能してみてはいかがでしょうか?
歌舞伎は高いイメージを持っている人も多いかもしれません。そんな人におすすめなのが、一幕見席です。一幕見席は複数の演目の中から好きな演目1つを鑑賞できるというものです。なんと一幕見席であれば、¥1000~2000前後で鑑賞できるんです。是非日本の宝を堪能してみてください。

詳細情報

東京都中央区銀座4-12-15

3.89 37312

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

何度行っても飽きない街、銀座

いかがでしたか?銀座には老舗のお店もたくさんありますが、どんどん新しいスポットが誕生しています。歴史を感じる1日でもよし、最先端を感じる1日でもよし。色んな銀座の顔を楽しんでみてくださいね。(※掲載されている情報は2018年12月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 『銀座』という街に対してどんなイメージをお持ちですか?高級なお店が軒を連ね、ち…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する