• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
これさえ押さえておけば完璧。冬のヨーロッパ旅行で知っておきたい8つのこと

寒い冬の時期にヨーロッパ旅行を考え中のあなた、意外と誰も教えてくれなかった冬のヨーロッパ情報をお届けします。日本と文化も言葉も違うヨーロッパには、行く前に知っておきたいことがいくつかあるんです。今回は、ヨーロッパ留学経験者が教える冬のヨーロッパ旅行で知っておきたい8つのことを紹介していきます。(なお情報は記事公開時点のものです。詳細は事前に公式サイトでご確認ください。)

このまとめ記事の目次

① クリスマス当日はお店が開いていない

1つ目は、クリスマス当日はお店が開いていないこと。すべてのお店が閉まるわけではないのですが、家族経営のお店やレストランのほとんどは閉まっています。日本だとクリスマスは恋人や友達と過ごす日なのですが、キリスト教徒の多いヨーロッパは家族で過ごす1日なんです。

② カイロは売っていない

2つ目は、カイロが売っていないこと。寒い日をやり過ごすために必要なカイロはヨーロッパにはないんです。旅行に行く際に忘れがちなので、旅行の準備を始めたらすぐにカイロをスーツケースに入れましょう!

③ 足元が冷える

3つ目は、足元が冷えること。ヨーロッパは日本と違って室内でも靴文化なんです。なので、室内の足もとの冷え方は日本よりも寒いと思っておきましょう。分厚い靴下や暖かいスリッパを用意していくなど、工夫があると足元の冷えは解消されます。

④ ヨーロッパの人は傘をささない

4つ目は、ヨーロッパの人は傘をささないこと。夏ならともかく、寒い冬でも傘をささない人が多いんです。傘をさしてはいけないというのではなく、傘を広げない人が多くいるので驚かないで大丈夫ということです。

⑤ 雪が降ると動けなくなるかもしれない

5つ目は、雪が降ると動けなくなるかもしれないということ。雪が降ると、積もっていなくても公共交通機関が泊まってしまうことがあるんです。日本だと動かそうと努力しますが、ヨーロッパでは雪が降ったら休むという感覚があるので、文化の違いを理解して、タクシーを使うなど工夫をしましょう。

⑥ 冬は観光のオフシーズン

6つ目は、冬は観光のオフシーズンということ。オフシーズンだから人が少ないという利点はありますが、観光施設によっては営業時間が短くなっていることもあるので、事前に営業時間や休みの日をチェックしておきましょう!

⑦ 冬ならではの景色を楽しめる

7つ目は、冬ならではの景色を楽しめること。冬は寒い、雨が降りやすいといったマイナスイメージがありますが、北欧ではオーロラや雪が積もったヨーロッパの街並みを見ることができるんです。日本では見られない絶景に出会えるんです。

⑧ 日本より暖かい冬を過ごせる

8つ目は、日本よりも暖かい冬を過ごせること。ヨーロッパは寒いというイメージがありますが、実はスペインやポルトガル、イタリアの南部は日本よりも暖かいんです。寒い日本を飛び出して、暖かいヨーロッパで冬を過ごすのもありですね。

おすすめの冬の旅行先をご紹介!

ザルツブルク / オーストリア

1つ目におすすめする冬のヨーロッパの旅行先は、オーストリアのザルツブルク。ここの魅力は何と言っても、この雪景色。雪が降るので寒いのは確かですが、それ以上にこの景色を見ることに価値があります。
街中のホーエンザルツブルク城塞から見る街並みや、川にかかっているマカルト橋から見る街全体は絶景です。かわいらしいヨーロッパの街並みに雪がかかった姿をみたいあなたには、ザルツブルクがおすすめです。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

_girassol_旅にでたい…

このまとめ記事に関して報告する