• はてぶ
  • あとで
街中がカラフルで溢れてる!次の女子旅にタイ・チェンマイがおすすめな8つの理由

今度の女子旅はどこへ行こうかな、と思っているなら断然おすすめしたいのはタイ北部にあるチェンマイ。タイと言えば大都市バンコクやアジア屈指のリゾート地プーケットが有名ですが、タイの古都チェンマイは「北方のバラ」と言われるほど美しい街で見どころも満載。遺跡はもちろん、カフェやカラフルな雑貨店が多いのも魅力。日本からの直行便こそないもののバンコク経由で気軽に行けるチェンマイ。今回はタイ旅行大好き筆者がチェンマイをおすすめする8つの理由をご紹介します。(※掲載されている情報は2018年12月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①街中に遺跡が溢れているから

ランナー王朝の首都として繁栄してきたチェンマイには今でも多くの遺跡や歴史的建築物が残っています。そのため高層ビルが溢れるバンコクと比べてどこかレトロなのんびりとした雰囲気が印象的。特に1.5Km四方の城壁に囲まれた旧市街と呼ばれるエリアには歴史ある寺院が集まっていて、徒歩やレンタサイクルで寺院を巡ることができます。

ワット・プラシン/旧市街

ワット・プラシンはチェンマイにある寺院の中でもっとも大きく格式の高い寺院。黄金の仏塔や象も注目ですが、「ウィハーン・ラーイカム」と言う礼拝堂にはお寺の名前の由来にもなった黄金のプラシン像が祀られているのを見ることができます。お堂の内部も煌びやかでとても美しいので必見です。

詳細情報

Samlan Rd, Tambon Prasing, Amphur Muang Chiang Mai 50200

3.09 462

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

ワット・チェディルアン/旧市街

元々は高さ80mもあったとされるワット・チェディルアン。郊外や山奥にありそうな巨大遺跡ですが、実はこちらはチェンマイ旧市街のど真ん中にあるんです。チェンマイで最も大きな仏塔で、1391年に当時の王が父親を偲んで建てたそうです。街の中でこんな遺跡が見られるなんて、チェンマイならでは。旧市街観光ではぜひ立ち寄っていくべき場所です。

詳細情報

103 Phra Pok Klao Road, Chiang Mai 50200, Thailand

3.09 267

ワット・プラタート・ドイ・ステープ/ステープ山山頂

おすすめの場所はチェンマイ郊外にも。中心部からソンテウと言う乗合いタクシーで1時間ほどの標高1,080mの場所にあるドイ・ステープ寺院もチェンマイ観光では外せない人気スポットです。人気の理由は山中とは思えないほどの黄金の世界が広がっているから。もちろん神聖な場所なので敷地内は土足厳禁です。
またワット・ドイステープと言えば、標高1,080mからの絶景も見逃せません。チェンマイの街並みが一望できる展望エリアが設けられていて、チェンマイ市内はもちろんチェンマイ国際空港など名所を見渡すことができるんです。ずっと見ていたくなるほどの絶景ですよ。ワット・ドイステープは標高の高い場所にありますが、お土産店や飲食店も充実しているので、せっかく行ったらゆっくり過ごしていきましょう。

詳細情報

②おしゃれカフェの宝庫だから

チェンマイと言えば知る人ぞ知るおしゃれカフェの宝庫なんです。街を歩けばいたる所にカフェがあるので気温の高いチェンマイでも休憩する場所には事欠きません。でもせっかくチェンマイまで来たなら他にはない、おしゃれなカフェに入りたいですよね。今回はおすすめの2か所をご紹介します。

THE HOUSE BY GINGER/旧市街

チェンマイ好きな人なら知らない人はいない「GINGER(ジンジャー)」。チェンマイへ行く度に立ち寄るという人も多い人気店です。旧市街の北東にあり定番観光スポットのターペー門までも徒歩で行くことができるので観光の合間にも立ち寄りやすいんですよ。
人気の秘密はとにかくカラフルでおしゃれで洗練された空間が広がっているから!「THE HOUSE BY GINGER」の敷地内には3つのカフェ・レストランと1つのショップがあるので用途に合わせて選べます。それぞれにコンセプトがあり雰囲気も異なるので旅行中にすべて周ってしまうのもアリ!しかも見た目にも美しい本格的なタイ料理が味わえます。
もちろんショップにも立ち寄っていくのを忘れないで下さいね。広い店内にはまるで宝石箱のようにカラフルで女子の心をくすぐるような商品が所せましと並んでいるんです。インテリア雑貨やアパレル、雑貨など目移りしてしまいます。独特な色使いのチェンマイ雑貨は自分用にはもちろん、お土産にもピッタリですよ。

詳細情報

199 Moonmuang Rd., T.Sriphum, A.Muang Chiang Mai (50200)

3.00 234

Raming Tea House Siam Celadon/ワロロット市場周辺

リバーサイドエリアで人気の観光スポット「ワロロット市場」や「モン族市場」に程近い場所にあるのは「Raming Tea House Siam Celadon(ラミン・ティーハウス)」。こちらはタイ北部の伝統的な「セラドン焼き」の器で提供されることで人気のカフェ。もちろんお茶にもこだわっていてすべて自社農園で栽培された茶葉を使用しているそう。食事やスイーツなどメニューも充実しているのでゆっくり過ごしていきたいお店です。
コロニアル調の建物が目印のラミン・ティーハウスではセラドン焼きの器をカフェ手前にあるショップで購入していくこともできますよ。翡翠のような美しい色が特徴的なセラドン焼き。厚みもあって丈夫なのでお土産にもおすすめです。

詳細情報

Thapae Rd, Tambon Chang Moi, ช้างม่อย Chang Wat Chiang Mai 50300 タイ

3.00 230

スターバックス Kad Farang Village店/ハンドンエリア

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する