• はてぶ
  • あとで
2018年はどこに行った?国内旅行先の年間人気上昇エリアランキングTOP10

2018年もそろそろ終わりを迎えますね。みなさんはどんな旅行先に行かれましたか?今年も素敵な旅行の思い出を作ることができたのであれば、幸いです。今回は「楽天トラベル」の「【2018年】国内旅行先 年間人気上昇エリアランキング」を参考に、2018年の国内旅行先の年間人気上昇エリアランキングTOP10をご紹介します。(※掲載されている情報は2018年12月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【第10位】山梨県

国内旅行先の年間人気上昇エリアランキング第10位は「山梨県」です。富士山を望み、春には桜、夏には花火、秋には紅葉を楽しむことのできる河口湖など自然を満喫できるスポットが多数存在し、東京都心からもアクセスのしやすい旅行先になっています。
おすすめは河口湖のほとりにある「富士大石 ハナテラス」と「ほったらかし温泉」で、「富士大石 ハナテラス」では、異国情緒な雰囲気の中、癒しをもらうことができます。ほったらかし温泉は眼前に富士山を望み、絶景の中温泉を楽しむことができ、ここでしかできない特別な入浴体験をすることができるのが魅力です。自然に溢れる山梨に2019年行ってみてはいかがでしょうか?

【第9位】鳥取県

国内旅行先の年間人気上昇エリアランキング第9位は「鳥取県」です。日本最大級の「鳥取砂丘」を誇り、水木しげるロードや大山などの観光スポットを有するエリアになっています。
そんな鳥取県では、「鳥取砂丘 砂の美術館」で他では見ることのできない砂像の展示を楽しむことができます。また、「三朝温泉」では、情緒豊かな温泉街で温泉を楽しむことができます。様々な魅力を持つ鳥取県に是非足を運んでみてください。

【第8位】大分県

国内旅行先の年間人気上昇エリアランキング第8位は「大分県」です。湯布院や別府などの温泉街が有名なエリアで、ふぐやとり天などグルメも堪能することができる九州の人気観光エリアです。
そんな大分県の見所は「金鱗湖」の朝霧や、「別府」の地獄めぐり、「九重夢大吊橋」などバラエティ豊か。様々な楽しみ方をすることができるので、飽きることなく旅行を楽しむことができます。

大分県別府市大字鉄輪559-1 べっぷ地獄めぐり

3.59 39559

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

大分県玖珠郡九重町大字田野1208

3.85 43269

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【第7位】宮崎県

国内旅行先の年間人気上昇エリアランキング第7位は「宮崎県」です。「高千穂峡」や「天安河原(あまのやすがわら)」などの自然を満喫できる神秘的なスポットが多く存在するエリアで、パワーがもらえることでも人気のエリアになっています。
そんな宮崎県の魅力は何と言っても神秘的な光景が広がる「高千穂峡」や「天安河原」です。どこからか力がみなぎる観光スポットは宮崎県に行った際には必見です。また、「鵜戸神宮」では願いを込めながら玉を投げて亀石と呼ばれる岩の枡形に入れば願いが叶うという「運玉投げ」ができるので、是非宮崎県に行った際にはしてみてください。

宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸

3.64 24249

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

宮崎県西臼杵郡高千穂町大字向山 高千穂峡

4.20 931395

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【第6位】滋賀県

国内旅行先の年間人気上昇エリアランキング第6位は滋賀県です。「琵琶湖テラス」や「竹生島」など琵琶湖を堪能することができるスポットが人気なんだとか。他にも、自然を楽しむことのできるスポットが多数存在しています。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する