• はてぶ
  • あとで
1年の始まりは何をする?1月の「TO DOリスト」はこれで決まり

新たな年の始まり1月。もう何をしようか決まっていますか?2019年があっという間にすぎてしまったなぁという人も、充実していたという人も、2020年の始まりが素敵な幕開けになるように準備をしておきませんか。定番のイベントから、これからを考えるものまで1月のTo Doを10つご紹介していきます。(なお、情報は記事公開時点のものです。詳細は公式サイトなどから事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①初詣にいく

新年、まずやっておきたいことで思い浮かぶのは「初詣にいく」ことではないでしょうか。そもそも、「初詣」とは一昨年の感謝と新たな年の無事を祈願するために江戸時代から始まったもの。つい、お願いばかりしてしまいがちですが、今日まで過ごしてきたことへの感謝も忘れずに。
初詣をするなら行きたいのが、東京都内で人気のスポットのひとつ「浅草寺」。元日とともに打たれる弁天山の鐘楼の「除夜の鐘」を合図に初詣が始まります。夜に行かれる方は、防寒対策はしっかりとして行きましょう。寒い中混んでいる感じがまたお正月らしいですよね。新しい年を迎えたタイミングでおみくじを引くのも、楽しいですよね。

詳細情報

②新年の挨拶をする

新しい年は気持ちよく始めたいもの。そのために家族や親戚、職場や友人などへの「新年の挨拶」へ行かれる方も多いのではないでしょか?家でゆっくりしていたい...という方もいらっしゃるかと思いますが、挨拶に回れば「また今年も頑張ろう」という気分になれそうですよ。
「挨拶と一緒に何か手土産を」と考えているなら、個包装のものや日もちがするものがおすすめです。江戸和菓子屋の「銀座 菊廼舎(きくのや)」では、見た目も美しい和菓子を購入することができますよ。公式サイトからは予算別で商品を探すこともできます。ぜひ素敵な手土産を選んで挨拶に行って、さわやかな1年の始まりにしましょう。

詳細情報

③初売りにいく

「初売りにいく」ことも新年の定番。毎年ニュースでも初売りの様子が流れますよね。福袋やセールなどで欲しかったアイテムがお得に手に入ると嬉しい初売りですが、いつ開催されるのかリサーチは済んでいますか?詳細は12月中旬頃に発表されるところが多いので、ぜひ事前にチェックしてみてくださいね。
初売りもお正月らしいイベントで気分が上がりますよね。友達と一緒にお買い物にいけば、福袋の中身を交換したり、いろんなお店をはしごしたりするのも楽しいですよね。福袋のお知らせも続々と出ているので、ぜひお目当てのものをゲットしてくださいね!だらだらしたくなる三が日ですが、街に繰り出してお買い物を楽しんでください。

詳細情報

東京都中央区銀座4-6-16

3.63 14268

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

プレスバターサンドの新感覚バター和洋菓子店

あの、プレスバターサンドが和洋融合の新感覚バター菓子店を展開してるの知ってました?! その名も”八 by PRESS BUTTERN” 東京大丸、名古屋三越、大丸京都と店舗はありますが 期間限定で銀座三越にPOPUPストア開催とのことで行ってきましたー♪ 秋の味覚、最高でした\(//∇//)\ 写真一枚目 右 ✔︎ばたふく〈栗甘納豆〉  ※POP UPストア限定商品 茨城県笠間市の新ブランド「愛樹マロン」の甘納豆が定番のばたふくに乗っています。 まず、大福がとっーーても柔らかの🥹 そして、栗とバタークリームの融合したクリームが入っています 真ん中 ✔︎和バターサンド〈きな粉あずき〉 一口目、きな粉ーーーー! と思うくらいクッキー生地にたっぷりときな粉が含まれています。 “サクほろ“食感が特徴のバターサンド。 中には、北海道産の大納言あずきを使った甘納豆と濃厚なバタークリームで作った上品な甘さのあずきバタークリームをはさまっています  左 ✔︎ばたふく〈シャインマスカット〉 山梨県産の「シャインマスカット」がどーんと乗っていて、子供達はすぐにこれを食べたーいと取り合いになるほどの豪華な見た目♡ 口にいれた瞬間しっかりとした甘い果汁を楽しめます 写真2枚目 ✔︎おりどら もーちもちの生地が美味しい、ワンハンドスイーツ!あずきバタークリームの中に粒々感じるなと思ったら、甘納豆入りでした! ※ばたふく以外は公式オンラインショップ「BAKE THE ONLINE」でも購入可能です 📍銀座三越POPUPストア  バター和菓子専門店「八 by PRESS BUTTER SAND」  銀座エリア初となるPOP UPストア  銀座三越本館地下2階 ギンザスイーツパークⅢ  8月24日(水)〜10月4日(火)

④スポーツ観戦をする

お正月といえば「スポーツ観戦」もやっておきたいことのひとつではないでしょうか。「1月といえば箱根駅伝!」というほどここ数年注目を集めている箱根駅伝を、楽しみにしているかたも多いのでは。家にこもって動向を見届ける、というのが毎年恒例となっている方もいるかと思います。
箱根駅伝以外にも、「全国高校サッカー」「全日本女子高校サッカー」「全国大学ラグビー」など、さまざまなスポーツ大会が開催されています。現地へ見に行くもよし、テレビの画面で応援するもよし。選手一人ひとりの頑張りに、胸が熱くなる感動の時間を過ごしましょう。

⑤鍋パーティーをする

寒い1月、友達を家に呼んで、「鍋パーティー」をするのはいかがでしょうか?今ではお鍋の素もいろいろな種類が出ているので、それを選ぶのも楽しいですよね。それぞれで材料を持ち寄ってオリジナルの鍋を作るのも楽しそうです。冬は温かいものを食べるのが一番です♡
鍋を囲んで年末年始の思い出や、今年の目標などに話してみれば、いい1年の始まりを過ごせそうです。シメはご飯にするか、麺にするか、なんて話し合うのも楽しいですよね。お家でのパーティーは費用がさえられる、というのも魅力の1つ。お酒を飲みながらワイワイ楽しみましょう。

⑥バケットリストを書いてみる

一年の初めにその年にやっておきたいことの計画を立てておくことが大切だという意味がある『一年の計は元旦にあり』ということわざがありますが、ご存知でしょうか?新しい年が来ると気持ちも切り替わり、やりたいことが頭に浮かびますよね。2020年一発目には、「バケットリスト」を書いてみませんか?
「バケットリスト」とは、死ぬまでにやってみたい事をまとめたリストのこと。ちょっと壮大だなと思うかもしれませんが、「美味しい蟹を食べる」、「〇〇へいく」、「世界一周をする」など自分の思うままに書き出してみてください。いつもとは違った自分が見えるかもしれません。

⑦冬の絶景を見に行く

1月はまだまだ寒いですが、せっかくなら冬にしか見られない絶景を見たいですよね。美しい景色を求めて一人旅を計画する、というのもよさそうです。日本各地にはこの時期限定で見られる絶景がありますが、今回は北海道の「マイルドセブンの丘」をご紹介します。冬の北海道、というのは寒いイメージでハードルが高く感じられますが、そこには絶景が待っています。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 今年こそわがままになったって良いじゃないか!あれもやりたい、これもやりたい。自…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する