• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【終了】日本一危険なお祭り?愛知県で「鳥羽の火祭り」が開催

2019年2月10日(日)に、愛知県西尾市の「鳥羽神明社」で『鳥羽の火祭り』が開催されます。日本有数の奇祭である『鳥羽の火祭り』。火祭りというだけで危険な雰囲気が出てますよね。その危険そうなお祭りは実はこういうお祭りなんですよ。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前に確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

愛知県で「鳥羽の火祭り」が開催

開催日:2019年2月10日(日)

※画像はイメージです

※画像はイメージです

2019年2月10日(日)に、愛知県西尾市の「鳥羽神明社」で『鳥羽の火祭り』が開催されます。
※画像は過去のものです。

※画像は過去のものです。

日本有数の奇祭『鳥羽の火祭り』は現在、国の重要無形民俗文化財に指定されており、正しくは『鳥羽大篝火(とばおおかがりび)』と呼ばれています。なんでも約1200年前に伝えられたと言われる歴史あるお祭りなんですよ。
※画像は過去のものです

※画像は過去のものです

神木を茅で包み、60本の竹で囲んで縄を巻いた高さ約5mの『すずみ』と呼ばれる大松明が境内に設置されます。そして、東西の地区に分かれて「福地」「乾地」の2つのチームに分かれて準備は完了です。
※画像は過去のものです

※画像は過去のものです

そして夜になると『すずみ』に火をつけ、「鳥羽の火祭り」が始まります。ものすごい勢いで燃えるすずみの中にある神木をめがけて、水をかぶった男が飛び込みます。25歳の厄男である「神男(しんおとこ)」が東西で1名ずつ選ばれるのだとか。その光景はまさに圧巻。絶対に真似はしないでくださいね。

その勇姿に息をのむ。

※画像は過去のものです

※画像は過去のものです

いかがでしたか?『鳥羽の火祭り』は男が火の中に飛び込んでいくお祭りだったんです。かなり危険でびっくりしてしまうお祭りですよね。この勇姿を見てみたいという方は、足を運んでみては。

詳細情報

■鳥羽の火祭り
開催日:2019年2月10日(日)
開催場所:鳥羽神明社
開催時間:15:00頃~20:00頃
入場料:無料
  • 愛知県西尾市鳥羽西迫89

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する